JPYC株式会社:USDC発行企業「Circle」などから約5億円の資金調達

by BITTIMES   

前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン「JPYコイン(JPY Coin/JPYC)」を発行している「JPYC株式会社」は2021年11月10日に、Headline Asiaをリード投資家として「Headline Asia・Circle Ventures・i-nest capital・JPYC従業員持株会」などの国内外投資家から約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

こちらから読む:OKCoinJapan、エンジンコイン(ENJ)の板取引提供へ「国内ニュース」

Circle Venturesなどから「約5億円」の資金調達

JPYC株式会社は2021年11月10日に、Headline Asiaをリード投資家として「Headline Asia・Circle Ventures・i-nest capital・JPYC従業員持株会」などの国内外投資家から約5億円のシリーズA資金調達を実施したことを発表しました。

JPYC株式会社は日本円に価値が連動する前払式支払手段扱いのステーブルコイン「JPYコイン(JPY Coin/JPYC)」を発行している東京都千代田区の企業であり、JPYC公式サービス「JPYC Apps」を通じて、JPYCを購入したり、JPYCをVプリカギフトやQUOカードPayと交換したりできる機能なども提供しています。

今回の資金調達に参加した「Headline Asia」はアジアを中心に4つのファンドで累計300億円を運用するグローバルな独立系ベンチャーキャピタルファンドであり、「Circle Ventures」は世界中で使用されている米ドル連動のステーブルコイン「USDコイン(USDCoin/USDC)」を発行しているベンチャー・キャピタル部門です。

JPYC株式会社は今回の資金調達を通じて「JPYC発行体としての安定化、運営力・開発力の強化、第三者型前払式支払手段の取得」を目指していくと説明しています。

「Headline Asia」のパートナーである田中 章雄氏とシニアアソシエイトである林 政泰氏、「Circle」の創業者兼CEOであるJeremy Allaire氏、「i-nest capital株式会社」の代表パートナーである山中 卓氏とプリンシパルである放生會 雄地氏は、JPYC株式会社への出資について次のようにコメントしています。

【Headline Asia:田中 章雄氏、林 政泰氏】
弊社Headline Asiaはブロックチェーン技術とトークンエコノミーによって構築されるWeb3.0の時代が来ることを確信しています。一方で、日本では個人も機関投資家もまだまだ仮想通貨を使ったトークンエコノミーへの参加ができていない現状を問題視しています。

そんな現状を大きく変える可能性を秘めている日本円ステーブルコイン『JPYC(JPY Coin)』を発行しているJPYC社にリード投資家として出資できることを、大変光栄に思います。

今後Headline Asiaは、米ドルステーブルコイン『USDC』を発行しているCircle社と、国内外のスタートアップへトークン投資を行っているInfinity Ventures Crypto(IVC)と共に、JPYC社の挑戦に伴走したいと思います。

【Circle:Jeremy Allaire氏】
JPYCはCircle Venturesが求めている革新性と粘り強さを持ち合わせています。JPYCチームは新しい発想で法規制を遵守しつつ、 デジタル通貨の価値・良さを引き出していると思います。

【i-nest capital株式会社:山中 卓氏、放生會 雄地氏】
『JPYC(JPY Coin)』は、厳格な国内法令規則の中から生まれた革新的なプロダクトとして、コミュニティにも支えられながら急成長してきました。

今後、第三者型前払式支払手段の発行が認められた場合には、『JPYC(JPY Coin)』が国民生活の利便性を向上させ、我が国のデジタル社会の実現に向けて大きな役割を担っていくことが考えられます。

既に『USDC』を発行・普及させているCircle社も株主に加わり、JPYC社が日本におけるパブリックチェーンエコシステムの起点となる存在として、より一層国内外の他のプロジェクトに対して良い影響を与え合っていくことを期待しております。

>>「JPYC株式会社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

【Chiliz】FCバルセロナの公式ファントークン「BAR」の販売・取引開始日が判明

【Chiliz】FCバルセロナの公式ファントークン「BAR」の販売・取引開始日が判明

ダボス会議2021「デジタル通貨のリセット」をテーマに議論:世界経済フォーラム

ダボス会議2021「デジタル通貨のリセット」をテーマに議論:世界経済フォーラム

TOMO KOIZUMI:コインチェックのメタバース都市「Oasis」と連携

TOMO KOIZUMI:コインチェックのメタバース都市「Oasis」と連携

ビットバンク:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

ビットバンク:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

GREE:Sui開発元「Mysten Labs」と提携|日本発IP活用したWeb3ゲーム展開へ

GREE:Sui開発元「Mysten Labs」と提携|日本発IP活用したWeb3ゲーム展開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

日本円:対ビットコインで「価値ゼロ」として話題に

日本円:対ビットコインで「価値ゼロ」として話題に

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す