WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

by BITTIMES   

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)関連のレイヤー2「Shibarium」を基盤としたトークンを売買できる分散型取引所(DEX)である「WoofSwap」の基本情報や特徴・使い方などをわかりやすくご紹介します。

WoofSwapとは?

WoofSwapのロゴ画像

WoofSwapとは、シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)チームが開発したイーサリアムのレイヤー2ブロックチェーン「Shibarium」を基盤として構築された分散型取引所(DEX)です。

Shibariumは、高速かつ低コストな取引環境を実現したレイヤー2ネットワークであり、ネイティブトークンにはBONEを採用、オンチェーン取引で徴収された手数料の一部でSHIBをバーン(焼却処分)する仕組みも導入されています。

WoofSwapはこのShibariumを基盤とした分散型取引所であるため、ユーザーはShibariumのネットワーク上で発行されている各種トークンを売買することができます。

トークンの交換方法も非常にシンプルで、ウォレットを接続して交換したいトークン・数量を入力し、Swapボタンをクリックして、ウォレット側で署名を行うだけで各種トークンを交換することができるため、Shibarium関連のトークンを売買したい人には魅力的な取引所となっています。

また、WoofSwapでは特定のトークンペアを取引所のトークン貯蔵庫に預けることによって仮想通貨WOOFで報酬を獲得できる「Liquidity」の機能なども提供されています。

スワップ機能で仮想通貨を交換する方法

WoofSwapでは「Swap」の機能を利用することによって、Shibarium関連のトークンを交換することができます。

交換時には取引価格や受取数量なども確認可能で、画面右上にある設定ボタン(歯車マーク)をクリックすれば、スリッページ(*1)や取引期限を設定することもできます。

(*1)スリッページ:注文価格と実際の約定価格の差のこと。スリッページを高く設定すると取引が成功しやすくなるが、希望通りの価格で約定しない可能性がある。スリッページを低く設定すると希望に近い価格で取引できるが、取引が成功しにくくなる。

【トークンを交換する手順】

  1. WoofSwapにウォレットを接続する
  2. ウォレットのネットワークを「Shibarium」に
  3. WoofSwapの「Swap」にアクセス
  4. 交換したいトークンペア・交換数量を入力
  5. 取引内容を確認して「SWAP」をクリック
  6. ウォレット側でトランザクション(取引)に署名する

WoofSwapのSwapページWoofSwapのSwapページ

WoofSwapの特徴

Shibarium関連トークンを売買できるDEX

WoofSwapは、Shibarium基盤のトークンを売買できる分散型取引所の1つです。

Shibariumは比較的新しいブロックチェーンであるため、Shibarium関連のトークンを売買できる場所は限られていますが、WoofSwapを利用すればShibarium関連の様々なトークンを気軽に売買することができます。

WoofSwapでは「SHIB・BONE・WOOF・USDC・USDT・DAI・WBONE・WETH」などの主要通貨に加えて、Shibarium基盤のミームコインである「DAMN・PIKA」なども取引することが可能です。

Shibarium基盤のトークンが増加すればそれらのトークンもWoofSwapでサポートされることになると予想されるため、今後はWoofSwapの利用機会がさらに増えていくことになると予想されます。

ガス代が安いので気軽に利用できる

WoofSwapの大きな魅力の1つとしては「ガス代(手数料)が非常に安いため、気軽にサービスを利用できる」という点も挙げられます。

イーサリアム基盤の分散型取引所では、各取引ごとに数千円ほどの高額なガス代(トランザクション手数料)がかかることも多いため、気軽に取引できるとは言い難い状態になっていました。

しかし、WoofSwapはShibarium基盤の分散型取引所なので、1円未満の非常に安い手数料で各種取引を実行することができます。

流動性提供による報酬獲得

WoofSwapで提供されている「Liquidity」という機能を利用すれば、取引所に特定のトークンペアを預けて仮想通貨WOOFで報酬を獲得することもできます。

Liquidity(流動性)は、分散型取引所における仮想通貨取引を支える重要なもので、希望するユーザーから特定のトークンペアを預かって、それを取引所のトークン貯蔵庫のような所で管理・運用することによって安定した仮想通貨取引環境を提供する仕組みとなっています。

このような仕組みは「流動性提供」と呼ばれており、WoofSwapでは「Liquidity」のページから流動性提供を開始できるようになっています(※流動性提供はやや複雑であるため、事前にしっかりと理解して利用することが重要です)。

WoofSwapのLiquidityページWoofSwapのLiquidityページ

「$WOOF」と「$veWOOF」

WoofSwapは、ユーティリティとガバナンスを管理するために「$WOOF」と「$veWOOF」という2つのトークンを使用しています。

$WOOFは、WoofSwapの流動性提供者に報酬を与えるために使用されるユーティリティトークンで、WoofSwapのスワップページでも売買することができます。

$veWOOFは、NFT形式で発行されるガバナンストークンで、$veWOOF保有者はガバナンスに参加してプロトコルの改善提案に投票することができるようになっています。

WoofSwap利用時に役立つ「DEXTools」

WoofSwapでは、トークンを交換する際に価格チャートを確認することができないため、値動きを見ながら売買したい場合にはやや不便ですが、そのような場合は「DEXTools」というサービスを利用するのが便利です。

DEXToolsでは、様々な分散型取引所で提供されている「各種取引ペアの価格チャート」を確認できるため、DEXToolsで確認したい取引ペアを検索すれば、マイナーなトークンでも価格チャートを見ることができます。

WoofSwapで取引可能なトークンの例を挙げると「DAMN」や「PIKA」などのチャートも見ることができます(※ティッカーが同じトークンや偽トークンなどにはご注意ください)。

$DAMNなどのマイナーなトークンでも価格チャートを確認することが可能(画像:DEXTools)$DAMNなどのマイナーなトークンでも価格チャートを確認することが可能(画像:DEXTools

WoofSwapの関連リンクまとめ

WoofSwapの公式リンクは以下の通りです。仮想通貨業界では偽サイトや偽アカウントなどが多いので、詐欺などには十分注意するようにしましょう。

WoofSwap公式サイト
WoofSwap公式X(Twitter)
WoofSwap公式テレグラム
WoofSwap公式ドキュメント

>>SHIB関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

イーサリアムの大型アップデート「イスタンブール」実装予定日が決定

イーサリアムの大型アップデート「イスタンブール」実装予定日が決定

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Cosmos:IBC対応チェーン全てに影響する「重大な脆弱性」が発覚

Cosmos:IBC対応チェーン全てに影響する「重大な脆弱性」が発覚

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Symbol(XYM)アプリ構築の解説本『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』11月18日に発売

Symbol(XYM)アプリ構築の解説本『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』11月18日に発売

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す