Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

by BITTIMES   

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2021年4月15日に、ヨーロッパ地域で事業を展開している「楽天ヨーロッパ(Rakuten Europe)」と提携したことを発表しました。今回の提携によって、イギリス・スペイン・ドイツに居住している楽天メンバーは「Chiliz関連ファントークン」と「楽天ポイント」を交換することが可能になると報告されています。

「楽天ポイントとファントークンの交換」が可能に

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2021年4月15日に、ヨーロッパ地域で事業を展開している「楽天ヨーロッパ(Rakuten Europe)」と提携したことを発表しました。今回の提携によって、イギリススペインドイツに居住している楽天メンバーは「Chiliz関連ファントークン」と「楽天ポイント」を交換することが可能になると報告されています。

楽天(Rakuten)はヨーロッパ地域で存在感を高めてきており、「Rakuten.de、Rakuten.es、Rakuten.co.uk」を通じて、ショッピング・通信・デジタルコンテンツなどといった様々なサービスを提供、日本でも活発に利用されている「楽天ポイント」を利用した各種サービスも提供しています。

楽天ポイントは映画コンテンツ・ギフトカード・電子書籍などといった様々なサービスとの引換に使用することができましたが、今回の提携によって今後はChilizが発行を支援している以下7種類の公式ファントークンとの交換にも使用することができるようになるとされています。

  • FCバルセロナ($BAR)
  • パリ・サンジェルマン($PSG)
  • ユベントス($JUV)
  • アトレティコ・マドリード($ATM)
  • ASローマ($ASR)
  • ガラタサライ($GAL)
  • ACミラン($ACM)

また『マンチェスター・シティを含むその他のChilizパートナークラブも順次追加されていく予定』だとされており、『欧州圏内はもちろん世界規模でのパートナーシップ拡大を進めていく』とも説明されています。なお、楽天はFCバルセロナのメイングローバルパートナーでもあります。

Chilizの「公式ノードバリデータ」にも参加

Chilizは楽天との提携について『楽天とSocios.comのユーザーが双方のプラットフォームを自由に利用できるグローバルなスペースの創出を目指していく』とコメントしており、楽天がChilizブロックチェーンの運営を支える公式ノードバリデータになることも報告しています。

「楽天ヨーロッパ」のオープンeコマース部門代表取締役であるCédric Dufour氏と、Chiliz/Socios.comのCEOであるAlexandre Dreyfus氏は、今回の提携について次のようにコメントしています。

【楽天ヨーロッパ:Cédric Dufour氏】
私たちの目標は、類を見ないほど革新的であり、顧客を中心とした会員制度を作り上げることにあります。そのためには、コンシューマーの皆様に対して、高い価値、差別化されたサービス、限定機能をバランスよく提供していく必要があります。

ChilizとSocios.comとの提携によって、楽天はポイントとトークンを引き換えることのできる唯一のロイヤルティプログラムとなりました。楽天メンバーの皆様にとって素晴らしいお知らせであるとともに、楽天の多様性をより豊かなものにするための大きな一歩となったと言えるでしょう。

【Chiliz/Socios.com:Alexandre Dreyfus氏】
楽天のような世界的に著名なフィンテック/eコマース企業と提携を結ぶことができ、とても嬉しく思っています。提携を皮切りに、まずは7つのファントークンを楽天のエコシステムに追加させていただきます。

より多くのファントークンを楽天のエコシステムに追加していき、楽天とのE2Eな融合を実現し、弊社のミッションである「数十億ドル規模のデジタルスポーツエコシステムの形成」を目指してまいります。

Chilizは既にサッカー格闘技eスポーツなどといった様々なスポーツ分野で複数の公式ファントークンを発行していますが、今回の発表では『全ファントークンの合計時価総額が400億ドル(約4兆3,500億円)を突破した』ということも報告されています。

>>「Chiliz」の公式発表はこちら

2021年4月16日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格は先月13日に100円付近まで高騰した後に43円付近まで下落していたものの、その後は徐々に回復してきており、2021年4月16日時点では「1CHZ=57.01円」で取引されています。

>>CHZを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

2021年2月28日〜2021年4月16日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2021年2月28日〜2021年4月16日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

OKCoinJapan:積立サービスで「自動ステーキング機能」提供開始

OKCoinJapan:積立サービスで「自動ステーキング機能」提供開始

メタマスク:安全に機能拡張できる新プロトコル「Snaps」導入へ

メタマスク:安全に機能拡張できる新プロトコル「Snaps」導入へ

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説