DogecoinとShiba Inuが30%下落する中、PlayDoge($PLAY)に注目が集まる

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ミームコイン時価総額1位のDogecoin(DOGE)と2位のShiba Inu(SHIB)は、過去1か月間で30%下落しました。

しかし、仮想通貨トレーダーは柴犬をモチーフにしたトークンへの関心を失っていません。

一部のトレーダーは、バイラル性とPlay-to-Earn(P2E)プログラムを組み合わせた新しいミームコインプロジェクトのPlayDoge($PLAY)に注目しています。

Dogecoinが1ヶ月で30%下落、厳しい状況が続く

PlayDogeの画像

ミームコイン市場で時価総額1位のDogecoin(DOGE)は、現在苦境に立たされています。1か月前の5月27日に高値となる0.174ドルを記録した後、1か月間で30%も価格が下落しました。本稿執筆時点において0.122ドルで取引されています。

この大幅な下落によって、多くのDogecoin(DOGE)保有者が不安を抱えていることでしょう。

今週月曜日には、一時0.113ドルまで下落した後回復していますが、これは一時的な反発に過ぎないと考えられ、依然として弱気相場が続いています。

現在、Dogecoin(Doge)のチャートは、日足チャートで50日指数移動平均(EMA)を大きく下回っています。さらに、現在のトレンドを反映する200日EMAをも下回っており、本格的な下落トレンドに転換した可能性が噂されています。

ただし、0.12ドルの価格ラインは依然としてサポートラインとして機能しており、DOGEがこのラインを下回らずに反発すれば、これ以上の下落を食い止められる可能性もあるでしょう。

Shiba Inuも34%の下落、一方で希望も

SHIBは5月末に急騰し、最高値となる0.0000294ドルを記録しました。しかし、その後は大幅に下落し、本記事執筆時点において、0.00001748ドルで取引されています。これは過去1ヶ月で34%の下落に相当します。

DOGEと同様に、SHIBも50日EMAと200日EMAの両方を下回っており、厳しい状況が続いています。

Shiba Inuの取引量も同じような状況を示しています。過去24時間で、SHIBの取引量は1億9,100万ドルをわずかに上回りました。楽観的に見ると、ミームコイン市場の時価総額5位のFloki(FLOKI)よりもわずかに高い取引量を維持したと評価できるでしょう。

一方で希望もあり、SHIBは0.0000170ドルをサポートラインとし、やや反発する形でチャートを形成しています。今後も同価格帯がサポートラインとして機能すれば、回復の兆しが見られるかもしれません。

PlayDoge、レトロP2Eゲームと510万ドルもの資金調達で人気が上昇

PlayDogeの画像

時価総額上位を占めるトップミームコインが苦境に立たされる中、仮想通貨トレーダーの関心はPlayDoge($PLAY)に集まっているようです。

この新しいミームコインプロジェクトは、1990年代に大流行したモバイルゲーム「たまごっち」のレトロな懐かしさを残しつつ、Web3時代の最新ブロックチェーン技術によるPlay-to-Earn(P2E)を採用した画期的なゲームです。

プレイヤーは、柴犬キャラクターの「Doge」をゲーム内で育てながら、さまざまなイベントに参加することで仮想通貨($PLAY)を獲得することができます。つまり、ゲームを楽しむと同時に仮想通貨が稼げる画期的なゲームです。

2024年5月28日に始まったプレセールは、開始数時間で24万ドルを超える資金が集まったことで、多くの投資家の関心を引き寄せました。本稿執筆時点における資金調達額は510万ドルを超えており、同プロジェクトの期待の高さを伺えます。

現在、$PLAYは1トークンあたり0.00513ドルで購入可能です。これはプレセール限定価格であるため、今後大手取引所に上場した場合、大きく価格上昇する可能性があると期待されています。

また、PlayDoge($PLAY)はSNSでも話題を集めています。X(旧Twitter)Telegramは、ここ数週間で多くのフォロワーを獲得しており、バイラル効果によってコミュニティは拡大し続けています。

そして、PlayDoge($PLAY)の魅力はプレセール価格だけではなく、同プロジェクトはステーキング機能を提供しており、プレセール参加者は保有中のトークンをステークする(一時的にトークンを預ける)ことで、年間利回りによる報酬を受け取ることができます。

これは、売り圧を抑制し、長期的に$PLAYトークンを保有してもらうことで値崩れを防ぐための施策でもあります。現在のステーキング報酬は、124%の年間利回りと見積もられています。

現在、ゲーム業界ではレトロゲームやリメイクゲームがブームとなっています。このような背景を考慮すると、PlayDoge($PLAY)がICOBenchが注目する仮想通貨ローンチリストで3位にランクインしている理由に納得できるでしょう。

Dogecoin(DOGE)やShiba Inu(SHIB)が苦戦している中、PlayDoge($PLAY)は投資家にとってポートフォリオを見直す良い機会となるかもしれません。

$PLAYの公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2022年12月、注目が集まる6つのメタバース関連仮想通貨

2022年12月、注目が集まる6つのメタバース関連仮想通貨

新星ミームコイン「ミームネイター」ライバルを撃ち落とせるのか?

新星ミームコイン「ミームネイター」ライバルを撃ち落とせるのか?

受動的収入が欲しい方へ|専門家が選ぶ2023年注目のステーキング可能な仮想通貨12選

受動的収入が欲しい方へ|専門家が選ぶ2023年注目のステーキング可能な仮想通貨12選

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

Bitget:DOTA 2 Major Arlington 2022のPGLとのスポンサーシップを更新

Bitget:DOTA 2 Major Arlington 2022のPGLとのスポンサーシップを更新

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説