ポルカドット(DOT)5つのパラチェーンが本格稼働「Astar・Acala・Moonbeam」など

by BITTIMES   

ポルカドット(Polkadot/DOT)は2021年12月18日に、第1回目のパラチェーンオークションが終了して今回のオークションで勝利を手にした「Acala、Moonbeam、Astar、Parallel Finance、Clover」という5つのプロジェクトがネットワーク上でブロック生成を開始したことを発表しました。これにより、ポルカドットの本格運用が正式に開始されたことになります。

こちらから読む:XRP、価格急騰で100円まで回復「暗号資産」関連ニュース

日本発プロジェクトもパラチェーン枠を獲得

ポルカドット(Polkadot/DOT)は2021年12月18日に、第1回目のパラチェーンオークションが終了して今回のオークションで勝利を手にした「Acala、Moonbeam、Astar、Parallel Finance、Clover」という5つのプロジェクトがネットワーク上でブロック生成を開始したことを発表しました。

Polkadotはチェーン間のコンセンサスや取引を行う中心的なプラットフォームである「リレーチェーン」と、リレーチェーンに繋がる独立したブロックチェーンである「パラチェーン」によって構成されていますが、『パラチェーンオークション』はこのパラチェーン枠をどのプロジェクトが使うかを決定するためのオークションとなっています。

「Parachainスロット」と呼ばれるパラチェーン枠は100個に限定されており、パラチェーンオークションで枠を勝ち取るためには一定期間内により多くのDOTを獲得する必要がありましたが、今回の第1回オークションでは合計約9,900万DOT(約2,700億円相当)が集まり、以下5つのプロジェクトが勝利を勝ち取ったと報告されています。

  • Acala(アカラ)
  • Moonbeam(ムーンビーム)
  • Astar(アスター)
  • Parallel Finance(パラレルファイナンス)
  • Clover(クローバー)

なお、今回選ばれたプロジェクトの1つである「Astar Network(アスターネットワーク)」はStake Technologies(ステイクテクノロジーズ)が開発する日本発のパブリックブロックチェーンプロジェクトでもあります。

今回のパラチェーンオークションに勝利した5つのプロジェクトは今後96週間に渡ってパラチェーン枠を借りることになっており、2021年12月23日頃(ブロック8263710)には「第2回目のパラチェーンオークション」が開始されるとも報告されています。

第2回目のパラチェーンオークションは合計6回に分けて行われることになっており、2022年3月11日頃(ブロック9388800)には落札された6個のパラチェーンが利用可能になる予定だと説明されています。

>>「Polkadot」の公式発表はこちら

2021年12月20日|Polkadot(DOT)の価格

ポルカドット(Polkadot/DOT)の価格は先月4日に6,250円付近まで上昇したものの、その後は下落傾向が続いており、2021年12月20日時点では「1DOT=2,774.04円」で取引されています。

2021年9月21日〜2021年12月20日 DOTの価格チャート(画像:CoinGecko)2021年9月21日〜2021年12月20日 DOTの価格チャート(画像:CoinGecko)

DOTの取引が可能な暗号資産取引所ビットポイントの新規登録はこちら。

暗号資産取引所ビットポイントの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ディーカレット「Amazonギフト券・QUOカードPay」が毎日抽選で当たるキャンペーン開催

ディーカレット「Amazonギフト券・QUOカードPay」が毎日抽選で当たるキャンペーン開催

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

Adam byGMO「初のお笑い芸人NFTトレーディングカード」販売へ

Adam byGMO「初のお笑い芸人NFTトレーディングカード」販売へ

HuobiがJCBA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

HuobiがJCBA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

注目度の高い仮想通貨ニュース

米投資アプリ「Robinhood」ユニスワップ(Uniswap/UNI)取扱開始

米投資アプリ「Robinhood」ユニスワップ(Uniswap/UNI)取扱開始

Epic Games CEO:MinecraftのようなNFT禁止「絶対にしない」とコメント

Epic Games CEO:MinecraftのようなNFT禁止「絶対にしない」とコメント

ビットポイント:Klaytnの暗号資産「KLAY」取扱い開始【国内初上場】

ビットポイント:Klaytnの暗号資産「KLAY」取扱い開始【国内初上場】

Zaif:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始|複数サービスで段階的にサポート

Zaif:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始|複数サービスで段階的にサポート

MEXC Global:dHealth Networkの「ネイティブDHP」を正式サポート

MEXC Global:dHealth Networkの「ネイティブDHP」を正式サポート

暗号資産取引所の新規ライセンス申請受付「3年間停止」へ:フィリピン中央銀行

暗号資産取引所の新規ライセンス申請受付「3年間停止」へ:フィリピン中央銀行

BTCBOX「最大10万円が当たる!!新規コイン上場記念キャンペーン」開始

BTCBOX「最大10万円が当たる!!新規コイン上場記念キャンペーン」開始

Cardano基盤メタバースに「和風地区」Paviaがトレーラー映像公開

Cardano基盤メタバースに「和風地区」Paviaがトレーラー映像公開

【重要】Liquid by FTX:レバレッジ取引サービス終了へ|取引機能を段階的に停止

【重要】Liquid by FTX:レバレッジ取引サービス終了へ|取引機能を段階的に停止

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月24日〜30日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月24日〜30日

【国内初】暗号資産自動両替機「BTM」のサービス提供開始:株式会社ガイア

【国内初】暗号資産自動両替機「BTM」のサービス提供開始:株式会社ガイア

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す