2023年に注目が集まる銘柄10選 – 期待の仮想通貨は?【PR】

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年も自分の仮想通貨投資のリターンを最大化したい投資家は、今年注目が集まっているICO(新規仮想通貨公開)に目を向け始めています。投資家はICOで新しいプロジェクトに十分なスタートアップ資金を提供することによって、仮想通貨市場から多くの価値を生み出せる可能性があります。

この記事では、2023年に期待されている10のICOをご紹介します。

2023年注目のICO10選

  • アルトシグナル(AltSignals/ASI)
  • メタケード(Metacade/MCADE)
  • メタブレーズ(Metablaze/MBLZ)
  • アーティファクト(Artyfact/ARTY)
  • アリンク(AI ALINK AI/ALINK)
  • オプションブリッツ(OptionBlitz/BLX)
  • ウィーセンドイット(WeSendIt/WSI)
  • ヒーローズマヴィア(Heroes of Mavia/MAVIA)
  • バイピックス(Byepix/EPIX)
  • スリープエコシステム(Sleep Care/SLEEP)
目次

アルトシグナル(ASI)魅力的なAIシグナルトークン

アルトシグナルは、2017年のプラットフォーム立ち上げて以降、1,500以上のトレーディングコールを生み出してきた、市場の主要な取引シグナルのプロバイダーです。高品質な取引情報を提供する信頼性の高いソースとしての地位を確立しているアルトシグナルは、長年にわたってコミュニティメンバーが収益性を最大化するのを支援しており、TrustPilotでは4.9/5の評価を獲得しています。このスコアは、経験豊富なトレーダーチームと、最先端のAltAlgo™取引指標ツールがタッグを組むことで実現しています。

アルトシグナルは、取引シグナルをターボ化するためにAIメカニズムを活用したActualizeAIツールキットを導入し、プラットフォームの取引シグナルを新たな領域へと導いています。アルトシグナルはこの機能と同時に、新しくデジタルネイティブトークンである「ASI」をローンチします。

ActualizeAIは、機械学習アルゴリズムと自然言語処理(NLP)を用いた予測モデリングによって、シグナルを実行します。​​過去の傾向も参考にしながら、データを精緻化することによって、メンバーはさらなる利益を得ることが可能になります。

ActualizeAIは開発後にASIコイン保有者に提供されます。50,000トークンを購入した方には生涯アクセス権が付与される予定です。ASI保有者は、今後数ヶ月から数年にかけて期待される価値向上とともに、最高品質の取引シグナルに独占的に利用することが可能になります。

さらにASI保有者は、AIメンバーズクラブに参加できます。Innovate2Earnスキームにより、受動的な収入を得る機会を提供します。ベータ版の機能に関するフィードバックを提供することでユーザーに報酬を与え、最も有利な公開および非公開のプレセールイベントに参加することが可能になります。

ASIのICOは2023年3月上旬にローンチされ、価格はトークンあたり0.012ドルから開始されました。プレセールは5段階構成で、最終的には価格が0.02274ドルまで上昇します。アルトシグナルはICOの期間中、初期に購入をした投資家に228%の優れた利回りを提供します。このトークンをこの価格で入手できる期間は限られているため、ASIの早期購入を希望している投資家も多いです。

>>> アルトシグナルの詳細はこちらからどうぞ <<<

メタケード(MCADE)有望なGameFi関連ICO

メタケードは、GameFi界で生まれたばかりのプロジェクトであり、P2E(遊んで稼ぐ)を採用した最大規模のブロックチェーン基盤仮想ゲームアーケードの構築を目指しています。このコミュニティハブでは、ゲームプレイヤーやゲーム開発者そして仮想通貨愛好家が集まり、仲間と繋がりながらGameFiについて学ぶことができます。

ユーザーは新作P2Eゲームを体験できるだけでなく、コミュニティとの社会的交流・ゲームレビューやアルファ版の共有・ライブチャットやRedditスタイルのサブフォーラムへの貢献によって報酬を得ることができます。

コミュニティは、メタケードプラットフォームの心臓の役目を果たします。このため、メタケードはGameFiタイトルに関連する従来のP2Eメカニズムとは異なる別の収益方法をメンバーに提供します。これには、ソーシャルインタラクションをインセンティブとするCreate2Earn(交流して稼ぐ)機能、ステーキング機能が含まれるCompete2Earn(競って稼ぐ)機能、そして2024年前半からはWork2Earn(働いて稼ぐ)機能が含まれるようになります。

そしてメタケードの目玉とも言える取り組みにメタグラント(Metagrants)プログラムがあります。プログラムを通じて、開発者はメタケード専用の新しいタイトルを作成するために、資金を受け取ることができます。流れとして、開発者は制作を希望するゲームのアプリケーションを提出します。そしてコミュニティメンバーの人気投票を経て最も人気のあるアイデアは、メタグラントを受賞したこいう形で製作費の支援を受け制作に取り掛かります。

この制度を「Work2Earn」と連携することによって、開発者チームはメタケードの求人掲示板を通して必要な求人への募集が可能になり、関心のあるユーザーは新しいキャリアを始めるチャンスを手に入れることができます。また、メタグラントはコミュニティと融合し、どのタイトルを制作するの決定をメンバーに委ねることで、プラットフォームをGameFi革命の最前線に押し上げます。

MCADEのICOは2022年後半にオープンし、投資家コミュニティでホットニュースとなりました。メタケードはこれまでに、1,240万ドルを調達しています。MCADEの価格は現在0.02ドルでり、プレセールは最終段階を展開中です。興味のある方は以下のリンク先ページから公式サイトをご覧ください。

>>> メタケードの詳細はこちらからどうぞ <<<

メタブレーズ(MBLZ)DeFi/GameFiグランドデザインのオープンワールドゲーム

メタブレーズはメタケードと同様のGameFiトークンであり、2022年3月からICOを開催しています。これらの資金は、ブロックチェーンゲームで最も壮大かつ野心的なオープンワールドゲーム体験の1つを構築に費やされます。このゲームにはNFTとしてミントされるゴブリンが登場し、主に2つのステージがあります。

メタブレーズには、プレイヤーがトークンを賭けてネイティブメタバースである「Galaxia Blue」のマイニングリグの改良を支援する時間制限のある戦略性の高いミニゲームが存在します。第2段階では、プレイヤーとGalaxia Blueの仮想世界内のキャラクターに、比類なき物語、バックストーリー、そしてゲームを進めるための無限の可能性を提供する、深く豊かなストーリーテリングエンジンが登場します。メタブレーズは最終的な目標として「ブロックチェーンベースのゲーム領域で最大のRPGゲームの1つになること」を掲げています。

ネイティブトークンやステーブルコインを報酬を与える多くのGameFiタイトルとは異なり、メタブレーズは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ソラナ(SOL)といったデジタルコインを報酬トークンに使用しています。

開発チームは投資家に計画とプラットフォームの品質を保証するための検証を「CertiK」に依頼して無事受理されています。この検証結果と、MMORPGブロックチェーンゲームの分野を揺るがす計画により、MBLZは投資家に注目されるICOの1つとなっています。

アーティファクト(ARTY)PAE(Play-and-Earn)経済によるゲーミングメタバース

アーティファクトとは、AAAクオリティのゲームプレイと先駆的なPAE(Play and Earn)モデルによるGameFiメカニズムがもたらす収益化の可能性を組み合わせた、Web3業界初のメタバースゲームです。市民と呼ばれるユーザーは、AAA品質のゲームをプレイすると同時に、ネイティブトークンであるARTYを獲得できます。このトークンにはいくつかのユースケースがあります。

例えば、ユーザーはARTY報酬をNFTの売買・取引に使用することができます。オンラインマーケットプレイスには、アバター・武器・仮想不動産プロットがあり、さらにはデジタル資産の取引が可能です。加えてユーザーは、バーチャルコンサートやデジタルアート展、バーチャルファッションランウェイショーへの参加など、さまざまなオンライン体験を楽しむことができます。

アーティファクトは、複数のゲームモードを搭載予定です。PAEデスマッチ、バトルロイヤルモード、ARTYトークンの獲得、新機能が開放されるレーティングポイントなどが含まれます。また市民は、他ユーザーが楽しめる仮想体験を主催することで、自分の不動産区画を収益化する機会を企画することができます。このような可能性を通じて、インフルエンサーやブランドが、新しい先駆的な方法でファンと交流することを可能にし、プラットフォームに惹きつけることを目指します。

アリンク AI(ALINK)AIサービスのオープンで分散型のマーケットプレイス

アイリンクAIは、ブロックチェーン技術を介してAIサービスへのアクセスを提供するオープンソースの分散型プラットフォームです。このネットワークにより、開発者はAI製品をリストすることが可能になり、オンライン接続があれば誰でも自由に利用できます。利用可能なサービスは、最も単純なAIアルゴリズムから、完全に機能するエンドツーエンドソリューションまで多岐にわたります。

このプロジェクトは、AIサービス分散型ネットワークを促進するために、複数の重要なコンポーネントが連携することで、オープンソースでありながら規制や法的要件に準拠した機能的でスケーラブルなシステムを構築するという包括的な目標を掲げています。

ネイティブトークンの「ALINK」はプラットフォームの交換媒体です。ユーザーはニーズに合ったAIを活用したプログラム・サービスを購入することができます。これらの取引は、プラットフォームのマーケットプレイスにて行われます。データプロバイダーと消費者の間の仲介者として機能し、効率的・確実かつ安全に取引できるようにします。

オプションブリッツ(BLX)分散型ソーシャルトレーディングプラットフォーム

オプションブリッツは、イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーン上に構築された取引プラットフォームです。応答性の高いユーザーエクスペリエンスを提供するアービトラムスケーリングソリューションを備えています。有効期限が10秒から24時間のゼロデイオプションに特化した取引を提供します。

このプラットフォームは、複数の取引商品を提供します。これにはクラシック、デジタルそしてターボス商品が含まれています。Turbosは、レバレッジド・サーティフィケートと永久スワップを組み合わせた、Web3の世界で初めて登場した分散型Turbos製品です。ライブメッセージなどのソーシャルトレーディング機能は、DeFiセクターをさらに前進させるものと思われます。

BLXのICOは、今年1月末からトークンあたり0.10ドルで開始され、ソフトキャップを120万ドルと設定しています。投資家はICO終了後にトークン供給を請求すると、オプションブリッツの無料取引シグナルへのアクセスが保証され、さらに、有益な取引決定を行うのに役立つ他の独占機能も提供されます。

ウィーセンドイット(WSI)分散型ファイル共有・保存ソリューション

ウィーセンドイットとは、ブロックチェーンを利用して分散型のファイル共有とクラウドストレージのオプションを提供するWeb3の新しいサービスです。プラットフォームの3.0のリリースでは、ユーザーがネットワークを使用してデータを送信するたびに、トークン化された報酬を通じて受動収入を得ることができます。

この BEP-20トークンである「WSI」は多くのサービスと交換可能です。これには広告・スケーラブルなデータストレージ・サービス加入の割引などが含まれます。さらに、ユーザーからの紹介でプラットフォームを利用することで、さらなる特典を受けることができます。

ウィーセンドイットは、Amazon・Google・Microsoftなどのハイテク企業が提供する高価で集中型のファイル共有およびデータ保存ソリューションに代わる、低コストで分散型のソリューションとして設計されました。30年以上にわたるこの分野での経験を生かし、150カ国以上で300万人以上のお客様にサービスを提供してきました。

分散型ファイル共有ソリューションの需要が高まる中、WSIのICOは、Web3に進出する老舗の信頼できるサービスプロバイダーを支援する絶好の機会となっています。

ヒーローズマヴィア(MAVIA)ICOの実績が高いP2E戦力化プラットフォーム

ヒーローズマヴィアは、軍隊を作り、拠点を固め、プレイヤー同士がバトルを繰り広げ、敵の拠点を占領して勢力を強化する、バトルビルダー型P2Eゲームプラットフォームです。プレイヤーは、ゲームを進めていく中で「RUBY」を報酬として受け取ることができます。

RUBYトークンは、武器のアップグレード・新拠点の要塞・新軍団ユニットと交換することができ、戦いに備えてユーザーの陣地を強化することができます。ゲームプレイでは、戦闘のライブストリーミングや、受動収入を得ながら軍事同盟の交渉を行えるパートナーシップ管理ツールなどの機能を備えています。

ネイティブトークン「MAVIA」は交換通貨を構成するものではありませんが、新しいNFT兵器やその他のデジタル資産を定期的にリリースするなど、プラットフォームの発展性を支えるものであり、コインの実用性を高めていきます。

ヒーローズマヴィアは、ICO期間中にソーシャルメディア上で大きなファンを獲得しており、初期投資家は、プラットフォームが2023年中期のFree2Playエンジンの起動に向けて拡張する際、報酬の受け取りを期待しています。

バイピックス(EPIX)ソーシャルメディア大手に挑むWeb3汎用プラットフォーム

バイピックスは、FacebookやTwitterなどの主要なソーシャルメディアプラットフォームの独占に挑戦している、使いやすくエキサイティングな要素を1つのハブにまとめたWeb3プラットフォームです。

これらの特徴は、DeFiソリューション・dApps・P2E GameFiタイトル、そしてユーザーのニーズに応えたエコシステムを機能させることです。例えば、Gem Huntersは、プレイヤーがタスクを完了するとトークン化された報酬を得ることができるゲームとなっています。その他にも、ネイティブのEPIXトークンで仮想の土地区画を購入し、開発・栽培・収益化・売却して利益を得ることができます。

一方ユーザーは、斬新なSocial2Earnプログラムを通じてソーシャルタスクをこなすことで受動的な収入を得たり、EPIXに投資して有利なリターンを得ることができます。最終的な目的は、ユーザーがコンテンツを収益化を可能にし、プラットフォームに貢献しているユーザーのために、ソーシャルメディアの状況をより良いものに変えることです。

スリープケア(SLEEP)Sleep2Earnの新SocialFiアプリ

スリープケアは、ユーザーが目を閉じたまま収入を得ることができるエキサイティングなインセンティブに基づき、成長するSocialFiスペースに参入した最新のプラットフォームの1つです。バイナンススマートチェーン上に構築されたスリープケアは、ネイティブトークン「SLEEP」で睡眠習慣を構築したユーザーに報酬を与えます。

睡眠報酬を得るためには最低5時間の睡眠が必要で、スマートフォンで位置情報・ボディセンサー・身体活動を測定し、データをアプリに送信して睡眠の質を判断します。ユーザーは、オンラインダッシュボードや毎月のリーダーボードで睡眠を追跡し、さらなる報酬の配分を決定することができます。

スリープケアは、SocialFI分野で健康的なライフスタイルをインセンティブにしようとするアプリが増加している中でも、2023年のICOとして特に魅力的なアプリの一つです。

ICOに参加することで資金調達に貢献

ICOで注目すべきポイント

トークンを購入する前に、ICOで考慮すべきことがいくつかあります。ICOは多くの場合、確立されたプラットフォームの後ろ盾を持たない、駆け出しのプロジェクトであることを忘れないでください。

公式ウェブサイトを訪れて、ホワイトペーパーを読んでみてください。目標が実現可能かどうかを判断することができます。安心の証として、プロジェクトの実行可能性を徹底的に調べる「CertiK」のようなブロックチェーン監査会社に、自社プロジェクトとプロジェクトのコーディングを提出したプロジェクトもあります。これには、プラットフォームの合法性とトークノミクスが含まれます。

最後に、そのプロジェクトが技術・金融・Web3など既存の大手企業とのパートナーシップを築いているかどうかを確認します。

新しいコインが発売されるタイミングを知るには?

主要な情報ウェブサイトには、今後のICOのカレンダーがあり、投資家が新しいエキサイティングなコインの発売について市場の先取りに役に立ちます。

ICOのメリット

ICOの成功は、新しい仮想通貨プロジェクトと投資家に以下のような利点をもたらします。

  • プロジェクトの立ち上げに必要な資金を確保することができる
  • オンラインでアクセスができるため、他の投資に比べて事務手続きが少なく、簡単に投資できる
  • 新規プロジェクトの立ち上げ時に高い流動性を提供し、投資家のリスクを軽減する
  • ICO期間中のトークン価格が低ければ、初期投資家に莫大な利益をもたらす可能性がある

ICOのデメリット

しかし、ICOには投資家が注意すべきいくつかの潜在的なレッドフラッグも存在します。

  • 仮想通貨は不安定なデジタル資産として有名です。新しい通貨プロジェクトが確立されることで、さらに変動が激しくなります。
  • 規制がないため、ICOは詐欺的なものになる可能性があります。

結論:今注目すべき有望なICOはどれ?

AI機能とブロックチェーン技術を組み合わせた、アルトシグナルの「ASI」はリスク・リターンの面から優れたICO銘柄の1つと考えられています。このコインは豊かな成長の可能性を持っている低価格なコインとなっているため、将来的に高いリターンが得られる可能性があると期待されています。

メタケードのエキサイティングなコインである「MCADE」は、将来的に優れた実用性を備えたガバナンストークンになると期待されています。プレセールが最終段階に入っているため、人々はメタケードにFOMO(取り残されることへの恐れ)を感じてます。

仮想通貨関連のよくある質問

仮想通貨とは?

仮想通貨は、デジタルコインの形式で発行される仮想資産でり、ブロックチェーンの暗号化技術を利用し、通貨を構成する新しいコインの生成を制御するスマートコントラクトなどの一連の安全な条件によって取引を検証します。一部の通貨は分散型であり、それ以外の通貨は、銀行や政府などの中央ハブの制御から自由であることを意味し、それを目指しています。

ICOとは?

ICOは「Initial Coin Offering」を意味します。プレセールとして知られるICOは、ブロックチェーンの新興企業が、コインが暗号取引所で一般公開される前に資金を調達するために用いる方法です。ICOでは、一定数のトークンが固定された割引価格で個人投資家に提供されます。これらの投資家は、コインが公開されたときに、より高い潜在的なリターンで報われる可能性があります。

ICOは違法なのか?

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)は合法です。ただし、すべてのICOは、米国証券取引委員会(SEC)が定める、ICOが投資商品であるかどうかを判断するための「Howey Test」に合格しなければなりません。

ICOを行っている銘柄はいい投資なのか?

ICOキャンペーンは、低コストでトークンを購入し、優れたリターンを得ることができるため、最も有利な資金運用方法の1つとなり得ます。しかし、高いリスクもついてきます。なぜなら、ICOの背後にある進行中のプロジェクトからの支援がほとんどない場合があるからです。

どこでICOコインを購入できる?

ICO銘柄を購入する最良の方法は、コインの公式サイトを通じてICOに登録し、仮想通貨ウォレットで関連通貨、多くの場合ビットコイン(BTC)またはイーサ(ETH)を使用して、プレセールにて新しいトークンを予約することです。

2023年、ICOのトップ2と言われているのはどれ?

2023年には、経験豊富な投資家のためにいくつか魅力的なICOが用意されています。アルトシグナルのASIコインは、今年最高のICOオプションになると考えられています。もう一つは、現在プレセール最終段階にあるメタケードトークンのMCADEです。多くの専門家がこれを見逃さないようにとアドバイスしているので、DYOR(自分自身で調査)してみてください。

ICOとIPOの違い

ICOとIPO(新規株式公開)の主な違いは、ICOは選ばれた個人投資家のグループに公開されるプレセールイベントであることです。これに対して新規株式公開は、一般に公開されるプレセールの資金調達の機会です。

ICOの資金はどうなるのか?

ICOで調達された資金は、プロジェクトが資金調達目標を達成するまで保留され、その時点で資金が放出され、投資家はトークンを受け取ることができます。ICOプロジェクトが目標を達成するために資金を集められなかった場合、資金は投資家に返却されます。

アルトシグナルの詳細はこちらからどうぞ
メタケードの詳細はこちらからどうぞ


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BONKの価格が667%上昇する一方で、注目されるMeme Kombatのゲームプラットフォーム

BONKの価格が667%上昇する一方で、注目されるMeme Kombatのゲームプラットフォーム

分散演算基盤「EMETH(エメス)」プロジェクトが本格始動|参加ノードの募集開始

分散演算基盤「EMETH(エメス)」プロジェクトが本格始動|参加ノードの募集開始

Bitget「デリバティブ取引で300%以上成長」2022年2月過去最高取引高を達成

Bitget「デリバティブ取引で300%以上成長」2022年2月過去最高取引高を達成

暗号資産発行支援のGCOX「日本人向け無料オンラインセミナー」開催へ

暗号資産発行支援のGCOX「日本人向け無料オンラインセミナー」開催へ

イーサリアムクラシック信託がETC価格をサポート、ASIトークンプレセールの関心が爆発的に高まる

イーサリアムクラシック信託がETC価格をサポート、ASIトークンプレセールの関心が爆発的に高まる

EOS(イオス)の価格予測:メタケード(Metacade)への投資が注目される理由

EOS(イオス)の価格予測:メタケード(Metacade)への投資が注目される理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

ソラナのWeb3スマホ「Chapter2」先行販売の特典・報酬が判明

ソラナのWeb3スマホ「Chapter2」先行販売の特典・報酬が判明

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す