ポルカドット(DOT)5つのパラチェーンが本格稼働「Astar・Acala・Moonbeam」など

by BITTIMES

ポルカドット(Polkadot/DOT)は2021年12月18日に、第1回目のパラチェーンオークションが終了して今回のオークションで勝利を手にした「Acala、Moonbeam、Astar、Parallel Finance、Clover」という5つのプロジェクトがネットワーク上でブロック生成を開始したことを発表しました。これにより、ポルカドットの本格運用が正式に開始されたことになります。

こちらから読む:XRP、価格急騰で100円まで回復「暗号資産」関連ニュース

日本発プロジェクトもパラチェーン枠を獲得

ポルカドット(Polkadot/DOT)は2021年12月18日に、第1回目のパラチェーンオークションが終了して今回のオークションで勝利を手にした「Acala、Moonbeam、Astar、Parallel Finance、Clover」という5つのプロジェクトがネットワーク上でブロック生成を開始したことを発表しました。

Polkadotはチェーン間のコンセンサスや取引を行う中心的なプラットフォームである「リレーチェーン」と、リレーチェーンに繋がる独立したブロックチェーンである「パラチェーン」によって構成されていますが、『パラチェーンオークション』はこのパラチェーン枠をどのプロジェクトが使うかを決定するためのオークションとなっています。

「Parachainスロット」と呼ばれるパラチェーン枠は100個に限定されており、パラチェーンオークションで枠を勝ち取るためには一定期間内により多くのDOTを獲得する必要がありましたが、今回の第1回オークションでは合計約9,900万DOT(約2,700億円相当)が集まり、以下5つのプロジェクトが勝利を勝ち取ったと報告されています。

  • Acala(アカラ)
  • Moonbeam(ムーンビーム)
  • Astar(アスター)
  • Parallel Finance(パラレルファイナンス)
  • Clover(クローバー)

なお、今回選ばれたプロジェクトの1つである「Astar Network(アスターネットワーク)」はStake Technologies(ステイクテクノロジーズ)が開発する日本発のパブリックブロックチェーンプロジェクトでもあります。

今回のパラチェーンオークションに勝利した5つのプロジェクトは今後96週間に渡ってパラチェーン枠を借りることになっており、2021年12月23日頃(ブロック8263710)には「第2回目のパラチェーンオークション」が開始されるとも報告されています。

第2回目のパラチェーンオークションは合計6回に分けて行われることになっており、2022年3月11日頃(ブロック9388800)には落札された6個のパラチェーンが利用可能になる予定だと説明されています。

>>「Polkadot」の公式発表はこちら

2021年12月20日|Polkadot(DOT)の価格

ポルカドット(Polkadot/DOT)の価格は先月4日に6,250円付近まで上昇したものの、その後は下落傾向が続いており、2021年12月20日時点では「1DOT=2,774.04円」で取引されています。

2021年9月21日〜2021年12月20日 DOTの価格チャート(画像:CoinGecko)2021年9月21日〜2021年12月20日 DOTの価格チャート(画像:CoinGecko)

DOTの取引が可能な暗号資産取引所ビットポイントの新規登録はこちら。

暗号資産取引所ビットポイントの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:販売所で「TRX・ONT」取扱い開始|記念キャンペーンも開催

Huobi Japan:販売所で「TRX・ONT」取扱い開始|記念キャンペーンも開催

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

【重要】QUOINEXが「Liquid」へと移行|事前に確認すべき注意点

【重要】QUOINEXが「Liquid」へと移行|事前に確認すべき注意点

ゲーム大手EAのCEO「NFTやPlay-to-Earnの採用」に前向き姿勢

ゲーム大手EAのCEO「NFTやPlay-to-Earnの採用」に前向き姿勢

Chiliz&Socios:サッカーイタリア代表の「$ITAファントークン」発行へ|FIGCと提携

Chiliz&Socios:サッカーイタリア代表の「$ITAファントークン」発行へ|FIGCと提携

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

カルダノ財団×EMURGO:DApps開発促進に向け「開発者向けのツールスタック」構築へ

カルダノ財団×EMURGO:DApps開発促進に向け「開発者向けのツールスタック」構築へ

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

Rakuten NFT:初の販売コンテンツは「ULTRAMAN」のNFTに決定|2月25日サービス開始

Rakuten NFT:初の販売コンテンツは「ULTRAMAN」のNFTに決定|2月25日サービス開始

Cardano基盤のDEX「SundaeSwap」イールドファーミング機能の提供開始

Cardano基盤のDEX「SundaeSwap」イールドファーミング機能の提供開始

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

Liquid:新規口座開設で500円がもらえる「お年玉プレゼントキャンペーン」開始

Liquid:新規口座開設で500円がもらえる「お年玉プレゼントキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す