仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

by BITTIMES

コロンビア最大の麻薬密売組織「メデジン・カルテル」の創設者であり、麻薬王としても知られるPablo Escobar(パブロ・エスコバル)氏の兄であるRoberto Escobar(ロベルト・エスコバル)氏は、米国のDonald Trump(ドナルド・トランプ)大統領を"退任させるための資金調達"としてステーブルコインを発行し「ICO」を行なっています。

こちらから読む:幅広い資金調達に利用される「ICO」基本知識と関連ニュース

Roberto Escobar(ロベルト・エスコバル)氏とは

Roberto Escobar(ロベルト・エスコバル)氏とは、コロンビア最大の麻薬密売組織「メデジン・カルテル」の創設者であり、麻薬王として世界的に知られているPablo Escobar(パブロ・エスコバル)氏の実の兄です。

パブロ氏の遺産を守るために「Escobar Inc」というベンチャー投資会社も立ち上げている同氏は、昨年3月にもダイエットコイン(Diet Bitcoin/DDX)と呼ばれる仮想通貨を発行していますが、このウェブサイトは現在Google(グーグル)から「セキュリティ面にリスクがあるサイト」として分類されています。

悪名でその名を轟かせているロベルト氏は、自身の発行するコインは詐欺ではないと語っていますが、多くの人々はそれらの主張を信じてはおらず、ウェブサイト自体へのアクセスも十分に注意が必要だと言われています。

ICOでステーブルコイン「10億ドル相当」を発行

ロベルト・エスコバル氏は元々「GoFundMe」と呼ばれる寄付型のクラウドファウンディングサイトで、トランプ大統領を批判するために5,000万ドル(約54億円)の資金を調達することを予定していました。この資金調達では「わずか10時間で1,000万ドル(約11億円)が集まった」と伝えられていますが、その後ページは削除されプロジェクトは廃止となったと報じられています。

しかし同氏は「GoFundMe」のページが削除された後、わずか24時間以内に仮想通貨を発行してICOを行なっています。ICOで発行されている「ESCOBAR」というコインは、イーサリアム(Ethereum/ETH)のプラットフォームを活用したERC20トークンとなっており、米ドル(USD)に価値が裏付けられたステーブルコインだと伝えられています。

複数の報道によると、このコインは2019年にテザー(Tether/USDT)と競合することを目指しているとされており、供給量は総額10億ドル(約1,085億円)に相当する「10億ESCOBAR」、5月10日まで開催されるプレセールでは「2億ESCOBAR」が販売される予定だとされています。

トランプ大統領批判に「5億ドル」投入

Criticism

今回のICOに関して最も気になるのは「なぜトランプ大統領を失脚させたいのか?」という点ですが、これに関する詳しい説明は行われていないため、明確な理由は明らかになっていません。

しかし、トランプ氏を非難しているウェブサイトでは『トランプ大統領は過去最悪の大統領である』ということが明記されており、トランプ大統領の「退任」がプロジェクトの主な目的として掲げられています。

「ESCOBAR.Inc」の最高経営責任者であるOlof Gustafsson(オロフ・グスタフソン)氏は『GoFundMeのページを閉鎖したのはトランプ政権またはトランプ大統領であると信じている』と語っており、調達された資金の半分はトランプ大統領を批判するために使用され、残りの半分は「ESCOBAR.Inc」の開発費用などに充てられると説明しているため、最終的には約5億ドル(約542億円)相当の資金がトランプ大統領を退任させるための活動資金として使用されると考えられます。

海外では「GoFundMe」で1,000万ドルを調達したとの主張に対しても疑いの目が多く向けられていますが、実際に資金を調達していることを示す画像も公開されているため、プロジェクトの詳細に関しては意見が分かれています。しかしながら「このICOには注意を払う必要がある」という点では意見が一致しており、多くのメディアは注意することを呼びかけているため、より詳しい情報を調べる際には自己責任で行うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン、歴史上4回目の「強気サイン」テクニカル指標3つが合流

ビットコイン、歴史上4回目の「強気サイン」テクニカル指標3つが合流

仮想通貨取引所「LiteBit」にネム(NEM/XEM)が上場 ー オランダ

仮想通貨取引所「LiteBit」にネム(NEM/XEM)が上場 ー オランダ

ドイツ半導体大手「infineon」自動車へのブロックチェーン導入でXAINと協力

ドイツ半導体大手「infineon」自動車へのブロックチェーン導入でXAINと協力

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Pixelverseが大手VCから550万ドル調達、Web3ゲームの世界展開めざす

Pixelverseが大手VCから550万ドル調達、Web3ゲームの世界展開めざす

Symbol活用の服薬アプリ「DrugN」Web3健康管理サービス提供開始

Symbol活用の服薬アプリ「DrugN」Web3健康管理サービス提供開始

OKCoinJapan「逆指値注文」の機能追加|PayPay銀行取扱終了の報告も

OKCoinJapan「逆指値注文」の機能追加|PayPay銀行取扱終了の報告も

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

強気相場が追い風に?ミームネーターの成長が期待されている理由

強気相場が追い風に?ミームネーターの成長が期待されている理由

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

レベルアップできるカルダノNFT「Profile NFT」の報酬付きテスト開始:Atrium Lab

レベルアップできるカルダノNFT「Profile NFT」の報酬付きテスト開始:Atrium Lab

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

金融庁:仮想通貨取引所「LBank Exchange」に警告

金融庁:仮想通貨取引所「LBank Exchange」に警告

日本初:ビットコイン特化の国際カンファレンス「Bitcoin Tokyo 2024」開催へ

日本初:ビットコイン特化の国際カンファレンス「Bitcoin Tokyo 2024」開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す