SolanaミームコインのSealana(SEAL)が500万ドルを調達!プレセールは残り6日

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Solanaチェーンを基盤として誕生したアメリカン・カントリースタイルの新しいミームコインSealana($SEAL)は、ICO開始からわずか2ヵ月で500万ドルの資金調達に成功し、世界中の投資家たちの注目を集めています。

Solanaチェーンのミームコインは、過去にも多くの成功例を残していることで知られています。たとえば、DogWifHat($WIF)、Bonk($BONK)、Book of Meme($BOME)、Popcat($POPCAT)は、販売開始から1年以内にミームコイン市場における時価総額ランキングで上位にランクインしました。

また、最近話題になったSolana系ナマケモノミームコインのSlothana($SLOTH)は、直近1カ月のプレセールで1500万ドルという驚異的な資金の調達に成功しています。

昨今のミームコインは、柴犬やナマケモノをモチーフとしたプロジェクトが人気を集める傾向があります。そんな中、新しく誕生したアザラシキャラクターのSealana($SEAL)に注目が集まっています。

SealanaはGamer GuyのWeb3版!

Sealana画像

Sealanaは、「サウスパーク」に登場するGamer Guyというキャラクターを基に誕生したミームコインです。Gamer Guyは「World of Warcraft」のエピソードで初登場し、その後、デスクで長時間ゲームプレイをする「キーボード戦士」や「ソファポテト」など、さまざまなキャラクターとして知られるようになりました。

Sealanaのプロジェクトを率いるチームは、今年話題となったミームコイン「$SLERF」の仕掛け人であったとも噂されています。

ただし、$SLERFのプレセールは、初期投資家に配布されるはずだった1,000万ドル相当のトークンが焼却されるというトラブルが発生し、同プロジェクトは困難なスタートを切ることになりました。

しかし、その後ナマケモノをモチーフにした「Slothana」が大きな資金を集めることに成功し、これに触発された$SLERFチームは、Sealanaで過去の失敗を克服し、新たな成功を目指して再スタートを切ろうとしているのかもしれません。

Sealana($SEAL)は、Solanaが新しいミームコインをローンチする際に最適なブロックチェーンであるという評判を高める要因となったプロジェクトの1つです。

Solanaは、さまざまなアプリケーションや金融サービスに41億3,000万ドル以上の総資産(TVL)を運用しており、1日あたり160万人のアクティブユーザー毎月2,500人以上の開発者によって支えられています。

さらに、今後は仮想通貨市場に大きな影響を与える可能性のある「Solana現物ETF」の登場の噂もあります。

Solanaの未来は明るい!強気相場の要因とは?

Sealana画像

2024年1月のビットコインETFの承認に続き、最近は米国でイーサリアムETFも承認されました。この流れでSolanaの現物ETFも承認されるのではと期待が高まっています。もしSolanaETFの承認が実現すれば、$SEALのようなミームコインにとって大きな追い風となるでしょう。

仮想通貨ETFは、規制を受けた投資商品であるため、証券口座を持つ人であれば誰でも取引可能です。そのため、安全に基盤チェーンとなる仮想通貨に投資することができます。

最近の仮想通貨業界では、現在10兆ドルの運用資産 (AUM) を管理する世界最大の資産運用会社であるBlackRockが、SolanaETFを申請しているという噂が出ています。

もしSolanaETFが承認されれば、Solanaはビットコインやイーサリアムに続いて3番目の主要な仮想通貨となり得る可能性があるでしょう。

ただし、SolanaETFの承認は容易なことではありません。米国の証券取引委員会(SEC)は現在、Solana($SOL)を証券と見なしているため、SolanaETFの承認プロセスは困難を伴うことが予想されます。

以下のYouTube動画で、Sealanaの詳細情報や購入方法について解説しているので参考にしてみてください。

それでも、BlackRockの支援は、ソラナエコシステム全体にとって、潜在的に大きなニュースです。

特記すべきは、ビットコインのETF承認により、今年3月14日にビットコイン価格が史上最高額となる7万3737.94ドルまで上昇したことです。

現時点において、BlackRockが214億ドルを投じたビットコイン現物ETFは、過去最大規模の投資額です。

BlackRockがSolanaへの投資を本格化した場合、Sealanaもついに母親の地下室から出てくるでしょう。

Sealanaは当初Solanaを基盤として開発されましたが、現在はマルチチェーン・トークンとしてEthereumやBNBチェーンにも展開されています。

Sealana($SEAL)は、それぞれのブロックチェーンのネイティブトークンである$SOL、Ethereumのステーブルコイン$USDTで購入することができます。

本稿執筆時点における$SEALのプレセール価格は、1トークンあたり0.022ドルです。このプレセール価格で購入可能な期間は残り6日です。

たとえば、現在価格で100ドルを投資すると、4,545SEALを手に入れることができます。もし各$SEALトークンの価格が1ドルに上昇すれば、4,500ドルの価値になります。

さらに、$SEALが1トークン5ドルに達した場合は、100ドルの投資が20,000ドルを超える価値になる可能性があります。これはミームコインが人気を集めた際に見られる典型的なリターン例です。

Sealanaのプレセールは日本時間の6月26日午前3時に終了し、その2日後にエアドロップが実行される予定です。

Sealanaの最新情報は、X(旧Twitter)でチェックしてください。

$SEALの公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

最近、ビットコインが高騰した理由を解説

最近、ビットコインが高騰した理由を解説

2023年のベストICOクリプトGameFi投資銘柄【PR】

2023年のベストICOクリプトGameFi投資銘柄【PR】

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

ビットコインキャッツの下落:仮想通貨トレンドに変化の兆し

ビットコインキャッツの下落:仮想通貨トレンドに変化の兆し

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説