バイナンスのボイジャー購入に対するSEC訴訟ニュースが世間を騒がせる中、アルトシグナルが勢いを増す

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

最近のSEC関連ニュースでは、米国規制当局が仮想通貨の規制に関する取締強化の動きを停止したと伝えられました。これにより、バイナンス(Binance)によるボイジャー(Voyager)の買収が進む可能性があるため、仮想通貨業界にとってプラスの影響を与えると見られます。

アルトシグナル(AltSignals)は、最近開催されたネイティブトークンであるASIのプレセールイベントにて大きな成果をあげています。この最新SECニュースとASIの未来はどのように関わってくるのでしょうか?

SECニュース:バイナンスのボイジャー買収が承認される中、アルトシグナルのプレセールが開始される

バイナンスは、最近破産した仮想通貨レンディング企業であるボイジャーからの資産買収案に対して、米国の規制当局から買収の許可を得たと報じられました。この提案は、過去にSECのニュースで報じられたように、手詰まりの状態にありました。

SEC関連ニュースでは、バイナンスの規制に対するコンプライアンスが疑問視されており、15億ドルと評価されているボイジャーの買収は、米国金融市場に悪影響を及ぼす可能性もあると報じられています。

最近のSECニュースで報じられたように、ニューヨークの判事は、バイナンスの買収を支持する判決を下しました。このニュースは、仮想通貨市場の高騰を引き起こしました。そのため、AIベースの仮想通貨プラットフォームであるアルトシグナルは、プレセールを開始して間もないにも関わらず、短期間で689,000ドル相当の投資を集める結果となりました。

アルトシグナルは、正確な取引シグナルをユーザーへ提供することにより、トレーダーが仮想通貨市場のボラティリティー変動からトレンドを読むのに役に立ちます。このプロジェクトは、バイナンスとボイジャーに関する最近のニュースもあり幅広く支持を集めています。5年間もの実績のあるアルトシグナルのブロックチェーン開発は、現在さらに勢いを増しているように見えます。

アルトシグナルとは?

アルトシグナルは、2017年にローンチされて以来、50,000人以上の個人トレーダーに収益性の高い取引シグナルを提供してきました。独自の取引ツールである「AltAlgo™」は、常に70% 以上の精度でシグナルを提供することができます。バイナンスヒューチャーで利益をあげたトレーダーの中には、ポートフォリオを19回も10倍以上にしたケースも存在します。

現在、ブロックチェーン分野へ拡大をしており、待望のプレセールイベントでは、ネイティブトークンのASIをリリースしています。このトークンは、プラットフォームで利用できる取引サービスをさらに増やすため、ActualizeAIという新たな取引スタックを取り入れるための拡大が予定されています。

ActualizeAIは、人工知能を搭載しておりアルゴリズムによる取引指標と自然言語(NLP)および機会学習機能を組み合わせ、高精度で取引シグナルを提供します。仮想通貨市場における投資リターンを最大化するために、初心者から熟練トレーダーまで、あらゆるレベルのユーザーをサポートします。これらの理由により、今後このプロジェクトは、オンライン取引シグナル業界に革命を起こすのではないかと期待が集まっています。

ASIの仕組み

プロジェクトの計画によるとASIトークンは、ActualizeAIへのアクセスを得るために使用される予定です。また、このトークンはアルトシグナルプラットフォームでのステーキングや、ガバナンストークンとしても使用されます。

またASIは、アルトシグナルによる様々な追加サービスの利用が可能なAIメンバーズクラブへのアクセスも提供します。クラブを通して、投資家は期待の新仮想通貨プロジェクトのプレセールやプライベートセールへのアクセスが可能となるため、この通貨への投資は将来的な大きな収益機会に繋がる可能性があるとも期待されています。

AIメンバーズクラブでは、仮想通貨を賞金とする取引トーナメントも開催されます。オンライン上で繰り広げられるこのトーナメントでは、指定された時間内で最も高い割合のリターンをあげられたトレーダーが勝者となります。

ASIトークンの保有者は、公式リリース前の取引ツールを試運転することもでき、市場のトレンドを予想する際に非常に有利となります。さらに、新しいツールをテストしフィードバックを提供したトレーダーには報酬としてASIトークンが与えられます。

2023年、ASIが0.4ドルに達する可能性は?

現在開催中のASIトークンのプレセールは、ステージ1にあり、1トークンあたり$0.015で購入することが可能となっています。販売価格はイベント終了時に、0.02274ドルまで上昇することが決まっているため、この価格は期間限定となっています。

アルトシグナルエコシステムのなかで幅広い有用性を発揮するこのトークンは、Web3業界においてそのユニークさから大きな注目を浴びています。専門家は現時点でプレセールに参加した場合、将来的に大きな利益が得られる可能性があると予想しており、2023年末には0.4ドル以上の価値になるとの予想も出ています。これが実現した場合、プレセール終了時から約20倍の上昇が起きることになります。

AIベースプロトコルは仮想通貨市場を揺るがす次のトレンドとなるのか?

人工知能の取引ツールは、膨大な量の市場データを分析しながら精度を向上させることができるため、将来的に取引シグナルを扱う業界に革命をもたらす可能性があります。ActualizeAI は、ミリ秒単位で大規模なデータセットを処理できるように構築されており、市場分析の質を超人的なレベルまで押し上げることができると言われています。

現在、AIベースの仮想通貨プロトコルは、Web3での人気が高まっています。フェッチAI(FET)とグラフ(GRT)の最近の人気上昇はブロックチェーンとAIという人気急上昇中の2つの技術が組み合わされた結果と言えます。

アルトシグナルは、今後人気に火がつくと予想されるAIベースの仮想通貨プロジェクトです。プレセール初期の勢いは、既に確立されたコミュニティの成功実績と新たな開発に対する投資家の評価と見て取ることができます。

ASIへの投資はオススメできるのか?

バイナンスとボイジャーに関するニュースを考慮すると、アルトシグナルは非常に優れた投資機会になると考えられています。米国の規制当局は、規制が進んでいないプロジェクトに対して厳しい姿勢を示していますが、その一方で仮想通貨市場の成長を長い目で見守っていると取ることもできます。

アルトシグナルの仮想通貨プレセールは、今後さらに大きな成長をみせる可能性が高いと予想されており、ポートフォリオに追加した場合には大きなリターンが得られる可能性があると期待する声も出ています。

プレセール終了価格は0.02274ドルに設定されているため、投資家は現在価格の$0.015をASIを安い価格で入手できる重要な機会として認識しています。

ASIの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

ミームネーターは2024年にビッグウェーブを巻き起こすことができるのか?

ミームネーターは2024年にビッグウェーブを巻き起こすことができるのか?

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

安全な賭け?チャンサーのプレセールが低迷する仮想通貨市場に希望を与える

安全な賭け?チャンサーのプレセールが低迷する仮想通貨市場に希望を与える

ユーザー資産の保護と事故ゼロの記録|CoinExの暗号資産セキュリティへの取り組み

ユーザー資産の保護と事故ゼロの記録|CoinExの暗号資産セキュリティへの取り組み

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

注目度の高い仮想通貨ニュース

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

「金は暴落し、銀・ビットコインは高騰する」金持ち父さん著者の価格予想

「金は暴落し、銀・ビットコインは高騰する」金持ち父さん著者の価格予想

SBI VCトレード「SOL・ATOMの入出庫」対応へ|2つのキャンペーンも開始

SBI VCトレード「SOL・ATOMの入出庫」対応へ|2つのキャンペーンも開始

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す