仮想通貨の下落が続く中、新しい犬キャラクターのミームコインがプレセールで大躍進

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

シバイヌ(SHIB)は今後の成長が期待される仮想通貨の1つとなっていますが、2024年6月初頭からは18.8%の下落が記録されていて、過去7日間では15.3%の下落が見られています。

SHIBでみられたような下落傾向は、他の犬関連コインにも見られており、Dogecoinは過去1週間で11.4%、Bonkは20.5%、Dogwifhatは25.7%下落しています。

また、ビットコインやイーサリアムなどの主要コインでも同様の下落傾向が見られており、これが今後数週間におよぶ仮想通貨市場における潜在的な弱気相場を示唆しています。

しかしその一方では、犬をキャラクターとした新しいミームコインがプレセールで大成功を収めており、そのようなコインに期待が寄せられています。一部の評論家は、PlayDoge($PLAY)、WienerAI($WAI)、Base Dawgz($DAWGZ)が成長ポテンシャルの高いプロジェクトであると評価しています。

シバイヌ(SHIB)は弱気相場入り?新ミームコインのプレセールに期待が高まる

シバイヌ(SHIB)は今後の成長に期待が高まっている仮想通貨の1つですが、過去1週間では下落相場を経験していて、この期間中は赤字での取引が続いています。この下落は仮想通貨市場全体の低迷を反映するもので、他の多くの仮想通貨でも下落傾向がみられています。

特にこの下落傾向は、シバイヌ(SHIB)の取引量が顕著に減少している点に表れているようで、クジラアカウントからの大規模なSHIBトークンの転送も確認されています。これらの動きは、売り圧力の拡大を示唆しているため、しばらくの間は今後の値動きに警戒が必要かもしれません。

しかし、その一方では犬をキャラクターにした新しいミームコインが続々と誕生しており、プレセールで大きな成功を収めているものも存在します。

PlayDoge($PLAY)柴犬キャラクターを育てながら稼ぐPlay-to-Earn

PlayDogeの画像

PlayDoge($PLAY)は1990年に大流行した「たまごっち」に、ミーフコインのモチーフとして人気を集める柴犬キャラクターを融合させたモバイルゲームの最新プレセールプロジェクトです。このゲームはプレセール終了後にリリースされることが予定されており、1990年代の懐かしいレトロな体験をユーザーに提供します。

たまごっちは、1990年代に9,000万個以上が売れた大ヒット商品です。PlayDogeは、現代版たまごっちとして高い期待が寄せられています。オリジナルのコンセプトと同様、PlayDogeは柴犬キャラクターの仮想ペットを育てるペット育成ゲームです。ただし、世話をせずに放置すると、ペットが逃げ出したり、死んでしまうリスクもあるため、ユーザーは定期的にゲームにログインして世話をしなくてはいけません。

プレーヤーは、ペットの世話をすることで$PLAYトークンを獲得することができます。さらに、リーダーボードのトップに到達すると、追加のトークンが付与される競争要素を採用することで、ゲームの魅力を高めています。

PlayDogeは2024年5月28日にプレセールを開始し、すでに480万ドル以上の資金調達に成功しています。この成果は、同プロジェクトの将来性に対する期待が大きいことを証明しています。本稿執筆時点において、$PLAYは1トークンあたり0.0051ドルで購入可能です。ただし、このプレセール価格は段階的な値上がりが計画されています。次の価格上昇までのカウントダウンは公式サイトで確認することができます。

PlayDogeは、昔懐かしいレトロなピクセルゲームに、現代の最新ブロックチェーン技術を融合させることで幅広い層のプレイヤーを獲得し、強固なコミュニティを築くことを目指しています。この斬新なコンセプトが、1990年代にたまごっちが一世を風靡したように、現在のモバイルゲーム市場で成功を収めるかもしれません。

WienerAI($WAI)ミームコインに最新AIを融合させた取引ボットを開発

WienerAIの画像

WienerAI($WAI)は、公式サイトで紹介されている通り、犬とソーセージとAIボットを融合させた画期的なプロジェクトです。

2024年4月にスタートしたプレセールは好調に進んでおり、本稿執筆時点で600万ドルを超える資金調達に成功しています。

WienerAIのプレセールの成功は、プロジェクトが掲げる明確なトークノミクスに基づいた結果だと言えるでしょう。$WAIの総供給量690億トークンは、以下のように配分されることが計画されています。

  • プレセール:30%
  • ステーキング報酬:20%
  • コミュニティ報酬:20%
  • DEX/CEXの流動性向上:10%
  • マーケティング活動:20%

WienerAIは、SNSでの強力なプレゼンスも築いており、X(旧Twitter)のフォロワー数は約13,000人、Telegramでは10,000人の登録者がいます。同プロジェクトチームは、SNSコミュニティと積極的に交流し、さまざまなプラットフォームでWienerAIの最新情報やニュースを定期的に投稿しています。

今後、WienerAIは、市場分析能力および予測性能を向上させ、ユーザーの資産を安全に運用するために設計された最新AI搭載の取引ボットの開発を計画しています。この新機能はユーザーに大きな価値をもたらすことになるでしょう。

本稿執筆時点の$WAIのプレセール価格は、1トークンあたり0.00072ドルです。この価格は、特にトークンをステーキングするユーザーにとって、プロジェクトに関連する数多くのメリットを考慮すると非常に魅力的です。現在、$WAIの約68%がステーキングされており、199%の高い年間利回りをユーザーに提供しています。

Base Dawgz ($DAWGZ) :マルチチェーン相互作用とShare-to-Earnで利益拡大!

Base Dawgzの画像

Base Dawgz($DAWGZ)は複数の異なるブロックチェーン間で相互作用可能な仮想通貨です。基盤チェーンはBaseですが、Ethereum、Solana、Binanceスマートチェーン、Avalancheでも利用可能です。このマルチチェーン機能は、ユーザーに多くのメリットをもたらします。

特に重要なメリットの1つは、アクセス性の向上です。$DAWGZは複数のブロックチェーン間で利用できるため、より幅広いユーザーにリーチすることができ、ユーザーの利便性を高めることができます。この柔軟性が$DAWGZの利用機会を増加させ、その結果、需要拡大へと繋がるでしょう。

もう1つの重要なメリットは、セキュリティの強化です。複数のブロックチェーンで利用可能になることで、単一のネットワークに依存する必要がなくなります。これにより、万が一、1つのブロックチェーンに障害が発生しても他のブロックチェーンでのトランザクションを継続できるため、サービスを中断するリスクを回避できます。

Base Dawgzのチームは、独自のShare-to-Earn(S2E)機能を導入しています。これは、Base Dawgzに関する宣伝コンテンツを作成および共有することで、$DAWGZトークンと交換可能なポイントが付与される仕組みです。これにより、ユーザー自身によるBase Dawgzの宣伝活動を促し、プロジェクトの知名度をSNSを通して広める狙いがあります。

仮想通貨投資家たちはBase Dawgzに対して楽観的な見方をしており、$DAWGが次に急成長する仮想通貨となることを期待しています。彼らがこのように推測する背景には、過去に120万ドルの利益を短期間で達成したプレセールの成功例など、具体的な実績があると思われます。

結論

現在、ビットコインなどの主要仮想通貨は弱気相場にあり、この状況がすぐに好転する兆しは見えにくいかもしれません。特にシバイヌ(SHIB)を中心とする犬キャラクターのミームコインは、下落傾向が続いています。

それでも、まだ仮想通貨投資で利益を得るチャンスは残されていると考えられ、仮想通貨コミュニティのさまざまな情報源が、PlayDoge($PLAY)、WienerAI($WAI)、Base Dawgz($DAWGZ)の新しいミームコインに注目しています。

これらのミームコインは現在プレセール中となっており、大きなリターンを求めて戦略的な投資家たちが購入を決めているとも報告されています。

【トークン公式サイト】
PlayDoge | WienerAI | Base Dawgz


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

2023年目前:これは仮想通貨市場のドージコイン・ビッグアイズコイン・テゾスにとって何を意味するのか?

2023年目前:これは仮想通貨市場のドージコイン・ビッグアイズコイン・テゾスにとって何を意味するのか?

FantomとNEAR Protocolの投資家がプレセール中の「WW3 Shiba」にシフト?

FantomとNEAR Protocolの投資家がプレセール中の「WW3 Shiba」にシフト?

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

Launchpad XYZのプレセールが完売間近、トレーダーはROIが2,917%の$LPXへ移行

Launchpad XYZのプレセールが完売間近、トレーダーはROIが2,917%の$LPXへ移行

Bybit(バイビット)がセーブ・ザ・チルドレンに「2.5BTC」の寄付を実施

Bybit(バイビット)がセーブ・ザ・チルドレンに「2.5BTC」の寄付を実施

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説