急成長を見せる仮想通貨:2023年8月飛躍の可能性を秘めた銘柄9選

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

ここで紹介する仮想通貨は、インフレになる前の金鉱となるかもしれない。専門家が市場を分析し、将来性の高い割安なプロジェクトをリストアップした。プロジェクトはいずれも、次の強気市場に先立って急速に成長する仮想通貨になる可能性がある。

急成長が期待される仮想通貨

  • チャンサー(Chancer/CHANCER)
  • 柴ミーム(Shiba Memu/SHMU)
  • アルトシグナル(AltSignals/ASI)
  • メタケード(Metacade/MCADE)
  • オプティミズム(Optimism/OP)
  • アプトス(Aptos/APT)
  • サンドボックス(The Sandbox/SAND)
  • ぺぺ(Pepe/PEPE)
  • アービトラム(Arbitrum/ARB)

急成長している仮想通貨は、瞬く間にその価値を一変させる。これは、プロジェクト初期段階で支援した投資家にとって、大きな報酬を意味する。

専門家は、価格変動、開発状況、そしてソーシャルメディアの動向を考慮した上で、2023年に最も急速に成長する仮想通貨を決定した。

チャンサー(CHANCER)オンラインベッティング分野の革命児

チャンサーは、世界初分散型の賭け事マーケットであり、ギャンブル業界に旋風を巻き起こすことになりそうだ。ベッターはブックメーカーを迂回して、独自のカスタムオッズを設定することができる。この機能は、チャンサーを際立たせ、今後数年間でプラットフォームへのユーザー数を増加させる可能性がある。また、ユーザーは、あらゆる可能性のある事柄に対して賭けを作成することができ、ベットするオッズとベットするオッズを完全にコントロールすることができる。

友人や家族の間で小さな賭けをしたり、クラウドファンディングで大きなイベントのベットスリップに参加したりとチャンサーは、従来のベッティング業界にはなかった楽しみ方を提供する。プラットフォームは、ブロックチェーン技術を使ってユーザーの取引記録を完全に不変なものにすることで、中央集権的なブックメーカーの必要性を排除し、エンドユーザーにより多くの利益をもたらす。

中央集権的なブックメーカーは、自分たちに有利なようにオッズを操作することで知られている。しかしチャンサーは、当時に流行する代替システムを提供する。

現在、プラットフォームのネイティブトークンであるCHANCERは、プレセールステージ2を展開しており、0.011ドルで入手可能だ。

【CHANCERの魅力】
CHANCER は、Web3 界の中でも特にユニークな投資機会である。このネイティブトークンは、すべてのベットに使用され、決済される機能から2023年に急速に成長する銘柄の1つに組み込まれている。

現在開催されているプレセールは、今年注目の投資機会のひとつとなるだろう。チャンサーはギャンブル業界に蔓延する問題を解決し、ベッターにピアツーピアモデルの予想市場でベッティングスリップをカスタマイズするチャンスを提供する。

>>> チャンサーの詳細はこちらからどうぞ <<<

柴ミーム(SHMU)マーケティング分野に改革を起こす

柴ミームは、AIベースのソフトウェアを活用し、マーケティング戦略を独自に学び、関連するフォーラムやソーシャルネットワークで宣伝するミームコインである。これは、Web3で仮想通貨の販売を促進するために機械学習技術を導入する非常に革新的な方法である。

柴ミームは進歩するにつれて、より知能が向上するため市場の主要プレーヤーになる可能性がある。なぜならミームコインは消費者の購買意欲を促すため、マーケティングに依存しているからだ。SHMUはこれを自動的に行う事から、安定した成長が期待されている。

柴ミームを支える革新的な技術の組み合わせは、ROIの向上、自給自足、完全な透明性といった利点を提供する。AIを活用してマーケティング能力を強化することで、柴ミームはユニークな投資機会を提供する。

トークンの特徴として、アルゴリズムのマーケティング活動に関するリアルタイムの最新情報を提供するAIダッシュボードが挙げられる。コンテンツの投稿、フォロワーとのチャット、そしてマーケティング分析を専門家と共有するにしても、柴ミームはWeb3のユーザーに大きな価値を提供できるだろう。

マーケティング戦略をリアルタイムで調節するため、トレンドや投資家のセンチメントを積極的に追跡、評価している。人間には自然に備わっていることでも、柴ミームがのようなミームコインが複数の領域にわたる詳細な分析結果を相互参照する能力は稀である。結果として、このプロトコルは企業の間接費を削減することができる。

【SHMUの魅力】
SHMUは、Web3 界の多くのミームコインの中でも異彩を放っている。ほとんどが十分な有益性を持たない中、柴ミームは高度な自動マーケティングプロトコルである。これは、中小企業のオンライン事業運営に革命をもたらすかもしれない。

先日開始されたSHMUのプレセールには、すでに投資家が殺到している。トークンは、8週間のプレセール期間中に0.011125ドルから0.0244ドルまで上昇し、価格は毎日上昇する。このROIの迅速な上昇は、柴ミームのAIマーケティング戦略と相まって、通常はミームコインに興味を持たない投資家にとっても柴ミームは魅力的に映るに違いない。

>>> 柴ミームの詳細はこちらからどうぞ <<<

アルトシグナル(ASI)高性能なAIトレーディングツールキット

アルトシグナルは、2017年のローンチ以来50,000人以上のコミュニティに取引シグナルを配信しているオンライン取引プラットフォームである。プロジェクトは、AltAlgo™ を含む非常に印象的なトレーディングツールをリリースしている。中には、コールに一致したトレーダーが19か月でポートフォリオを10倍にした記録もある。

現在アルトシグナルは「ActualizeAI」と呼ばれる人工知能取引スタックを開発している。JPモルガンは、ActualizeAIのような取引ツールの有用性についてコメントし、金融大手は自動取引の精度を向上させるための自然言語処理(NLP)と予測モデリングの能力を強調した。

ActualizeAIは、取引ツールに機械学習機能をもたらすため、NLPと予測モデリングの両方を使用している。取引シグナルの精度と共有頻度の両方を最適化することで、あらゆるスキルレベルのトレーダーが市場で利益を最大化できるようになると考えられている。

ActualizeAIのリリースに伴い、アルトシグナルはネイティブトークンであるASIをローンチした。ASIトークンは開催中のプレセールにて0.012ドルで入手可能だ。最終投資ラウンドには0.02274ドルまで上昇する予定である。

【ASIの魅力】
アルトシグナルのプレセールは、今年最も有望な投資機会と言われている。プラットフォームは急成長中の仮想通貨エコシステムであり、複数の取引ツールを取り入れるまでに成長し、現在はさらに提供サービスを向上させている。

ActualizeAIは、全てのユーザーに利益をもたらす最先端のAIプロトコルである。ASIトークンは、ツールキットへのアクセス、加えてエコシステム内での生来の有用性と、長期的な需要を確保する直接的な方法を提供する。現在、ASIはプレセール第2段階にあり、0.01875ドルで入手可能だ。

>>> アルトシグナルの詳細はこちらからどうぞ <<<

メタケード(MCADE)ゲーマーに豊富な機会を提供するコミュニティ主導のブロックチェーンアーケード

メタケードは、Web3で最大のブロックチェーンアーケードである。多くのGameFiプロジェクトは単一のゲームを提供するに対して、メタケードはブロックチェーン最大のP2Eゲームコレクションの構築を目指している。

メタケードのP2Eアーケードは様々なカジュアルのゲームを取り揃えており、対戦型ゲームを好むプレイヤーには、大きな賞金を獲得できるトーナメントが用意されている。先日、プラットフォーム初のゲーム「Rune Realms Clash」が発表され、ブロックチェーンゲームコミュニティの間で大きな興奮が巻き起こった。

MCADEトークンは、アーケード内の報酬システムを支える。最近終了したプレセールでは、8回の投資ラウンドで1600万ドル以上を調達した。エコシステムの初期の支援者は、トークンの将来の値動きに大きな期待を寄せており、今のところ順調にその歩みを進めている。

メタケードは、Web3で最も豊富なP2Eゲームコレクションを提供するだけでなく、ユーザーが活用できる様々な収益化の仕組みを提供する。Create2Earn(共有して稼ぐ)機能は、ブロックチェーンゲームに関する最新情報を共有するコンテンツを作成したユーザーに報酬を与えるものだ。

さらに Work2Earn(働いて稼ぐ)機能は、ブロックチェーンベースのスタートアップ企業で募集されている職務と専門家を結びつける役目を果たす。

【MCADEの魅力】
メタケードは、成長産業の最先端で包括的なGameFi体験を提供する。プレセールでは1600万ドル以上を調達し、取引所への上場後にMCADEが300%以上急騰した決定的な理由である。

加えて、開発者にエコシステムへの参入を奨励するために設計されたメタグラントプログラムは、プラットフォームに最新のP2Eのゲームが絶え間なく追加する。これは、MCADEトークンが将来にわたって持続的な需要があることを意味する。

MCADEは、現在ビットマートとMEXCに上場している。ラッセル・ベネットCEOがこのプロジェクトの意図的な弱気相場でのリリースをほのめかしているように、現在の価格水準から大きなリターンを生み出す可能性があると期待されている。市場最安値の時期にローンチすることは、経験豊富な投資家にとって上昇の可能性が十分にあることを意味する。

>>> メタケードの詳細はこちらからどうぞ <<<

オプティミズム(OP)ブロックチェーントリレンマの3つの要素すべてを提供するレイヤー2

オプティミズムは、イーサリアムのネットワークのスケーラビリティの限界に対処するために構築されたレイヤー2のブロックチェーンである。OPとも呼ばれるオプティミズムネットワークは、取引スピードを最適化しガスコストを削減するためのプラットフォームである。

最先端のレイヤー2技術であるオプティミズムは、より高速で効率的なトランザクションを可能にする。これにより、長い取引時間やガス代の高さが批判されているイーサリアムのメインネットで一般的になっているボトルネックを回避することができる。

OPは、参加するすべてのノードが各取引を確認しなければならないというブロックチェーンの基本原則に重点を置いて設計されている。これは、委任されたプルーフオブステークプロトコル(DPoS)のように、トランザクションを検証するために少ないノードに依存する別のコンセンサスメカニズムとは異なる。

オプティミズムのアプローチは、イーサリアムのレイヤー1のすべてのセキュリティ機能を保持しながら、トランザクションのスループットやその他のスケーラビリティ機能を大幅に向上させている。これにより、ネットワーク上に構築されたdAppsの利用環境レベルを向上させ、ブロックチェーン全般の実用的なアプリケーションの数を拡大することができる。

【OPの魅力】
The Mergeがイーサリアムメインネット上で行われたことから、イーサリアムエコシステム内のレイヤー2ネットワークは今後ますます重要な役割を果たすと広く考えられる。イーサリアムは、以前ほどエネルギーを使わなくなったが、高いガス料金は依然としてセキュリティ上の課題である。

これを緩和し、イーサリアムのエコシステム内のユーザーエクスペリエンスを向上させるためには、レイヤー2のブロックチェーンが重要である。特に、オプティミズムはイーサリアムのレイヤー2の中でもユニークな、分散化に妥協しない高性能ブロックチェーンネットワークである。

オプティミズムは、最大限の分散化を保持することで、レイヤー2の競合他社とは一線を画している。アービトラムとポリゴンは、スケーラビリティを高めるためにある程度の分散化を妥協しているが、オプティミズムは設計上、長期的な堅牢性を選択している。

アプトス(APT)ソラナ・キラーと呼ばれる業界グレードのブロックチェーンネットワーク

アプトス(APT)は、企業にもユーザーにもシームレスな体験を提供することを目的としたブロックチェーンベースのプラットフォームである。自己実行型スマートコントラクトを搭載したアプトスは、安全な消費者環境を維持しながら、オンチェーンオペレーションを合理化する。

プラットフォームは、分散型システムで運営されており、ユーザーは自分のデータと取引を完全にコントロールできる。さらにアプストは、経験豊富な開発チームを抱えており中には、イーサリアム、カルダノ、ソラナといった旧来の代替品と同じ機能の多くを果たすことができる、極めて高性能なブロックチェーン・ネットワークを構築したメンバーも在籍している。

アプトスは、Web3に大きな影響を及ぼすプロジェクトを目指している。包括的なSDK、迅速な取引確認、安価なネットワーク手数料を提供しているため、大規模企業にとって最適なネットワークとなりうる。これらの特徴は、オンチェーンサービスの立ち上げを目指す企業にとって魅力的だ。

より多くのビジネスがデジタル化にシフトする中、アプトスの革新的なアプローチは新たなスタンダードとなりつつある。このネットワークは、すべての取引において透明性と不変性を保証し、プラットフォーム上のすべてのやりとりの改ざん防止記録を可能にする。

【APTの魅力】
2022年11月に起きたFTXの悲劇以降、ソラナは苦境にあえいでいる一方、アプトスはトップ仮想通貨15に名乗りを挙げ注目を集めている。というのも、このネットワークは高性能なレイヤー1ブロックチェーンであり、機関レベルのdAppsをサポートするからだ。これは当初、ソラナによって実現されると考えられていたユースケースである。

アプトスは、大手投資家からの強力な後ろ盾と、開発者やユーザーを惹きつける魅力的なブロックチェーンエコシステムを有している。Web3における最新のレイヤー1ブロックチェーンの1つとして、多くの可能性を示していることは間違いない。

時間の経過とともにAPTは直近の高値を更新し、大きく値を伸ばすと予想される。APTの時価総額は、2021年の強気市場の頂点からソラナに匹敵する可能性がある。これは、現在の流通供給量では価格が400ドルを突破することを意味するものの、トークンのアンロックが予定されており、時間の経過とともにこの目標を下回る可能性もある。

サンドボックス(SAND)ユーザー生成コンテンツの収益化を可能にする仮想現実メタバース

サンドボックスは、ユーザーに没入感のあるインタラクティブな体験を提供するブロックチェーンベースの仮想現実ゲームプラットフォームである。ネイティブトークンである SANDを活用することで、サンドボックスはプレイヤーにプラットフォーム内での仮想土地の売買や取引を可能にし、カスタムゲームや体験を作成する機会を提供する。

サンドボックスが完全に分散化されているため、ゲームプレイヤーは自分の作品を管理することができる。これにより、ユーザーは統合されたピアツーピアマーケットプレイスで互いに取引することにより、自分の作品を思いのまま収益化することができる。

その広大なネットワークと成長するコミュニティにより、SANDはブロックチェーン技術の世界で最も革新的で興味深いゲームプラットフォームの1つである。NFTはゲームに不可欠なものであり、すべての創作物は生まれながらにして金銭的価値を持つ1点もののトークンとして鋳造される。

サンドボックスは、ブロックチェーンがいかにプレーイヤーに力を与えるかを示す一例だ。CS:GOのような従来のゲームプラットフォームでは、スキンやカスタマイズ可能なアイテムが数万ドルで取引されることがあるようにプレイヤー間で取引可能なゲーム内アイテムに対する実際の需要があることは明らかです。これは、ブロックチェーンとNFTにとって大きな成長機会となる。

【SANDの魅力】
サンドボックスのエコシステムは、さまざまなデジタル資産が含まれているが、SANDはそれらすべてを支えている。デジタル資産の一つであるLAND NFTは様々な方法で購入、変更することができ、ゲーム内でカスタマイズ可能なものを作成、鋳造し、マーケットプレイスでの販売が可能だが、SANDはすべての取引を促進するために使用される。

これにより、SANDトークンは最先端のGameFiプラットフォームで生来の有用性を発揮する。現在サンドボックスは、時価総額で最も価値のあるGameFiプロジェクトであり、加えて最近の値動きの悪さは、長期投資にとって有利なエントリーレベルとなりうる。

ぺぺ(PEPE)次世代のミームコインがドッグコインを超える

ぺぺ(PEPE)は最近、市場で話題を呼んでいる仮想通貨である。古典的なミームコインであるものの、市場に出回っている旧来のトークンとは大きな違いがある。

手始めに、ぺぺがインスピレーションとして使用しているカエルのペペは、現在世界中のインターネットユーザーに最も人気のあるミームである。これは、2023年4月にぺぺが急騰し、毎日2倍の価値が持続した急速な普及の原動力と見ることができる。

その爆発的な強気相場が落ち着いた頃には、なんと時価総額は10億ドル近くに達していた。実用性に欠けるとして否定する考えもあるかもしれないが、頂点への急上昇は間違いなく特別なものだった。

以前に比べて熱気は落ち着いたもののぺぺへの注目はなくなる事はない。すでにWeb3で名を馳せたこの銘柄は、仮想通貨ランキングのトップ100にランクインしている。伝統的なミームコインにユニークなスピンを加えたぺぺは、次の強気相場に先駆けて注目しておく価値のある仮想通貨である。

【ぺぺの魅力】
ミームコインは常にハイリスク、ハイリターンの投資である。しかしぺぺの場合、短期間で広く知られたプロジェクトになったことで、起こりうるリスクを軽減した可能性がある。

多くのミームコインは、投資家に価値をもたらすためにマーケティングに依存しているため、ぺぺは競合他社よりも早くから優位に立っている。この新しいミームコインを取り巻く物語は有名であり、トレーダーが将来価値を予測する中で、今後も長い間流動性を集め続けるだろう。

アービトラム(ARB)TVLが最も高いイーサリアムのレイヤー2

アービトラムは、イーサリアム向けのレイヤー2スケーリングソリューションとして、分散型アプリケーションのスループットと効率を向上させることを目的としている。 イーサリアムのメインネットのセキュリティと信頼性を維持しながら、迅速な取引時間を実現している。

アービトラムのネイティブトークンであるARBは、2023年の3月に待望のエアドロップが行われた。ARBはエコシステムのガバナンストークンで、Arbitrum Foundationと呼ばれるDAOによって運営されている。

革新的なスケーリングアプローチと強固なセキュリティ対策により、アービトラムはイーサリアムを取り巻く環境の最適化を目指す開発者やユーザーにとって、頼りになるソリューションになりつつある。このネットワークは、イーサリアムのレイヤー2ネットワークの中で、ポリゴン(MATIC)とオプティミズム(OP)を抑えて、最も高いトータルバリューロック(TVL)を持っている。

オプティミズムのように、そしてZK-Syncとは異なる、アービトラムはイーサリアム上のトランザクションを高速化するために楽観的ロールアップとして知られる方法を使用する。

ZK-Syncがスケーラビリティを向上のためにゼロ知識証明を使用するのに対し、アービトラムはトランザクションをロールアップし、出力のみをイーサリアムのメインネットに記録し、イーサリアムのレイヤー1の煩雑なコンセンサスプロセスを回避する。

【ARBの魅力】
アービトラムは、低コストの取引と迅速な最終処理により、多くのDeFiアプリケーションの本拠地である。このため、オンチェーントレーダーにとっても理想的な選択肢となっており、アービトラムは仮想通貨関連取引をサポートするdAppsの活動の中心地となっている。

ARBトークンはWeb3の世界では真新しく、台頭するコシステムを象徴しているため、長期的に高いポテンシャルを持つと広く考えられている。2023年に最も急成長する有力な選択肢となるかもしれない。

仮想通貨に投資する際、他に考慮すべき点とは?

実用性と需要:限られた供給量のトークノミクスにとって最も重要な考慮事項

Web3の多くの仮想通貨銘柄は、2009年にビットコインのプルーフオブワークのコンセンサスプロトコルによって初めて一般化された概念であるデジタル希少性をモデルとしている。デジタルの希少性は、各資産の固定された総供給量に依存しており、これはすべてのブロックチェーンプロトコルの基礎にコード化することができる。

ほとんどの仮想通貨は供給が固定されているため、投資家が銘柄の調査中に問うべきは何が需要を牽引しているのか?である。供給が固定されているため、すべての値動きは需要の増加によって直接決定される。

仮想通貨用語における需要とは、買い手から売り手を引いたものであり、総ユーザーの増加も意味する。成功する銘柄は、数年にわたる持続的な需要の増加を持つ。

安全保障と規制:特定の管轄区域におけるプロジェクトが障害となる可能性

投資家の信頼に影響を与え、特定のトークンやプロジェクトの売り手の数を増やし、買い手の数を減らす可能性があるため、最新の暗号通貨規制ニュースを常に最新の状態に保つ必要がある。

世界中の司法管轄区域の中には、仮想通貨に関する有利な法律を制定しているところもあれば、断固として反対しているところもあり、また業界特有の法律がないところがほとんどである。ブロックチェーン技術と仮想通貨は一般的に分類が正しいとは言えず、従来の中央集権的なシステムの門番たちからよく思われないことが多い。

仮想通貨規制は、世界中の特定の場所でのトークンのアクセス可能性のレベルを決定することができる。規制当局がCEXオフランプの凍結を決定した場合、CEXは他の国やVPNを持つユーザーにしかサービスを提供できなくなる。これにより、一部のユーザーは不便を強いられ、新たな投資家がこの分野に参加する意欲をなくす可能性が出てくる。

投資家はそのような事態に備えて、複数のウォレットや銀行口座に資産を分散させ、金融の安全性を最大限に高めることが重要だ。これは、投資家が伝統的な金融と分散型金融のどちらを評価しているかに関係なく言えることで、カウンターパーティリスクはどちらにも存在するからだ。

結論:2023年に成長が期待される銘柄

今年成長に期待され、台頭してきた仮想通貨のひとつがCHANCERである。チャンサープラットフォームは、オンラインベッティングにおける革命的な開発であり、すべてのベッターが不利なブックメーキングを回避することを可能にする。プレセールは始まったばかりであるが、人気を集め始めている。

AIを搭載した斬新な柴ミームコインは、時間の経過とともに中小企業の状況を変える可能性がある。自動化されたプロトコルが共有するオープンソースの分析は、ブロックチェーン上の消費者の活動に対する洞察を提供するのに役立つ可能性がある。同時にSHMU自体も自動化されたマーケティングのおかげで投資を呼び込む準備が整っているようだ。

第三にアルトシグナルは、 Web3で最も魅力的なトレーディングツールキットの1つとして浮上している。 新しいアルゴリズム指標であるActualizeAIは、最先端のAI技術を使用して、ユーザーに有益なトレーディングシグナルを生成する。

リストに掲載されたトークンはすべて、将来への計り知れない期待を示している。それぞれが急成長中のプロジェクトに関連しており、弱気市場からのWeb3の回復において重要な役割を果たす可能性がある。重要なのは、どのトークンが最も高いROIを生み出すかにある。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

Meme Kombatのプレセールが最終段階へ、トレーダーたちはローンチ後の価格上昇に期待

Meme Kombatのプレセールが最終段階へ、トレーダーたちはローンチ後の価格上昇に期待

話題を集めるメタケード(MCADE)が絶賛プレセール中

話題を集めるメタケード(MCADE)が絶賛プレセール中

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

注目度の高い仮想通貨ニュース

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

価格上昇のサイン?取引所のBTC・ETH残高が「過去数年の最低水準」まで減少

価格上昇のサイン?取引所のBTC・ETH残高が「過去数年の最低水準」まで減少

OKCoinJapan「逆指値注文」の機能追加|PayPay銀行取扱終了の報告も

OKCoinJapan「逆指値注文」の機能追加|PayPay銀行取扱終了の報告も

モッピーポイント「SOL・ZPGなど仮想通貨4銘柄」と交換可能に

モッピーポイント「SOL・ZPGなど仮想通貨4銘柄」と交換可能に

ハムスターコンバットがロシアで禁止となるか、代わりにPlayDogeが注目を集める

ハムスターコンバットがロシアで禁止となるか、代わりにPlayDogeが注目を集める

プレセールで200万ドルの資金調達に成功した注目の新BRC-20トークン99Bitcoins

プレセールで200万ドルの資金調達に成功した注目の新BRC-20トークン99Bitcoins

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

金融庁:仮想通貨取引所「LBank Exchange」に警告

金融庁:仮想通貨取引所「LBank Exchange」に警告

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

PayPalのステーブルコイン「PYUSD」ソラナ上でも利用可能に|機密送金機能も提供

PayPalのステーブルコイン「PYUSD」ソラナ上でも利用可能に|機密送金機能も提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す