米SEC:未登録証券販売の疑いで「NFT関連企業」を初告発|内部からの反対意見も

by BITTIMES

投資家へのNFT販売方法などを問題視

米国証券取引委員会(SEC)は2023年8月28日に「Founder's Keys」と呼ばれるNFTを販売していたロサンゼルスのメディア・エンターテイメント企業「Impact Theory」を未登録証券を販売した疑いで告発したことを発表しました。

米SECはこれまでにも複数の暗号資産関連企業を告発していましたが、NFTプロジェクトが未登録証券販売の容疑で告発されるのは今回が初となります。

公式発表によると、Impact Theoryは2021年10月〜12月にかけてNFTを数百人の投資家に販売し、合計約3,000万ドル(約44億円)を調達したとされています。

SECは、Impact TheoryがNFT販売時に「Founder's Keysの購入はビジネスへの投資とみなされるべき」として、同社が成功した際にNFT購入者が利益を得られると主張していたことを問題視しています。

具体的には「Impact Theoryは次のディズニーを築こうとしていて、これが成功すればNFT購入者に大きな価値がもたらされる」といった内容の宣伝が行われていたとのことで、このようなことからFounder's Keysは証券に該当すると判断されています。

Impact Theoryは罰金支払いなどに同意

米SECは今回の発表で「Impact Theoryは米SECの調査結果を認めも否定もせずに、総額約610万ドル(約9億円)以上の不当利得・判決前利息・民事罰金を支払うことに同意した」とも報告しています。

米SECの命令には「NFT購入者が支払った資金を返還するための基金を設立すること」も定められているとのことで、Impact Theoryは以下のようなことにも同意したと説明されています。

  • 保有・管理している全ての「Founder's Key」を廃棄すること
  • 今回の命令を自社のウェブサイトとソーシャルメディアチャンネルに掲載すること
  • Founder's Key関連の二次市場取引で得られる可能性のあるロイヤルティを受け取らないこと

米SEC内部からの反対意見も

米SECがNFTに対して初の法的執行措置をとったことによって、今後はその他のNFTプロジェクトも提訴される可能性があると懸念されていますが、今回の判断に対してはSEC内部からも反対意見が出ています。

反対意見の声明を出したのは「クリプト・ママ」として知られるヘスター・パース委員とマーク・ウエダ委員で『今回の事案は、SECが新たなNFT訴訟を起こす前に取り組むべき大きな問題を提起している』と指摘されています。

パース委員らは「Impact Theoryが誇大広告で資金調達していたこと」に対しては同様に懸念を抱いているとのことですが、「この懸念は米SECの管轄に今回の問題を持ち込む十分な根拠にはならない」とも述べています。

また「命令で引用された企業やNFT購入者の発言は、投資契約を形成する種類の約束ではない」とも説明、「時計や絵画などの収集品でもブランドの人気が高まることによって再販価値が高まる場合があるが、SECがそのようなケースで訴訟を起こすことはない」と指摘しています。

パース委員らは「今回の件はNFTに関する初めてのものであるため、この強制措置は多くの難しい問題を提起している」と述べており、「委員会はNFTが普及し始めた当初にガイダンスを提供すべきだった」ともコメントしています。

>>規制関連の最新記事はこちら

米SEC発表①米SEC発表②

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JCBA×JVCEA「2021年度の暗号資産税制改正」に関する要望書を共同作成

JCBA×JVCEA「2021年度の暗号資産税制改正」に関する要望書を共同作成

BITTREX:CARDANO(ADA)とZcash(ZEC)の米ドル取引を追加へ

BITTREX:CARDANO(ADA)とZcash(ZEC)の米ドル取引を追加へ

ビットコインを担保に資金融資「デジタルアセット担保ローン」提供開始:Fintertech

ビットコインを担保に資金融資「デジタルアセット担保ローン」提供開始:Fintertech

OKCoinJapan:学生の取引手数料を無料化「学割キャンペーン」開催へ

OKCoinJapan:学生の取引手数料を無料化「学割キャンペーン」開催へ

スマホ向けウォレットアプリ「Symbol Wallet v2.0.0」ベータ版公開

スマホ向けウォレットアプリ「Symbol Wallet v2.0.0」ベータ版公開

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す