ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

日本のトレーダーたちは、2024年の強気相場が本格的に始まる前にトークンを買い集めようとしているようだ。世界中を見ても多くのトレーダーが今年大きな利益を上げる可能性のある有望なアルトコインを探している。

その中で知る人ぞ知る、市場を引っ張っていく可能性を秘めた世界初のノンカストディアル取引ボットである、ビットボット(Bitbot)に注目が集まっている。

近頃のテレグラム取引ボット分野の人気は鰻登りで、ビットボットはこれまでで最も先進的なソリューションのローンチを準備している。プレセールへの投資が急増しており、開始した1月中旬からこれまでに67万ドルが流入している。日本の仮想通貨トレーダーがビットボットに注目をしている理由はなぜなのか、解説していく。

テレグラムの取引ボットの台頭と論争

2024年の仮想通貨市場にて、テレグラム取引ボットが日本国内のトレーダーの新たなフロンティアとなりつつある。自動売買の複雑なプロセスを合理化し、何千もの仮想通貨投資コミュニティをホストしていることで有名なテレグラムアプリ内でユーザーフレンドリーでアクセスしやすいツールを提供する。

比較的最近の参入にもかかわらず、これらのボットはすでに80億ドルの取引高を記録しており、マエストロ、ユニボット、バナナガンなどがその先頭を走る。2024年1月には、取引量が月間で最も多く記録され、約16.5億ドルに達した。しかしながら、ボットの台頭には賛否両論が渦巻いている。

マエストロではユーザーは50万ドルのETHを失い、ユニボットのハッキングはそのトークンの急落を引き起こし、バナナガンはラグプルの影響でBANANAトークンの90%以上の崩壊を引き起こしたと言われている。これらの事件は、ユーザーの資産を預かることで、悪意のある行為者の攻撃にさらされやすくなっているという、顕著な問題を浮き彫りにしている。

ビットボットは、分野のゲームチェンジャーとなる。元ウォール街のトレーダーチームによって作られたビットボットは、世界初のノンカストディアル型取引ボットとして新たな基準を打ち立てた。オープンソースのセルフ・カストディ・ソリューションであるKnightSafeと提携し、取引が決済されるまでユーザーの資産を確実に手元に残す。

独自のAI主導型取引ツールと相まって、ビットボットは今年のテレグラム取引ボット市場をリードし、日本からのトレーダーにとってこれまで以上に安全で収益性の高いものとなるだろう。

ビットボット:最先端のテレグラム取引ソリューション

世界初のノンカストディアルテレグラム取引ボットとして、ビットボットは高度なアンチMEV(Miner Extractable Value)およびアンチラグプル技術を含む比類のないセキュリティ機能を備えている。これらのツールは、取引コスト操作や詐欺プロジェクトから投資家を守る

またビットボットのトークノミクスも、セキュリティへの確固たるコミットメントを示している。合計10億トークンの供給量の20%と14%がそれぞれ開発とマーケティングに割り当てられ、6ヶ月のクリフと12ヶ月のリニア排出スケジュールによって保護されている。

これはチームは1年間固定し、ラグプルのリスクを最小限に抑えることを目的としている。また、Solid Proofはスマートコントラクトを監査した後、ゴーサインを出した。

同様に、数回のタップだけで分散型取引所での取引を設定、管理、監視することができ、専用チャットで簡単に勝率や戦略を共有することができる。日本のトレーダーは、プレセール中に予定されているテクニカル・プロダクト・アドバイザーのアンドリュー・ジェイコブスのデモを心待ちにしている。

リアルタイムのマーケット情報は、BITBOTトークン保有者だけがアクセスできるアルファリストに正確にまとめられ、トークンが分散型取引所でヒットしたときに打つことができる。

一方でジェムスキャナーは、無数のアクティブなプレセールをふるいにかけ、最も有利な投資機会をピンポイントで見つけ出す。これは365日24時間体制で可能性の高いアルトコインを利用できるトレーダーの専門家チームを持つようなものだ。

ビットボットが日本のトレーダーから注目を集める

日本のトレーダーはビットボットを投資先の1つとして受け入れているようだ。全15ステージを予定しているビットボットプレセールが4ステージにまで到達したのは彼らの力添えあってのことだ。加えて1月中旬以来、すでに67万ドルを調達している。

彼らからの支持はビットボット独自のセキュリティ、アクセシビリティ、洗練された取引ツールの融合への強い関心の表れだ。もちろん他の要因もある。例えばコピートレーディングでは、コミュニティのトップトレーダーのウォレットを模範することができる。

一方、BITBOT保有者に日々の収益を最大50%分配することを約束する収益分配モデルや、紹介者の取引から生涯15%のリターンが得られる紹介プログラムなど、魅力は止まるところを知らない。また、分散型コミュニティガバナンスに参加する特権を獲得し、ビットボットの将来の方向性に関わることができる。

ビットボット2024年価格見通し

ビットコインが4月に半減したことやFRBの利下げ観測に支えられ、予想される2024年の強気相場が進行中と見られる中、テレグラム取引ボットの人気は今後数ヶ月で急上昇する可能性はある。

市場のリーダーであるユニボットは、2月に1日のアクティブユーザーが8,200人に急増し、12月のピーク時の993人から約10倍も増加した。セキュリティと取引ツールの改善に重点を置くビットボットは、ユニボットなどの競合他社から市場シェアを大きく奪い取る可能性がある。

一部の熱狂的な専門家は、ビットボットを現在のトップアルトコインのひとつと考えているようだ。現在、プレセールでは0.0116ドルの価格、終了時には0.0200ドルと予定されているが、市場で拡大するに連れて大きな成長を見せるポテンシャルがあると見ている。

ビットボットは2024年のトップアルトコインに仲間入り?

まとめると、日本のトレーダーがビットボットプレセールに注目している理由は明白だ。成長するテレグラム取引市場、強気な市場環境、強力なプレセールサポート、そしておそらく最も重要になる競合他社の過ちを真剣に改善する製品である。

社会的な数字もこの考えを裏付けている。 4週間前にプレセールを開始して以来、ビットボットは9万人以上のXフォロワー6,000人以上のTelegramメンバーを獲得している。

プレセールは急速に完売しており、ビットボットのプレセールの終了前に81.82%の含み益を得ることができる。興味をもった投資家はプレセール終了後の成長に期待しているようだ。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ETF承認でBTCが急騰、Bitcoin Minetrixのプレセールは800万ドルを達成

ETF承認でBTCが急騰、Bitcoin Minetrixのプレセールは800万ドルを達成

Finbloxが主要取引所に登場した一方、Chancerはプレセールを開始|脚光を浴びる2つのプロジェクト

Finbloxが主要取引所に登場した一方、Chancerはプレセールを開始|脚光を浴びる2つのプロジェクト

仮想通貨ICOニュース:ミームネイターのプレセールが残りわずかに

仮想通貨ICOニュース:ミームネイターのプレセールが残りわずかに

2023年〜2030年のメタケード(MCADE)価格予測|UniswapやBitMart上場後に上昇するのか?

2023年〜2030年のメタケード(MCADE)価格予測|UniswapやBitMart上場後に上昇するのか?

120万ドルを調達したチャンサー(CHANCER)が投資機会の候補として浮上

120万ドルを調達したチャンサー(CHANCER)が投資機会の候補として浮上

ChatGPTによる価格予測:2024年に成長が見込まれる2コイン

ChatGPTによる価格予測:2024年に成長が見込まれる2コイン

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す