SolanaとVC Spectraが週間チャートで2桁上昇|その理由は?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Solana(SOL)の価格はリキッドステーキングデリバティブ(LSD)の盛り上がりによって過去1週間で15.48%上昇しました。VC Spectra(SPCT)も実際のユーティリティに後押しされて、過去7日間で2桁の上昇を見せています。さらに、VC Spectraはプライベート・シードセールにおいて2週間で240万ドルを集め、その可能性を浮き彫りにしました。

なぜ、SOLとSPCTが上昇傾向にあるのかを見ていきましょう。

複数の異なる戦略で上昇を促進、Solana(SOL)

Solana(SOL)は過去1週間に渡って強気の勢いを見せました。SOLのパフォーマンスはトークンを購入する投資家の増加に関係している可能性があります。

SOLは先週の逆転で長期・短期両方のレジスタンスラインを打ち破りました。さらに最近では「SolSea」と呼ばれるNFTプラットフォームがセルビアのコカ・コーラと提携したことも発表されたため、さらに関心が高まることとなりました。

現在、SOLは22.20ドルで取引されており、過去24時間で1.02%の上昇しています。Solanaの最近の動きを受けて、専門家らはSOL価格は2023年12月までに36.87ドルまで急騰する可能性があると予想しています。

アナリストはSOLの将来に強気な予想を示す理由として、確立されたプロトコルと大規模なネットワークの成長と挙げています。

プレセール開催中の注目銘柄、VC Spectra(SPCT)

VC Spectra(SPCT)は、パブリックプレセールのステージ1で初期トークン供給量の76.81%を記録的な速さで販売しました。分散型ヘッジファンドであるVC Spectraは、AIを活用してリターンを最大化し、起こり得るリスクを最小限に抑えます。

このプラットフォームは将来性の高いブロックチェーンベンチャーを特定するための厳格な選考プロセスを採用しているため、投資家から大きな関心を集めています。

また、VC Spectraは投資利益に基づいて四半期ごとの配当と自社株買いでユーザーに報酬を与えます。さらに、VC Spectraユーザーは新しいICO・多様なポートフォリオ・初期段階のブロックチェーンベンチャーにアクセスすることができます。

VC Spectraトークン(SPCT)は、BRC-20規格に準拠したトークンです。SPCTはビットコインのブロックチェーン上に構築されており、時間の経過とともにトークンの流通量が減少するバーンメカニズムによって、SPCTの価値が高まるデフレ型の設計となっています。

多くの人は「VC Spectra(SPCT)の主な魅力は収益機会にある」と信じています。VC Spectraは現在、パブリックプレセールの第1ステージにあり、0.008ドルの価格でトークンが販売されています。第2ステージが近づくと、SPCTの価格は0.011ドルに成長し、ROI(投資収益率)は37.5%になると予想されます。

市場予測によると、VC Spectra(SPCT)は主要取引所への正式上場前に目標価格0.08ドルを上回り、900%高騰すると予想されています。そのため、一部の専門家は投資における実用性・安全性・収益性を保証する有利な投資機会としてVC Spectra(SPCT)を推奨しています。

VC Spectra(SPCT)の詳細は以下のリンク先ページをご覧ください。

プレセール:
https://invest.vcspectra.io/login
ウェブサイト:
https://vcspectra.io
テレグラム:
https://t.me/VCSpectra
ツイッター:
https://twitter.com/spectravcfund


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「Phemex」がわずか3年で数百万人のユーザーを獲得した理由

暗号資産取引所「Phemex」がわずか3年で数百万人のユーザーを獲得した理由

トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

ミームネーターは2024年にビッグウェーブを巻き起こすことができるのか?

ミームネーターは2024年にビッグウェーブを巻き起こすことができるのか?

アルトシグナルとローンチパッドXYZ|プレセール中の注目プロジェクトを紹介

アルトシグナルとローンチパッドXYZ|プレセール中の注目プロジェクトを紹介

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

Bitget:Token 2049 Singaporeで「ソーシャルトレーディングの最新情報」を発表

Bitget:Token 2049 Singaporeで「ソーシャルトレーディングの最新情報」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す