メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

by BITTIMES

ブロックチェーン協会がメキシコで初めて結成されたことが2018年11月28日に明らかになりました。この団体の設立には、イーサリアム(Ethereum/ETH)関連のプロジェクトを数多く展開している「ConsenSys(コンセンシス)」をはじめとする複数の企業が携わっています。

こちらから読む:メキシコの"ブロックチェーン協会"設立に携わる「ConsenSys」とは

公共政策などの「議論の場」を構築

business

メキシコで初めて設立された「ブロックチェーン協会」は、ブロックチェーン技術の導入や新しい分野への応用可能性を探り、人々により多く知識を広めることを主な目的としています。

この協会は、
・GBM
・BIVA
・Bitso
・Volabit
・ConsenSys
・Lvna Capital
・Exponent Capital
などの企業によって設立されており、ブロックチェーン技術が主流の技術として広まる前に具体的な基準やルールを設定する予定だと伝えられています。

同協会で暫定的に会長を務めているFelipe Vallejo(フェリペ・バジェホ)氏は、『ブロックチェーン技術には高い透明性と安全性を兼ね備えた効率的な手続きを作り出す目的がある』と述べています。

また、今後は新しいメンバーを迎えることも歓迎していると伝えられており、BIVAの取締役であるMaría Ariza(マリア・アリサ)氏は、『公共政策などに関する議論を行うための場を作り、誰もが新しいアイデアを提案することができる環境を構築したい』と語っています。

メキシコで進む「ブロックチェーン関連規制」

Mexico-flag

メキシコの中央銀行であるメキシコ銀行(Banxico)は今年9月に仮想通貨関連サービスを提供するすべての銀行および仮想通貨取引所は中央銀行からの認可を受ける必要があると発表しました。これにより、同国で仮想通貨を取り扱う企業は認可を得るために
・会社の業務内容
・徴収予定の手数料
・顧客の身元確認に用いる仕組み
に関する説明を記した詳しい事業計画を提出することが義務付けられています。

メキシコでは徐々に仮想通貨関連の規制やルール作りが進められていますが、仮想通貨に厳しい規制がかけられていることでも知られている韓国では、今年の8月に「ブロックチェーン法律協会」が立ち上げられた後に国家規模のブロックチェーンプロジェクトが複数立ち上げられており、ブロックチェーン先進国の一つとして急速に発展を遂げてきています。

ブロックチェーンの基準作りが適切に行われていくことによって、今後はメキシコも「ブロックチェーン先進国」として大きな発展を遂げる可能性があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンカードゲーム「Frame C Battle」事前登録受付を開始

ブロックチェーンカードゲーム「Frame C Battle」事前登録受付を開始

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

ONE PIECEなどの「ブロックチェーン証明書付きマンガアート作品」販売開始:集英社

ONE PIECEなどの「ブロックチェーン証明書付きマンガアート作品」販売開始:集英社

XRPは「10年後に生き残る暗号資産の1つ」Pantera Capital CEO

XRPは「10年後に生き残る暗号資産の1つ」Pantera Capital CEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す