韓国「ブロックチェーン法律協会」を設立|地方分権化社会へと前進

by BITTIMES   

韓国(Korea)はブロックチェーン技術をより適切に幅広い分野に取り入れていくための新しい組織を立ち上げました。「Blockchain Law Society(ブロックチェーン法律協会)」と呼ばれるこの研究チームは、地方分権化社会を推進するために様々な分野の専門家で構成されています。

こちらから読む:韓国が研究に取り組むブロックチェーン技術とは?

「Blockchain Law Society(ブロックチェーン法律協会)」のメンバーは、
・ブロックチェーン技術の専門家
・法律家
・議員
などによって構成されており、2018年8月24日に正式に立ち上げられました。この組織はブロックチェーン技術に関連する法律関連の研究を行い、様々な分野に取り入れていくことを目的としています。「ブロックチェーン法律協会」は、組織の目的について次のように説明しています。

「Blockchain Law Society」は、ブロックチェーン技術を法律的な側面から研究するだけでなく、コンピュータエンジニアリング、フィールドビジネス、経済学などの様々な分野間での学際的協力を促進するために設立されました。

「ブロックチェーン法律協会」は裁判官、検察官、教授をはじめとした、その他の業界の専門家を含む技術分野以外の多くの分野の専門家がブロックチェーン技術の学術的・法的研究を行い、韓国国内の仮想通貨やブロックチェーンの部門を規制する法律を提案するように呼びかけを行うとも付け加えています。

これらの計画は、ブロックチェーン、ビッグデータ、人工知能(AI)などの技術開発の予算として、韓国政府が1兆ウォン(約1,000億円)を費やすことを発表した時から始まりました。

韓国科学技術省は「青少年へのブロックチェーン教育を推進し、若い卒業生や学生に「地方分権化」の技術を理解してもらえるように推奨し訓練していく」と述べています。

今月初めに韓国金融監督院(FSS)は、中央集権化した元帳を持たずに株式の取引を行うために、ブロックチェーン技術を活用することを支持しています。また、韓国の海運業界は輸入と輸出の7ヶ月に渡るテストを「SAMSUNG(サムスン)」の子会社が開発したブロックチェーンで成功させています。

仮想通貨も普及している韓国では、このようにブロックチェーン技術も積極的に取り入れていく姿勢を見せています。ブロックチェーン法律協会の研究が進み、具体的な法律などがさらに整うことによって、韓国はブロックチェーン先進国として今後もさらに大きく成長することになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

ORBS(オーブス)共同創設者インタビュー|今後の展望【BITTIMES独占】

ORBS(オーブス)共同創設者インタビュー|今後の展望【BITTIMES独占】

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月10日〜16日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月10日〜16日

リップルの採用が進むまでブロックチェーンは使わない|TransferWise CEO

リップルの採用が進むまでブロックチェーンは使わない|TransferWise CEO

日本STO協会:デジタル証券発行に関する「自主規制規則」を公開

日本STO協会:デジタル証券発行に関する「自主規制規則」を公開

【Cardano/ADA】ステークプールの「ポートフォリオ作成機能」など導入へ

【Cardano/ADA】ステークプールの「ポートフォリオ作成機能」など導入へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す