ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は本日22日午前8時頃に、重要視されていた1万ドル(約107万円)を突破し、一時的に110万円近くまで上昇しました。その後は一度下落する動きがみられたものの、現在は再び回復し始めており、記事執筆時点では「1BTC=110万円」を超えています。

こちらから読む:Libraの重役は"BTCの大ファン"だった「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格「1万ドル」を突破|およそ1年2ヶ月ぶり

ビットコインの価格は先日21日に、105万円まで上昇して揉み合いの状態が続いていましたが、本日22日の午前8時頃には再び大幅に上昇し、仮想通貨業界で重要な節目とされていた1万ドル(107万円)のラインを突破しました。

1万ドルを超えた後も上昇を続けたビットコインは、110万円近くまで上昇した後に一度下落しましたが、1万ドルを下回ることはなく現在も上昇傾向が続いています。

2019年6月7日〜2019年6月22日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)2019年6月7日〜2019年6月22日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)

ビットコイン価格が1万ドルを超えたのは2018年3月が最後であり、およそ1年2ヶ月ぶりのことです。仮想通貨に詳しい専門家達は、この価格帯を以前から重要視しており「1万ドルを超えるとさらなる大幅上昇が起こる」とも言われていました。

今後もさらに上昇か?最大「430万円」の可能性も

ビットコイン強気派として知られるThomas Lee(トーマス・リー)氏は「1万ドルを超えるとFOMO(取り残されることに対する恐れ)の感情が強まり、多くの買いが殺到する可能性がある」ということを以前から語っており、その場合には最大4万ドル(約430万円)まで上昇する可能性があると説明していました。

また、仮想通貨取引所Gemini(ジェミナイ)のCEOであるTyler Winklevoss(タイラー・ウィンクルボス)氏も「1万ドルを突破することができれば、1万5,000ドル(約160万円)突破も可能だ」と発言しています。

2017年にBTC価格が220万円まで高騰した際も100万円から220万円までは一気に上昇しているため、今回も比較早く220万円にまで達する可能性があると言われています。過去のチャートから考えると、次の抵抗線になると考えられるのは「120万円台」であると考えられます。

しかしながら、依然として「ビットコイン価格は一度大幅に下落する」との意見は出ているため、120万円や220万円に到達した場合の値動きには注意する必要があるでしょう。

ビットコインの価格は現在も回復を続けており、2019年6月22日の午前11時時点では「1BTC=1,116,749円」で取引されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

暗号資産デリバティブ取引所「Coinstore」日本上陸!

暗号資産デリバティブ取引所「Coinstore」日本上陸!

仮想通貨取引所FCoinに「出口詐欺」疑惑|顧客のビットコイン持ち逃げか

仮想通貨取引所FCoinに「出口詐欺」疑惑|顧客のビットコイン持ち逃げか

BITPoint:仮想通貨取引・送受金など「全てのサービス」を一時停止

BITPoint:仮想通貨取引・送受金など「全てのサービス」を一時停止

米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

LINE NFT:国内初『ゴジラVSヘドラ』のオリジナル特撮NFT販売へ

LINE NFT:国内初『ゴジラVSヘドラ』のオリジナル特撮NFT販売へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード「2,000円相当の暗号資産が当たるキャンペーン」開催

SBI VCトレード「2,000円相当の暗号資産が当たるキャンペーン」開催

コインチェック:The Sandboxの「SAND」取扱いへ【国内初上場】

コインチェック:The Sandboxの「SAND」取扱いへ【国内初上場】

CoinBest:販売所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱い開始

CoinBest:販売所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱い開始

Symbol活用の加盟店共通ポイント「Symbol Shop Point」金融庁の許可獲得

Symbol活用の加盟店共通ポイント「Symbol Shop Point」金融庁の許可獲得

代表的ステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」にも不穏な動き|価格下落で警戒感高まる

代表的ステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」にも不穏な動き|価格下落で警戒感高まる

仮想通貨DEPが稼げる新作ゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」公開へ|NFTプレセールも

仮想通貨DEPが稼げる新作ゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」公開へ|NFTプレセールも

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

野村ホールディングス「デジタル資産子会社」設立へ|機関投資家向けにサービス提供

野村ホールディングス「デジタル資産子会社」設立へ|機関投資家向けにサービス提供

前澤友作氏:Web3.0・メタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」立ち上げ

前澤友作氏:Web3.0・メタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」立ち上げ

コイントレード「5,000円相当の仮想通貨がもらえるキャンペーン」開始

コイントレード「5,000円相当の仮想通貨がもらえるキャンペーン」開始

岸田首相「暗号資産の税制改正」に前向き姿勢?国民民主党の玉木代表が報告

岸田首相「暗号資産の税制改正」に前向き姿勢?国民民主党の玉木代表が報告

自民党:岸田トークンなど「青年局トークン」配布へ|DAO活用・メタバース演説会も予定

自民党:岸田トークンなど「青年局トークン」配布へ|DAO活用・メタバース演説会も予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す