ブロックチェーンは「電子書籍」に所有権をもたらす|未来の図書館は分散型管理?

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術は電子書籍をさらに魅力的なものへと進化させる可能性を秘めています。世界中の本がデジタル化され、インターネットを経由して気軽に読めるようになったことによって読書の在り方は大きく変化してきていますが、現在の電子書籍の大半は特定の企業によって集中管理されており、利用者には電子書籍の「使用権」のみしか与えられていないため、場合によっては購入した書籍が読めなくなってしまう可能性があります。ブロックチェーン技術はこのような問題を解決し、購入者自身が電子書籍の「所有権」を持つことを可能にします。

こちらから読む:電子書籍に新たな可能性をもたらす「ブロックチェーン技術」とは?

「集中管理された電子書籍」の問題点

電子書籍は現在、非常に多くの人々に利用されており世の中に浸透してきています。スマートフォンやタブレットなどでたくさんの書籍を読むことができる電子書籍は非常に便利ではあるものの、いくつかの問題点も残されています。

紙の書籍の場合は購入した時点でその書籍の「所有権」が購入者に渡ることになりますが、電子書籍の場合は「使用権」が渡ることになります。そのため、出版社が何らかの理由で廃業し、提供されているサービスやシステムがすべて終了してしまう場合には、それまでに購入した書籍もすべて読めなくなってしまう可能性があります。これは多くの書籍を購入しているユーザーにとって重要な問題です。

しかしブロックチェーン技術を使用すれば、そのような電子書籍の問題を解決して購入者に「本物の所有権」を与えることができます。またそれと同時に「偽造」や「違法コピー」などにも対処することができ、収益性を高めることもできます。

電子書籍へのブロックチェーン活用がもたらすメリット

所有権を安全に記録できる

基本的にブロックチェーン上のデータは分散化された状態で複数の人々によって管理されているため、電子書籍の購入履歴などのデータが一部の企業に依存してしまうようなことはありません。そのため「自分の購入記録が消えてしまう」といった心配をする必要は無くなります。

また、ブロックチェーン上に記録されたデータは後で変更することができないようになっているため「支払い履歴を抹消される」といった心配もなくなります。つまりブロックチェーンを使用すれば、消去・改ざんされる心配のない方法で確実に電子書籍の所有権を記録することができます。

所有権の移転が容易に

ブロックチェーンを活用した電子書籍取引プラットフォームを開発している企業は、実際に「書籍データすべて」を所有するのではなく「データにアクセスするためのトークン」を所有するという方法などを採用しています。

この方法を用いれば購入した書籍データすべてをダウンロードする必要がなくなり、デバイスの使用容量を抑えることができます。また、それらのトークンは友人に貸し出したり贈与することも可能です。

これは「使用権」のようなものでもありますが、ブロックチェーン上に記録されている書籍データは永遠に記録されているため、そのデータへのアクセス権は従来の所有権と同様のものであると言えるでしょう。「書籍にアクセスするためのトークン」として所有権を持つことによって、購入した書籍データすべてをダウンロードする必要がなくなり、デバイスの使用容量を抑えることもできます。

直接的な取引で取引全体を効率化

ブロックチェーン上での取引は個人間で直接行うことになるため、仲介手数料などの余計なコストを削減することができます。また、本の著者は自分自身で書籍の価格を設定して購入者からダイレクトに支払いを受けることができるため、より効率的に収益化することができます。

トークンを用いた場合では、まず初めに本の著者がブロックチェーンプラットフォーム上で自身の作品を公開し、それらの作品にアクセスするための「トークン」を作成することになります。公開されている書籍を購入したい人々は、そのトークンを購入することによって電子書籍にアクセスすることができます。この取引方法はブロックチェーンとトークンを介して直接行われるため、無駄がなく非常にシンプルです。

コンテンツ保護を強化する「ブロックチェーン技術」

ブロックチェーンを用いた電子書籍プラットフォームとしては「Scenarex」や「Publica」などがあり、それぞれが独自の方法でサービスを提供しています。実際にこのようなプラットフォームが主流になった時には、現在の図書館や書店がこれらのネットワークを支えるノードになっていくと予想されます。

紙の書籍が主流だった頃はそれらを安全に保管するために多大な労力を要していましたが、書籍のコピーを暗号化された状態で管理すれば、格段に安全な方法でそれらを保護することができます。そのためこの技術は重要書物を保管する役割を担っている機関にも非常に魅力的な技術になると考えられます。

電子書籍へのブロックチェーン活用が進み、大規模な分散型ネットワークに支えられるプラットフォームが構築された時には、世界中に存在する様々な本に誰もが自由にアクセスすることができる世界になっているのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ツバイスペース:ブロックチェーン活用した「不動産売買サイト」公開|最大80%割引も

ツバイスペース:ブロックチェーン活用した「不動産売買サイト」公開|最大80%割引も

今、投資家が注目すべきは「ビットコイン」ではない:Bernhard Schroeder

今、投資家が注目すべきは「ビットコイン」ではない:Bernhard Schroeder

トランプ大統領:ブロックチェーン推進派Mick Mulvaney氏を「首席補佐官代行」に任命

トランプ大統領:ブロックチェーン推進派Mick Mulvaney氏を「首席補佐官代行」に任命

HashPort:会社分割で「株式会社HashBank」設立|決済分野の新規事業も計画

HashPort:会社分割で「株式会社HashBank」設立|決済分野の新規事業も計画

コインチェック:新作映画「新世界」でのNFT活用に向けKIRIYA PICTURESと連携

コインチェック:新作映画「新世界」でのNFT活用に向けKIRIYA PICTURESと連携

人気漫画「ULTRAMAN」のメタバース対応NFTゲーム化を決定:NOBORDER.z

人気漫画「ULTRAMAN」のメタバース対応NFTゲーム化を決定:NOBORDER.z

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

Astar zkEVM:2月下旬にメインネット公開|ローンチキャンペーン「Yoki Origins」も開催

Astar zkEVM:2月下旬にメインネット公開|ローンチキャンペーン「Yoki Origins」も開催

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

パリ・サンジェルマンFC「Chiliz」の公式バリデータに【スポーツクラブ初】

パリ・サンジェルマンFC「Chiliz」の公式バリデータに【スポーツクラブ初】

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

「金は暴落し、銀・ビットコインは高騰する」金持ち父さん著者の価格予想

「金は暴落し、銀・ビットコインは高騰する」金持ち父さん著者の価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す