似たようなコインにはもう飽きた? 新たな投資先として期待されるチャンサーの可能性

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

2023年に数多くの仮想通貨が登場し、それぞれが今年投資すべき最高の仮想通貨の座を争っている。飽和状態の取引所やミームコイン、ブロックチェーンプロバイダーとは異なるものを求める投資家には他に多くの選択肢がある。

全く新しい分散型オンラインベッティング・プラットフォームのチャンサー(Chancer)は、その傑出したICOで既に100万ドル以上を調達している。

この市場に突如として現れた新星は、購入すべき仮想通貨のタイトルを勝ち取るべく、市場やオッズを作り出す中央集権的組織が支配を続けている従来のオンラインベッティングの状況を破壊することを目指している。

プレセールで勢いを増しているチャンサー、この仮想通貨プロジェクトはどのような可能性を秘めているのだろうか?詳しくみていこう。

チャンサー(Chancer)とは?

チャンサー(Chancer)は、今や600億ドル規模さらに2030年には1500億ドル規模に成長すると予想されるオンライン・ギャンブル市場をターゲットとしている。加えてチャンサーは、典型的な仮想通貨プロジェクトとは一線を画している。

オンラインベッティング業界とブロックチェーン業界を揺るがすチャンサーは、従来のブックメーカーが課していた足かせを外すことで、ユーザーがオンラインベッティングの経験をコントロールできるようなサービスを提供する。

オンラインベッティングのファンであり、ビジネス起業家でもあるアダムとポール・ケルビーによって発案されたチャンサーは、ベット・マニアによるベット・ファンのためのプラットフォームである。

兄弟は互いに友好的な賭けを楽しんでおり、より広いチャンサー・コミュニティでも同じこと望んでいる。ホットウィングを食べることから、FIFAで全選手に挑むことまで、ケルビー兄弟はフレンドリーな競争とちょっとした優しい冗談が大好きだ。

チャンサーは、分散型のオンライン予想プラットフォームを提供しており、ユーザーはカスタムシナリオに特注のベッティングマーケットを作成することができる。

これは、友人や家族間の楽しい賭けから、スーパーボールの次期MVPのような世界的イベント、ドナルドトランプの政治的カムバックが最終的に水泡に帰すかどうかまで、多岐にわたる。他にはない、純粋な参加型でカスタマイズされたベッティング環境を提供することで、投資検討に値する銘柄へと歩みを進めている。

このユニークなピアツーピア(P2P)モデルは、オンラインベッティングの場合、偏った仲介者を排除します。P2Pモデルにより、ユーザーは他の参加者と直接連絡を取り合い、ベットやオッズをコントロールすることができる。

チャンサーは、公平性と包括性に完全に焦点を当て利益の1~2%を地域社会が選んだ慈善団体に寄付しています。社会的良心を持つベッティング会社とは斬新で新しい形ではないだろうか。

チャンサーの仕組みについて

CHANCERトークンは、チャンサープラットフォームで行われる全ての活動を支え、その豊富な機能を引き出す鍵となる。エコシステムで行う賭け、賞金の受け取り、さらに報酬を得るためにトークンを必要とする。

さらに、トークンは革新的なShare2Earn機能を通じてユーザーの参加を促すために使用される。例えば、より多くのベッティングマーケットの作成、フォロワーを増やす活動、新規ユーザーの奨励、そしてチャンサーコミュニティに参加したユーザーは、活動の報酬としてトークンを獲得できる。

透明性は、ケルビー兄弟の安全性とユーザーエクスペリエンスへのコミットメントをよく現している。すべての取引はバイナンススマートチェーン(BSC)上のスマートコントラクトを使用して実行され、完全な透明性と完全に不変の元帳を提供します。

さらにチャンサーは、ライブ配信とリアルタイム更新のためにグーグルの優れたWebRTCソフトウェアを統合し、ユーザー間のアクセス可能なコミュニケーションと対話を可能にした。ユーザーは、自分がベットしたイベントが目の前でリアルタイムに展開されるのを見ながら、新しいベットが現れるのを待つことができる。

仮想通貨業界で大きな成長を遂げることを目指しているチャンサーは、ユーザーフレンドリーで直感的なP2Pモデル、安全なエコシステム、そして指数関数的に成長する可能性の上に構築されている。

チャンサーはユニークなユースケースで大きく成長する可能性を秘めているため、今後は多くの人々がチャンサーのエコシステムに参加し、仮想通貨業界で大きな成功を収める可能性があると期待されている。

チャンサーはどこまで飛べるのか?

チャンサーは、先日プレセールを開始した。全12段が予定されており、0.01ドルから始まり最終的には0.021まで上昇する。プレセールが終了次第、CHANCERはビットマートへ上場され、一般の人々にも解放される。

ユニークで革新的なプラットフォームと、ユーザーが楽しめるパーソナライズされたベッティング環境の提供を踏まえて、アナリストはより広範な仮想通貨市場にトークンが与える影響を探り始めている。

価格予測では、トークンの需要が急増するにつれてチャンサーが増殖し、急速に価値が高まることが示唆されている。一部のアナリストは、CHANCERは今年中に0.25ドルに達し、2025年には1ドルを超えて成長し続けると予測している。

チャンサーは投資先の1つになる銘柄?

投資検討に値する銘柄になるというCHANCERの希望は、魅力的なプレセールによって生み出された勢いによって後押しされ、すでに170万ドルもの資金を調達している。

これは、トークンのユースケースと有利なトークノミクスはもちろんのこと、オンラインベッティング市場で波紋を呼びそうなプラットフォームの珍しいセットアップのおかげでもある。

また、ユーザーに力を与えることで、このプラットフォームを業界の最前線に押し上げるというコミットメントもある。現在の0.011ドルの価格は、非常に健全な価値に見える。

実際、チャンサーのコミュニティとの関わりに重点を置いており、ICO期間中いくつかの豪華イベントを発表した。

10万ドルのトークンを10人の幸運な当選者で分け合うという信じられないような景品抽選会を始め、チャンサーの魅力は仮想通貨ファンやオンラインベッティングのファンのみならず大勢のユーザーを魅了する。

チャンサーのプレセールは、ウサインボルト選手のごとく素晴らしいスタートを切っている。チャンサーの詳細は以下の公式サイトで確認することが可能だ。

CHANCERの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年の始まりと共にビットコインの前向きなニュース|メタケードも勢いに乗れるのか

2023年の始まりと共にビットコインの前向きなニュース|メタケードも勢いに乗れるのか

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

驚くべき月収、CoinExアンバサダー(先物特別プログラム)とは?

驚くべき月収、CoinExアンバサダー(先物特別プログラム)とは?

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixがプレセールで1000万ドルを達成

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixがプレセールで1000万ドルを達成

2023年9月:プレセール開催中の仮想通貨5選

2023年9月:プレセール開催中の仮想通貨5選

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す