Bitcoin Cash(BCH)ウォレットでトークン発行が可能に「Wormhole」の活用が加速

by BITTIMES

ビットコインキャッシュ(BCH)のスマートコントラクトプラットフォーム「Wormhole(ワームホール)」の活用が進んでいます。ダイヤモンドに価値が裏付けされた安定仮想通貨である「DiamCoin」は、イーサリアムのネットワークから「Wormhole」への移行を計画していると伝えられており、トークンを発行してICOを開催することができるウォレットのベータ版なども公開されています。

こちらから読む:各国で拡大する「ビットコインキャッシュ(BCH)」決済!大手小売の導入増加

Wormhole(ワームホール)とは

Wormhole

Wormhole(ワームホール)とは、ビットコインキャッシュ(BCH)上でトークンを発行することができるツールです。このツールは2018年8月に「Bitcoin.com」のCEOであるRoger Ver(ロジャー・バー)氏らによって発表され話題となりました。

イーサリアム(ETH)でトークンを発行するようにビットコインキャッシュ上に新たなトークンを作成することができるこのプロトコルは、仮想通貨トークンのトップに君臨し続けてきた「イーサリアム」と競合する新たな存在として注目を集めていました。

イーサリアムのネットワーク上には現在非常に多くのトークンが作成されているものの、それに伴い複数の問題が発生していることも指摘されているため、新しく生まれた「Wormhole」がそれらの問題を解決することができるのではないかと期待が高まっています。

ビットコインキャッシュのハードフォークに注目が集まっている裏では、Wormholeを活用する動きが進められており、最近ではいくつかの新しい発表が行われています。

「Wormhole」の詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ
>「Wormhole」の公式サイトはこちら

BCH初のステーブルコイン「DiamCoin」

DiamCoin

キプロスを本拠とする「Hello Diamonds(ハロー・ダイヤモンド)」は、ダイヤモンドに裏付けられたステーブルコインである「DiamCoin」の発行を予定しています。同社は当初、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上でこのコインを発行することを予定していましたが、アプリケーションの処理能力が不十分であったことなどから、ビットコインキャッシュ・ブロックチェーンへの移行を計画していると伝えられています。

Hello Diamondsの開発者は、イーサリアム・ブロックチェーン上に大量のトークンが構築されたことによって、ネットワークが遅くなってしまったと説明する一方で、ビットコインキャッシュのブロックチェーンでは、取引に必要となる手数料を85%ほど削減することができると語っています。

ビットコインキャッシュ上で発行される初めてのステーブルコインでもある「DiamCoin」は、来年初旬に公開される予定となっています。

「DiamCoin」の詳細は以下のリンクからどうぞ
>「DiamCoin」の公式サイトはこちら

ICOも開催できる「Wormhole Cash Wallet」

Wormhole-Cash-Wallet

Wormholeプロジェクトの開発者は、2018年11月23日に「Wormhole Cash Wallet」のベータ版をリリースしたことを発表しました。このウォレットは、ビットコインキャッシュ(BCH)やワームホール・キャッシュ(WHC)、そして「Wormhole」のソフトウェアで作成されたその他のトークンを管理することができるウォレットとなっています。

2018年11月26日時点では、デスクトップ版とAndroid版が提供されており、技術に感心を持つ人々のために調査及びテストが行えるように設計されています。このウォレットはオープンソースプロジェクトとなっており、開発者たちはBCHエコシステムの繁栄のための取り組みを行なっています。

「Wormhole Cash Wallet」は、トークンの作成後にウォレットを通じてICOを行うこともできるようになっており、ICOの作成者は「トークンが売り切れた際」や「一定の時間・ブロックの高さに達した際」などに手動でトークンの販売を停止したり、自動的に販売を終了することができるようになっています。またこのウォレットは近い将来にはiOS版もリリースされる予定だと伝えられています。

「Wormhole Cash Wallet」の詳細は以下のリンクからどうぞ
>「Wormhole Cash Wallet」の公式サイトはこちら

BitcoinCash(BCH)の価格|2018年11月26日

ビットコインキャッシュ(BCH)上に新しいプロジェクトが立ち上げられていくことによって、BCHのコミュニティは急速に拡大していく可能性があります。徐々にプロジェクトが進行している「Wormhole」関連のプロジェクトは今後注目しておくべき話題の一つであると言えるでしょう。

BCHの価格はハードフォーク以降大きく下落しており、先日25日には「1BCH=約18,000円」を記録しています。しかしその後はやや上向きになってきており、2018年11月26日時点では「1BCH=約23,000円」で取引されています。

2018年11月12日〜26日 BCHのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月12日〜26日 BCHのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入は日本国内の取引所の中で最も高いBCH取引量を記録した仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

ICOクラウドセールの仕組み解説「イーサリアムもここから始まった」

ICOクラウドセールの仕組み解説「イーサリアムもここから始まった」

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

SwiftDemandがDAOベースの仮想通貨を開発中

SwiftDemandがDAOベースの仮想通貨を開発中

BINANCE公式ウォレットが「Ripple/XRP」に対応|クレジットカードも利用可能に

BINANCE公式ウォレットが「Ripple/XRP」に対応|クレジットカードも利用可能に

BitGo:トロン(Tron/TRX)の「ウォレット・カストディ」サービス提供へ

BitGo:トロン(Tron/TRX)の「ウォレット・カストディ」サービス提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

米国政府が「Orbs」と協力|中東・紛争地域の問題解決に向けブロックチェーン活用

米国政府が「Orbs」と協力|中東・紛争地域の問題解決に向けブロックチェーン活用

仮想通貨の税制改正「国民の意見」として国会に提出:藤巻議員

仮想通貨の税制改正「国民の意見」として国会に提出:藤巻議員

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

Cardano(ADA)決済導入に役立つ「請求URL・QRコード生成機能」追加:ヨロイウォレット

Cardano(ADA)決済導入に役立つ「請求URL・QRコード生成機能」追加:ヨロイウォレット

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す