ビットコインを「リトルリスク」と呼ぶ英国メディア

by BITTIMES   

3月に入り、イギリスで面白い出来事が起き始めている。
英国の主要メディア企業であるインディペンデントがビットコインの「公正な報道」をし始めているのだ。
過去 8年間、同国メディアはビットコインに対して「否」のスタンスで、通貨としての歴史的な薄さや構造・仕組みなどを批判的に報道を繰り返してきた。
特に先日の中国取引所による暴落の時はパニックに近いような報道を繰り広げ、メディア・コメンテーターはビットコインを「管理者不在」として痛烈に批判した。

英国メディア「ビットコインはリトルリスクだ」

英国メディア会社インディペンデントは、ビットコインに関する報道を公正かつ平等に行なっている数少ない企業の 1つだ。
同社は、ビットコインに関してその業界・価格・企業分析・仕組み・テクノロジー・基本的な構造などをフェアに英国民に報道し続けている。
特に「リスクが小さいこと」と「金融システムの革命」という部分に関しては、テクノロジーに疎い国民にも伝わるように丁寧かつ強く伝えている。

インディペンデントが伝える「安全性」

インディペンデントの報道の信頼性が高いのは、英国民に丁寧にビットコインの仕組みを伝えるためにい論文まで用意をしていることだ。
現在の金融システムとの違いや現段階での共存性、匿名性による安全性などを詳しく記述し説明している。
インディペンデントは、これからもビットコインの報道を「公正に」行える数少ないメディアとして活躍していくだろう。
日本でもこのような報道が増えることを祈るばかりだ。

大きく出遅れているイギリス

実はイギリスはビットコイン後進国だ。
3月6日の今日の取引量はわずか、6800万円(全体の 0.42%)であり、同日の日本の取引量が 86億円だったことを考えると市場規模は日本の 100分の1 以下である。
通貨のランキングでも英ポンドは、11位と取引量だけでいえば市場規模はまだまだ小さい。
先の EU 離脱の時はポンド不安が広がり価格が下がったが、ビットコインは安定していたことから、国民の期待を受けていると報道されていたが、現実はあまり芳しくないようだ。
EU 離脱のような世界経済が混乱を人々が経験すればするほど、ビットコインはより安全な投資対象として見られる。

ビットコインと経済危機

ここ 1〜2年の経済危機だけでも、プエルトリコは 1000億円に近いを借金をデフォルトし、メキシコ中央銀行はレートを無理やり上げペソの崩壊を食い止めようとしている。
アメリカでは近々金利が上がる可能性も高く、日本では過去 30年間経済成長がストップしたままだ。
このような経済危機に弱い通常の通貨と比べ、ビットコインは新たな”「セーフ・ヘイブン(資産の安全な避難場所)」として金と同じような扱いを受け始めている。
混乱を見せる時代において国が発行する通貨よりも堅牢な価格安定性を維持しているビットコインは未だかつてない程に存在感を増してきている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月27日〜6月2日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月27日〜6月2日

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

ゲーム中に「仮想通貨マイニングイベント」を開催|NBAチーム:ヒューストン・ロケッツ

ゲーム中に「仮想通貨マイニングイベント」を開催|NBAチーム:ヒューストン・ロケッツ

ブロックチェーンアイランド、マルタで仮想通貨関連の3法案が第2読会を通過

ブロックチェーンアイランド、マルタで仮想通貨関連の3法案が第2読会を通過

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

注目度の高い仮想通貨ニュース

Telegram:デスクトップPC向け「Gram Wallet」のテスト版を公開

Telegram:デスクトップPC向け「Gram Wallet」のテスト版を公開

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

カカオのブロックチェーンKlaytnに「8つのゲーム系BApp」が参加

カカオのブロックチェーンKlaytnに「8つのゲーム系BApp」が参加

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

Web3.0とは?ブロックチェーン・仮想通貨がもたらす「次世代のインターネット」

Web3.0とは?ブロックチェーン・仮想通貨がもたらす「次世代のインターネット」

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す