トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

by BITTIMES

ブロックチェーン実用化へ:niTROn SUMMIT 2019

ブロックチェーン業界は、人工知能(AI)やビッグデータなどと共にこの数年間で急速な成長を続けており、現在も数多くのテクノロジー企業がこの分野で事業を展開しています。しかし、どのように発展すれば「ブロックチェーン技術の実用化」を実現できるのか?という点については未だに多くの人々が頭を悩ませています。

TRONの画像

トロン(TRON/TRX)は、「業界の障壁」を排除し、「ブロックチェーンの実用化」を加速させるために「NiTROn SUMMIT 2019」を開催します。ブロックチェーン業界のエリートが数多く参加するこのサミットは、参加者同士が経験や技術を共有することができます。また、今回のサミットには「NBAチャンピオン」を5回連続で獲得したバスケットボール界のレジェンドKobe Bryant(コービー・ブライアント)氏もスペシャルゲストとして参加し、自身の歴史や投資経験をシェアする予定となっています。

TRONの画像

「ブロックチェーン技術の実用化」と「DAppの発展」には密接な関係があります。DAppはブロックチェーン技術の実用化を促進する上でも特に重要な方法一つとして考えられていますが、TRONは「DAppの生態系」を発展させるための活動を常に続けています。

Dappエコロジーの迅速な発展

TRONは、中国でブロックチェーン技術の研究を行なう企業として、分散化されたインターネットにインフラストラクチャを構築することに力を入れています。2018年8月にメインネットのアップグレードを完了させ「仮想マシン」を正式にリリースしたTRONは、現在「DAppエコシステム」の構築に取り組んでいます。

TRONのアプリストアである「DApp House」ではすでに、ゲーム、対策、ツール、取引所などといった様々な種類のDAppが40個も登録されており、ゲーム関連のDAppなどは特に注目を集めています。

多人数参加型のインタラクティブ3Dゲーム「Snatch-TRON」は、ユーザー同士で"奪い合う"システムを導入しているため、遅れてゲームに参加したユーザーでもゲームの形勢を逆転して報酬を得ることができるとして高く評価されています。

また「吴啸」というデベロッパーによって開発されたロールプレイングゲーム「Last Trip」は、シンプルな操作で自分の運命を選択し、"人生の旅"をすることができるようになっています。

TRONのDAppの数はイーサリアムやイオスほど多くはありませんが、設計がとても細かく質が高いことで高い評価を得ています。

「DAppHouse」のデータによると、TRONの総アカウント数は2018年の11月半ばの時点で「64万」に達しており、EOSの総アカウント数を上回っていることが示されています。これらの活発なDAppは「TRX」の取引量をさらに増加させており、一日の取引量は「136万回」を達成し、イーサリアムの歴史上最も取引量の多かった時の記録を上回っています。

TRONの画像

それぞれのDAppの成長以外の面で見てもTRONのDAppエコシステムはより完全なものへと進化を続けています。すでに世界最大のDAppランキングサイトである「DappRadar」に登録されており、そのほかにもDappReview、DapDap、DAppWorldなどのプラットフォームとの協力関係も構築されています。将来的にはデベロッパー・コミュニティやオンライン上でのミートアップなどを中心にDAppの内容を最適化することによって、TRONの開発環境をより豊かなものにすることが計画されています。

「新世代のDapp」構築

「DAppの発展」には、仮想マシンの性能や互換性が大きな影響を及ぼします。DAppデベロッパーは現在、DAppを開発するためにいくつかの主流なパブリックチェーン仮想マシンに焦点を合わせていますが、開発コストは非常に高くなっており、「Ethereumの高い手数料」や「EOSの複雑で高コストなローンシステム」などはデベロッパーの障壁となっています。

「TRON仮想マシン」は、デベロッパーそれぞれに適したパブリックチェーンを選択できる優れた開発環境を提供しています。「Ethereum仮想マシン」との互換性も備えているため、Ethereumのスマートコントラクトを直接にTRONネットワーク上で実行することができます。またこれからは「EOS仮想マシン」との互換性も付与される予定となっています。

TRONの画像

業界のリソースを統合し、開発者により便利な開発環境を提供すると共に、DAppエコシステム全体の開発を促進させることによって、TRONはDApp開発に伴う障壁を打ち破っています。

「niTROn SUMMIT」は、DApp開発の障壁をなくし、開発の可能性をさらに広げていくことを大きな目的の一つとしています。サミットに招待されている講演者たちは「新世代のDApp」を構築した知識や経験を共有し、会場に訪れた人々と共にDApp開発を促進していくことを望んでいます。

TRONの画像

TRON最新の公式情報によると、世界で最も広い範囲をカバーするデジタル・コンテンツのパブリックチェーン創出に尽力している「Contentos」と、世界トップ3の仮想通貨取引所「Binance」も「niTROn SUMMIT」を強く支持していると伝えられており、今回のサミットが大きな影響力を持つことが示されています。

人々は"未知"への恐れから変化を拒む。しかし歴史の中で変わらないのは"すべてが変わる"ということだけだ。

これは「未来の歴史」という本の中の一節です。
TRONが主催する「niTROn SUMMIT」は、すべての人々に『未知のものに直面し、変化を遂げるように』と導いています。

「niTROn SUMMIT 2019」の詳細情報やチケットの購入は以下の公式ホームページからどうぞ
>「niTROn SUMMIT 2019」の公式ホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2020年末のビットコイン価格「1億円以下は数学的に無理」ジョン・マカフィー

2020年末のビットコイン価格「1億円以下は数学的に無理」ジョン・マカフィー

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

デジタル担当相に「ブロックチェーン推進派」の平井卓也氏|業界で期待高まる

デジタル担当相に「ブロックチェーン推進派」の平井卓也氏|業界で期待高まる

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

ロシア議会:デジタル金融資産法を可決|商品購入など「暗号資産の決済利用」は禁止に

ロシア議会:デジタル金融資産法を可決|商品購入など「暗号資産の決済利用」は禁止に

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

ドージコイン価格:短時間で「25%」急騰|背景にはイーロン・マスク元CEO

ドージコイン価格:短時間で「25%」急騰|背景にはイーロン・マスク元CEO

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す