ブロックチェーンで信頼できる「オンライン投票システム」開発へ|韓国政府

by BITTIMES

韓国政府は、既存の電子投票システムの「透明性」と「セキュリティ」を向上させるためにブロックチェーン技術を活用した新しいオンライン投票システムの開発に取り組んでいることを明らかにしました。2018年12月には導入テストが行われる予定となっており、試用期間が終了した後に中央選挙管理委員会(NEC)が実際に使用できるかどうかの判断が下すと伝えられています。

こちらから読む:先進国で研究開発が進む「分散型」の電子投票システム

電子投票システムの「透明性・セキュリティ」向上

Vote

韓国科学技術省と中央選挙管理委員会(NEC)は、ブロックチェーン技術を活用した電子投票システムの開発に取り組んでいることを2018年11月28日に明らかにしました。このオンライン投票システムは、来月には完成する予定となっており、完成後に試験運用が行われる予定となっています。

NECが現在使用している「K-voting」と呼ばれる投票システムは、すでに564万人が利用しているものの「ハッキング」や「不正行為」などの問題から未だに"信頼性は低い"とされています。韓国政府は「投票者の承認」と「投票結果の記録」にブロックチェーン技術を活用することによって、透明性とセキュリティを向上させると説明しています。

投票はモバイル端末とパソコンを使用して行われ、それらの情報はブロックチェーン・ネットワーク上に保存されることになります。このブロックチェーンの情報は公開されているため、すべての投票者は投票結果や進行状況を確認することができます。

開発された投票システムの導入テストは、2018年12月に行われる予定となっており、韓国インターネット振興院(KISA)とソウル大学のブロックチェーン協会が共同で実施すると伝えられています。実際に使用するかどうかについては、このテストが終了した後にNECが最終的な判断を下す予定となっており、今後は投票システムをさらにアップグレードするために、人工知能(AI)ビッグデータIoTなどの技術も追加していく予定だと伝えられています。

ウェストバージニア州は「すでに実用化」

vote

ブロックチェーン技術を用いた投票システムは、すでにその他の地域でも導入に向けた取り組みが進められています。アメリカ・ウェストバージニア州は早い段階から「ブロックチェーン投票システム」の開発に取り組んでおり、最近行われた中間選挙では実際にこれらのシステムを使って「144人」の人々が投票を行なっています。

米国では実際にブロックチェーン投票が開始され始めているものの、依然としてセキュリティ面などの懸念から反対する意見も多く出ており、現在も議論が交わされています。ウェストバージニア州で実際に使われた投票システムに関しても、これから完璧にブロックチェーンベースに置き換えていく計画はないことが発表されており、今後も従来の"紙"をベースとした投票方法と併用して選挙が実施されていくと伝えられています。

実際にブロックチェーン投票を導入しているウェストバージニア州でも「完璧に投票方法を置き換える」という結論には至っていないため、これらのシステムはこれらかも長期的に研究開発と改善が進めれていくことになると考えられます。「ブロックチェーン投票システム」開発に向けた取り組みは、急速な問題解決や発展につながる可能性は低いものの、そのプロセスから得られる新しい知恵はブロックチェーンの活用方法を模索する上で重要なものであると言えるでしょう。

韓国で進む「第4次産業革命」

blockchain

韓国では国家レベルでブロックチェーンの活用が進められています。韓国政府は今年の8月に、2019年にはブロックチェーン、ビッグデータ、人工知能(AI)などの分野に1兆ウォン(約1,000億円)以上の予算を費やしていくことを発表しています。

今月21日には、同国の農業省、科学技術省、食糧農村部が協力して「牛肉サプライチェーン」を監視するためにブロックチェーン技術を用いた食品追跡システムのテストを開始することも明らかになっています。

また、韓国最大の病院の1つである明知(ミョンジ)病院は、ブロックチェーン技術の利点を生かした「医療情報共有プラットフォーム」を開発することも発表しており、韓国国内の複数の業界でもブロックチェーンの活用に向けたプロジェクトが進められています。

韓国の財務相である金東泳(キム・ドンヨン)氏は、最近『ブロックチェーン技術は"第4次産業革命"の重要な柱として機能する可能性がある』とも語っており、現在でも短期間で非常に多くのブロックチェーンプロジェクトが発表されています。「ブロックチェーン先進国」として急速な発展を遂げている韓国政府の取り組みは今後もより多くの分野にまたがって進められていくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

インドが仮想通貨ペトロの取引を停止

インドが仮想通貨ペトロの取引を停止

Facebookが独自の仮想通貨を発行?|ICOの予定は

Facebookが独自の仮想通貨を発行?|ICOの予定は

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP TipBot「手数料請求・本人確認の導入」を検討|コミュニティに意見求める

XRP TipBot「手数料請求・本人確認の導入」を検討|コミュニティに意見求める

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

仮想通貨取引の「報告義務違反者に罰金刑」ブラジル税務当局が発表

仮想通貨取引の「報告義務違反者に罰金刑」ブラジル税務当局が発表

ビットコイン募金活動で「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」に協賛:DeCurret

ビットコイン募金活動で「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」に協賛:DeCurret

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

【Cardano/ADA】インセンティブ付きテストネットに向け「模擬スナップショット」を実施

【Cardano/ADA】インセンティブ付きテストネットに向け「模擬スナップショット」を実施

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

ユヴェントスFC:Socios.comで「公式ファントークン」販売開始|仮想通貨投票が可能に

ユヴェントスFC:Socios.comで「公式ファントークン」販売開始|仮想通貨投票が可能に

Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

フェイスブック:決済サービス「Facebook Pay」を発表|米国で今週中にも提供開始

フェイスブック:決済サービス「Facebook Pay」を発表|米国で今週中にも提供開始

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す