ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は本日22日午前8時頃に、重要視されていた1万ドル(約107万円)を突破し、一時的に110万円近くまで上昇しました。その後は一度下落する動きがみられたものの、現在は再び回復し始めており、記事執筆時点では「1BTC=110万円」を超えています。

こちらから読む:Libraの重役は"BTCの大ファン"だった「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格「1万ドル」を突破|およそ1年2ヶ月ぶり

ビットコインの価格は先日21日に、105万円まで上昇して揉み合いの状態が続いていましたが、本日22日の午前8時頃には再び大幅に上昇し、仮想通貨業界で重要な節目とされていた1万ドル(107万円)のラインを突破しました。

1万ドルを超えた後も上昇を続けたビットコインは、110万円近くまで上昇した後に一度下落しましたが、1万ドルを下回ることはなく現在も上昇傾向が続いています。

2019年6月7日〜2019年6月22日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)2019年6月7日〜2019年6月22日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)

ビットコイン価格が1万ドルを超えたのは2018年3月が最後であり、およそ1年2ヶ月ぶりのことです。仮想通貨に詳しい専門家達は、この価格帯を以前から重要視しており「1万ドルを超えるとさらなる大幅上昇が起こる」とも言われていました。

今後もさらに上昇か?最大「430万円」の可能性も

ビットコイン強気派として知られるThomas Lee(トーマス・リー)氏は「1万ドルを超えるとFOMO(取り残されることに対する恐れ)の感情が強まり、多くの買いが殺到する可能性がある」ということを以前から語っており、その場合には最大4万ドル(約430万円)まで上昇する可能性があると説明していました。

また、仮想通貨取引所Gemini(ジェミナイ)のCEOであるTyler Winklevoss(タイラー・ウィンクルボス)氏も「1万ドルを突破することができれば、1万5,000ドル(約160万円)突破も可能だ」と発言しています。

2017年にBTC価格が220万円まで高騰した際も100万円から220万円までは一気に上昇しているため、今回も比較早く220万円にまで達する可能性があると言われています。過去のチャートから考えると、次の抵抗線になると考えられるのは「120万円台」であると考えられます。

しかしながら、依然として「ビットコイン価格は一度大幅に下落する」との意見は出ているため、120万円や220万円に到達した場合の値動きには注意する必要があるでしょう。

ビットコインの価格は現在も回復を続けており、2019年6月22日の午前11時時点では「1BTC=1,116,749円」で取引されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

EOS関連の分散型ソーシャルメディア「Voice」公開予定日を早め7月リリースへ

EOS関連の分散型ソーシャルメディア「Voice」公開予定日を早め7月リリースへ

Moonstake:セントラリティ(CENNZ)の「ステーキング」に対応|記念キャンペーンも

Moonstake:セントラリティ(CENNZ)の「ステーキング」に対応|記念キャンペーンも

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

Tether社「ビットコインの定期購入計画」を発表|準備金強化のための投資戦略

Tether社「ビットコインの定期購入計画」を発表|準備金強化のための投資戦略

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

Bakkt:暗号資産「100種類以上」扱うカストディ企業を買収|先物提供に向けチーム強化

Bakkt:暗号資産「100種類以上」扱うカストディ企業を買収|先物提供に向けチーム強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

名作FPSゲームを「DOGE」に刻む|DoginalsでDOOM無料版がプレイ可能に

名作FPSゲームを「DOGE」に刻む|DoginalsでDOOM無料版がプレイ可能に

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す