Flare(FLR)価格急騰|ネットワークを支えるFTSOに「Google Cloud」が参加

by BITTIMES

FlareのFTSOに「Google Cloud」が参加

Flare Network(FLR)は2024年1月15日に、Flareネットワークを支えるFlare Time Series Oracle(FTSO)として「Google Cloud」が参加したことを発表しました。

Flare Time Series Oracle(FTSO)とは、Flareネットワークのバリデータとして機能する組織のことであり、Flareブロックチェーンにおける新しいブロックの検証を担当、仮想通貨FLR保有者はFTSOへの委任作業を行うことによってステーキング報酬を獲得することができます。

FLRのステーキングは「Flare Portal」や「Bifrost Wallet」を通じて行うことが可能で、保有するFLRをWFLRに変換して、好きなFTSOに委任することで「FTSO委任報酬」と「FlareDrop分配金」を受け取ることが可能です(FlareDrop分配金は2026年1月30日まで配布)。

現在はFTSO選択画面に「Google Cloud」が追加されているため、希望する場合にはGoogle Cloudに委任することもできます。

資金面・技術面でも協力

今回の発表では、Google CloudがFlareのインフラストラクチャー・プロバイダーとして参加したことも発表されています。

Flareはインフラストラクチャー・プロバイダーの役割について「Flareと他チェーン上の分散型アプリケーション(DApps)に、価格や時系列データ・ブロックチェーンのイベントや状態データ・Web2 APIデータなどの分散型データへの高品質なアクセスを提供するというFlareのミッションにとって非常に重要である」と説明しています。

また、FlareはGoogle Cloudのスタートアップ支援プログラムである「Google for Startups Cloud Program」にも参加したため、Flareを利用する開発者はGoogle Cloudやパートナーからの資金的・技術的サポートを受けることができるようになったとも報告されています。

Flareの共同設立者兼CEOであるヒューゴ・フィリオン氏と、Google CloudのWeb3担当責任者であるジェームス・トロマンズ氏は、今回の参加について次のようにコメントしています。

【Flare:ヒューゴ・フィリオン氏】
データのためのブロックチェーンとして、Google CloudがFlareに貢献するインフラプロバイダーの既存の分散型ネットワークに加わることをうれしく思います。私たちが協力することで、分散型データを中核に据えた、より強固な分散型スマートコントラクト・プラットフォームを提供することができるでしょう。

ブロックチェーン分野における既存のユーティリティの多くは、分散型計算と外部データとの結びつきから来ていますが、既存のオラクル・システムは、分散化しにくく、使用コストが高く、スケーリングが困難で、レイテンシが大きいという重大な欠点に悩まされています。

Flareは分散型データ取得に最適化された唯一のスマートコントラクトプラットフォームであり、Flareのオラクルはネットワークの構造に組み込まれているため 金融投機を超えた、より関連性の高い新しいユースケースを構築するために開発者が必要なすべてのデータを提供することができます。

【Google Cloud:ジェームス・トロマンズ氏】
関連性の高いブロックチェーンのユースケースを増やし、技術をよりグローバルに普及させるためには、スケールの大きなデータアクセスが重要です。Google CloudがFlareネットワークのバリデーターになることで、そのミッションをサポートすることができるでしょう。

発表後にFLR価格は急騰

仮想通貨FLRの価格は先日15日時点で0.017ドル(約2.48円)となっていたものの、今回の発表を受けて価格が0.024ドル(約3.50円)まで急騰、記事執筆時点の価格は「1FLR=0.022ドル(約3.21円)」となっています。

2024年1月7日〜2024年1月16日 FLR/USDの1時間足チャート(画像:TradingView)2024年1月7日〜2024年1月16日 FLR/USDの1時間足チャート(画像:TradingView)

>>Flare関連の最新記事はこちら

Flare発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルビー「NFTのおまけ付きポテトチップス」販売開始|Astar Networkの技術活用

カルビー「NFTのおまけ付きポテトチップス」販売開始|Astar Networkの技術活用

「ビットコイン=環境に悪い」は時代遅れ?マイニングの持続可能エネルギー使用率が過去最高レベルに

「ビットコイン=環境に悪い」は時代遅れ?マイニングの持続可能エネルギー使用率が過去最高レベルに

米大手保険会社「MassMutual」ビットコイン(BTC)に100億円を投資

米大手保険会社「MassMutual」ビットコイン(BTC)に100億円を投資

BINANCE CEO「米SECのBNB調査」についてコメント

BINANCE CEO「米SECのBNB調査」についてコメント

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

DeFi:5年後にはどうなっているのか

DeFi:5年後にはどうなっているのか

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

BTC・ETH・SHIB・MATICが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・ETH・SHIB・MATICが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

ビットコインドック新記録達成:開始わずか24時間で120万ドル以上を調達

ビットコインドック新記録達成:開始わずか24時間で120万ドル以上を調達

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

仮想通貨の分散化レベルランキング|トップ3は「ETH・ADA・AVAX」

仮想通貨の分散化レベルランキング|トップ3は「ETH・ADA・AVAX」

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

マイクロストラテジー「公式X乗っ取り」の被害に|仮想通貨の盗難報告も

マイクロストラテジー「公式X乗っ取り」の被害に|仮想通貨の盗難報告も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す