Flare Network:総供給量の約2%「21億FLR」をバーン

by BITTIMES   

FLRトークンの希薄化を防ぐ狙い

Flare Networkは2023年10月13日に、FLRトークンの総供給量の約2%に相当する「21億FLR」をバーンすることを発表しました。

このバーンは「エコシステムの健全性をサポートすること」を目的としたもので、「これによってコミュニティが保有するトークンの希薄化が防止され、新規ユーザーがネットワークに参加するインセンティブが高まる」と説明されています。

バーン(焼却処分)とは、誰もアクセスできないウォレットアドレスに仮想通貨を送金して、その仮想通貨を二度と利用できないようにする行為のことを指します。バーンされた仮想通貨は事実上消滅することになるため、対象通貨の供給量が減り、通貨の希少価値が高まる仕組みとなっています。

FlareでバーンされるFLRトークンは「Flareの初期支援者」に割り当てられていたもので、最初のFlare改善提案(FIP.01)が株主へのトークン割り当てにどのような影響を与えるかについて、Flareがこれらの団体と合意に達した後、これらのトークンは配布されなくなると説明されています。

具体的には最初に「198,880,170.19 FLR」のバーンを実施、その後は現在段階的に実施されているFLR配布が完了する2026年1月までの期間にかけて「66,293,390.06 FLR」が毎月バーンされていくように設定されています。

複数年にわたるバーンの結果として、支援者は当初の割り当ての一部を受け取ることになるとのことで、これらの残りトークンは今週初めに支援者に提供されたと報告されています。

Flareの共同創設者兼CEOであるHugo Philion氏は公式発表の中で次のようにコメントしています。

株主の皆様との合意に達したことを大変嬉しく思います。FIP.01で実施された変更により、投資家のトークン割り当てにも影響を与えることは正しいことです。このバーンがなければ、投資家はFlareDropsを通じて元の割り当ての約3倍を請求することができ、コミュニティの保有が不当に希薄化することになります。

我々が燃やす21億トークンは、投資家に対する当初のトークン割り当てのほぼ40%に相当します。これはFlareDropsの競争を減らし、すべてのエコシステム参加者の持ち株の希薄化を減らすでしょう。コミュニティにとって素晴らしいニュースです。

なお、Flare Networkのトークノミクスは変更を反映して更新されており、コミュニティへの割り当ては58.3%から59.6%に増加しているとも報告されています。

36ヶ月間にわたって実施されているFLRトークンの配布は現在も続けられており、2023年10月13日には第8回目の配布が実施されています。

>>Flare関連の最新記事はこちら

Flare発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

東映アニメーション「The Sandbox」で新規事業スタート|先着1,000名Giveawayキャンペーンも

東映アニメーション「The Sandbox」で新規事業スタート|先着1,000名Giveawayキャンペーンも

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

メタプラネット「10億円分のビットコイン」を購入|追加購入予定の報告も【追記あり】

メタプラネット「10億円分のビットコイン」を購入|追加購入予定の報告も【追記あり】

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す