レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

by BITTIMES

他のチェーンやインターネットからのデータを利用してアプリケーションを構築するブロックチェーンFlareは2023年1月9日午後11時59分UTCに、待望のトークンエアドロップを完了。Binance、OKX、Kraken、Bithumb、UpBit、Kucoin、BitBankなどのユーザーを含む数百万人に42億7,900万のFlare(FLR)トークンを配布、仮想通貨史上最大規模のエアドロップとなった。

今回のエアドロップによって、開発者はFlareのEVMとネイティブデータ取得プロトコルである「State Connector」と「Flare Time Series Oracle」を利用できるようになり、Flareにとっては重要なマイルストーンとなる。ネットワークによって保護されたこれらのネイティブプロトコルが、他のブロックチェーンやインターネットからの高信頼性データへの分散型アクセスを提供、新しいユースケースやマネタイズモデルの創造を実現する。

「Flare」のCEO兼共同創業者であるヒューゴ・フィリオン(Hugo Philion)氏は、次のように述べている。

ブロックチェーン業界を盛り上げるには、さらに便利な分散型アプリケーションが必要である。Flareは、価格だけでなく、取引の詳細やWeb2イベントなどのデータを通じてこれに取り組み、開発者が多くのユーザーに実用性を提供するアプリケーションを構築できるようにする。

Flareの目的は、開発者がより多くのデータに安全にアクセスするアプリケーションを構築できるようにすることだ。他のチェーンで行われた支払いや、インターネット/Web2 APIからの入力でFlareスマートコントラクトのアクションをトリガーするなど、新しいユースケースの構築が実現する。また、ブリッジングの新しい方法、特にスマートコントラクト以外のトークンをFlareに導入し、DeFiプロトコルなどのアプリケーションで使用することが容易になる。

FlareのState Connectorプロトコルは、Flareのスマートコントラクトで情報を安全、スケーラブルかつトラストレスに利用することを可能にする。これにより、ネットワーク上で最も強力なクラスのデータを提供し、より多くのクロスチェーンソリューションが構築できる。State Connectorは、分散化された認証者とバイナリフォーキングプロトコルを組み合わせることで悪意のあるデータプロバイダーの大多数の正当性を疑い、その安全性を生み出す。データプロバイダーが価値をステークすることを義務付けられるプルーフオブステークベースのシステムとは異なり、State Connectorのセキュリティはシステムでステークされた金額で制限されることはない。つまり、State Connectorはトランザクションの大きさに対して安全性が不変であり、大量の価値を扱うことができる安全なシステムを提供するのである。

Flare Time Series Oracle(FTSO)は、ネットワーク構造を利用し、中央集権型データプロバイダーに依存することなく、高度に分散化された価格とデータ系列をFlareのDappsに提供する。FTSOは高度に分散化されたデータフィードオラクルであり、約100の独立したデータプロバイダーが、3分ごとに信頼できるデータを提供し、インセンティブを受ける。

Flareトークンの配布は、全公開トークンの最初の15%に相当、残りは36カ月にわたって毎月配布される予定である。残りの85%のトークンの配分は、Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)のコミュニティ投票の結果によって決定する。

【Flareについて】
Flareは、開発者がブロックチェーンやインターネットと相互運用できるアプリケーションを構築できるレイヤー1オラクルネットワークである。整合性の高いデータへの分散型アクセスを提供することで、新しいユースケースやマネタイズモデルを実現する。

FlareのState Connectorプロトコルは、Flare上のスマートコントラクトで、他のブロックチェーンやインターネットからの情報を安全、スケーラブルかつトラストレスに利用することを可能にする。

Flare Time Series Oracle(FTSO)は、ネットワーク構造を利用し、中央集権型データプロバイダーに依存することなく、高度に分散化された価格とデータフィードをFlare上のDappsに提供する。

ぜひ、これまで以上に多くのデータをFlareで構築し、複数のエコシステムに対応するアプリケーションの構築にFlareを活用していただきたい。

Website
Twitter
Telegram
Discord


免責事項:この記事は寄稿された記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

暗号資産の損益計算サービス「コインタックス」とは?特徴・メリット・デメリットなど

暗号資産の損益計算サービス「コインタックス」とは?特徴・メリット・デメリットなど

SEBC「ビットコインの相談窓口(渋谷道玄坂店)」本日オープン

SEBC「ビットコインの相談窓口(渋谷道玄坂店)」本日オープン

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説