ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

DaoChainと業務提携しているビットコインレイヤー2プロジェクトBEVMは、1000万ドルの資金調達に成功したと公式に発表しました。3月25日、BEVMは正式にメインネットをローンチし、同月の28日にGenesis Boxフリーミント・プログラムを始めました。

ビットコインのスポットETFが承認され、半減期が近づくにつれて、ビットコイン価格は2月初めの43,000ドルから73,000ドルに急上昇し、70%の増加を記録しました。同時に、市場はビットコインのエコシステム構築にも高い関心を寄せており、中でもビットコインレイヤー2に対する期待が高まっています。

現在、BEVMはEVMと互換性のあるビットコインレイヤー2ソリューションとして、海外ブロックチェーン技術者達の注目を集めており、ビットコインユーティリティに対する莫大な市場ニーズを満たせる受け皿として期待されています。

ビットコインレイヤー2プロジェクトの現状と課題

ビットコインレイヤー2は、まだ日本web3技術者達に深く認知されておらず、関連プロジェクトもほんのわずかしかありません。一方、海外ではすでにビットコインレイヤー2ソリューションが続々と現れており、現段階、既にブランディングを確立したプロジェクトは30個以上、新規参入を準備しているプロジェクトが60個以上を超えています。言い換えれば、資本はビットコインレイヤー2を選択しているわけです。

先ほど、ビットコインレイヤー2ソリューションとして一括りに紹介しましたが、細分化すると、Rollup、サイドチェーン、チャネル、クライアント検証などなどに分かれていますが、BEVMはサイドチェーン分野に当たります。

現在、ビットコインレイヤー2ソリューションのうち、サイドチェーンとして有名なプロジェクトは、BEVM、MAP Protocal、Merlin Protocol、ckBTC、Libre、Rootstock、Stacks、Liquid Network、Babylon、Drivechain、SatoshiVM、BitBoltなどなどがあり、そのうちBEVMは一番有力なプロジェクトとして注目されています。

原因は、今までビットコインレイヤー2ソリューションは、3つの課題に取り組んできましたが、次の通りです。

  • レイヤー1のビットコインを完全分散化形式でレイヤー2にブリッジする方法とは?
  • ビットコインレイヤー2が、レイヤー1メインネットユーザー達のコンセンサスと支持を獲得するための方法とは?
  • ビットコインレイヤー2は、如何にして開発者とユーザーに利便性を与えるべきか?

上記3つの課題に対するソリューションとして生まれたのがBEVMです。

BEVMとは

BEVMは、ビットコインのスケーラビリティを高めるために2017年から研究されているプロジェクトで、ビットコインエコシステムにおいて重要な役割を果たしています。BEVMは、Taprootコンセンサスに基づいており、ビットコインをガスとして使用する完全分散化、かつEVMと互換性のあるソリューションです。

2021年、ビットコインのTaprootアップグレードに伴い、BEVMチームはSchnorr署名、MASTコントラクト、SPV Node Networkという3つの主要なビットコインネイティブ技術を統合しました。

これにより、完全分散化カストディ、クロス・チェーンブリッジなどを可能にしたビットコインレイヤー2が構築され、ビットコインをより広範なアプリケーションに導入することが可能になりました。

さらに、EVMとの互換性により、イーサリアムエコシステムで動作するすべてのDAppsが、ビットコインレイヤー2上でシームレスに動作することができます。BEVMソリューションの特徴をまとめると、下記のようになります。

1.クロスチェーンメカニズム:

  • TaprootとPoSを用いて、BEVM上の資産を分散化形式でビットコインメインネットに移動。
  • BEVM上の資産をビットコインのメインネットに移動させる場合、BEVMのコンセンサスノードが取引の有効性を投票で検証。
  • 投票が通過すると、ビットコインのメインネットでTaprootトランザクションが生成され、クロスチェーンを実現。

2.ネットワークの安全性:

  • ビットコイン、若しくはBEVMトークンを用いてステーキング可能。
  • ステーキング中のビットコインの市場価値がBEVMトークンを上回る場合、ビットコインがネットワークを保護。
  • ステーキング中のBEVMトークンの市場価値がビットコインを上回る場合、BEVMトークンがネットワークを保護。
  • 両者が同等の場合、ネットワークの安全性はビットコインとBEVMトークンによって維持。

3.Taprootコンセンサスの役割:

  • Schnorr署名とMASTコントラクトを使用して、最大1,000個のTaprootアドレスが共同でビットコイン資産を管理。
  • MPC(Multi-Party Computation)に似ており、分散化クロスチェーンを実現。

4.Substateフレームワークの役割:

  • EVMエコシステムとの互換性を実現。
  • ビットコインをガス代として使用することが可能。

BEVMのアーキテクチャ

BEVMのアーキテクチャは、下から上に向かって4つの層に分けられます。

それぞれ、ビットコインのメインネットとBEVMチェーンの間の分散化インタラクション層、AuraとGrandpaを組み合わせたコンセンサス層、EVM互換のスマートコントラクト層、そしてSolidityプログラミング言語をサポートし、Dappを構築するアプリケーション層です。

(出典:BEVMホワイトペーパー)(出典:BEVMホワイトペーパー

BEVMエコシステム

メインネットのローンチから5日間経っており、各web3分野のアプリケーションが次々とBEVMに実装し始めています。

BEVMメインネットワークは現在安定して運用されており、資産を保有するチェーン上のユーザー数は60万人を突破し、エコシステム内のプロジェクト数は30以上を超えています。

BEVMの資金調達

BEVMプロジェクトは最近、1000万ドルの資金調達に成功しました。Aラウンド、Bラウンドを経て、現在企業評価額は30億ドルに達しました。この資金調達には約20人のヨーロッパとアメリカの投資家達が参加しました。

これらの投資家の中で、RockTree Capitalはアメリカに拠点を置く有名な暗号資産投資機関です。投資機関はOmer Ozdenによって設立されていますが、彼はZhenFund Global Venturesの国際パートナーでもあります。

RockTree Capitalは中国とアメリカの金融界に強い影響力があり、Omer Ozdenは以前Facebook(現Meta)の法律顧問、かつアメリカ議会のメンバーでもありました。RockTree CapitalはChainlink、Tron、dYdX、Fantom、Casperなど、多くの有名なweb3プロジェクトへの投資とインキュベーションで有名です。

RockTree Capital以外にも、BEVMプロジェクトにはMH Ventures、Celestia、Sei Network、Lineraなどの有名なプロジェクトも投資しています。

MapleblockはPolyhedra, DAO maker、Kraken、Huobiへの投資で知られており、Arkstream CapitalはAAVE、Flow、Manta、Particleなどへの投資で知られています。

ほかに、Waterdrip CapitalとSatoshi LabsもBEVM投資に参加しており、Viabtc Capitalも投資しています。

まとめ

  BEVMは、7年間の基礎作業とCanary Networkにおける10ヶ月間に及ぶ実践検証を経て、2024年3月28日に正式にメインネットをローンチすることに至りました。

これから、ビットコインレイヤー2の繫栄に伴って、様々なプロジェクトが参加することになるでしょう。BEVMはビットコインレイヤー2エコシステムを牽引する存在として、2024年、必ず注目すべきプロジェクトです。

最新キャンペーン情報:バイナンスWeb3ウォレット、BEVMと共同で初BTC L2プロジェクトのエアドロップキャンペーンを実施

BEVMキャンペーン画像

4月4日、バイナンスWeb3公式アナウンスによると、バイナンスWeb3ウォレットはBTC L2プロジェクトのBEVMと共同エアドロップキャンペーンを開始すると報じられました。

ユーザーはバイナンスWeb3ウォレットを通じてBTCブリッジ、BTC担保によるステーブルコインSATの借入、およびデイリーチェックインといった3つのタスクを完了することで、BEVMメインネットのトークンエアドロップを受け取ることができます。

BEVMは、今回のキャンペーンに参加するバイナンスウォレットユーザーに対して、総発行量の0.5%(約1500万ドル)に及ぶトークンをエアドロップとして配布する予定です。これは、バイナンスWeb3ウォレットがサービス開始以来、初提携となるBTC L2プロジェクトです。

チュートリアル:
https://bevm-blog.webflow.io/post/10-500-000-bevm-airdrop-campaign-with-binance-web3-wallet

キャンペーン詳細:
https://binance-campaign.bevm.io

BEVM情報詳細
Website:https://bevm.io/
Twitter:https://twitter.com/BTClayer2
Discord:https://discord.com/invite/AGcRqkTBAV
Blog:https://bevm-blog.webflow.io/
Github:https://github.com/btclayer2/BEVM


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

814万ドルを調達したビットコインドックICO:日本でも最終週迎える

814万ドルを調達したビットコインドックICO:日本でも最終週迎える

日本の投資家が考える注目の仮想通貨、ビットボット

日本の投資家が考える注目の仮想通貨、ビットボット

低価格で購入できる注目の仮想通貨銘柄7選

低価格で購入できる注目の仮想通貨銘柄7選

2023年に注目のメタバースプロジェクト7選

2023年に注目のメタバースプロジェクト7選

Mainbot「世界初のグローバル教育ゲームメタバース」を独自仮想通貨・NFTと共にローンチ

Mainbot「世界初のグローバル教育ゲームメタバース」を独自仮想通貨・NFTと共にローンチ

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す