Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

by BITTIMES

米国の市場調査会社「Fundstrat Global Advisors」のSam Doctor(サム・ドクター)氏は、仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」が今四半期(7月〜9月)にビットコイン先物を正式に立ち上げると予想するレポート2019年7月19日に公開しました。

こちらから読む:ビットコイン革命は止められない「仮想通貨」関連ニュース

機関投資家多数「立ち上げ初日」から参加か

(画像:Sam Doctor氏Twitter)(画像:Sam Doctor氏Twitter

「Fundstrat Global Advisors」が作成したこのレポートは「Fundstrat Global Advisors」のチームが今月18日に開催された「Bakkt Digital Asset Summit」に出席した上でまとめたものであり、Bakktが22日から開始する"ビットコイン先物のテスト"を終えた後に9月までには実際にサービスを開始するだろうと予想されています。

「Fundstrat Global Advisors」は、バックトがビットコイン先物を開始することによって、多くの機関投資家が参入する可能性があると予想しており、サービス開始初日から参加する企業がすでに数多く存在しているようだと報告しています。

Bakktの立ち上げ1日目から参加する準備ができている採用企業が多数存在するようです。Bakktの営業チームは「ブローカー・マーケットメーカー・トレーディングデスク・流動性プロバイダー」などから確かな手応えを感じています。

規制当局も「需要の高まり」を確認

米国商品先物取引委員会(CFTC)のDawn Stump氏は、今回のイベントの中で「現在の仮想通貨は金融の安定性を脅かすものではない」と説明した上で、「規制当局は大衆からのビットコイン先物に対する需要の高まりを見ている」と語ったとされています。

また、仮想通貨投資会社「Blocktower(ブロックタワー)」の最高情報責任者であるAri Paul(アリ・ポール)氏は「キラーアプリやユーザーインターフェースが仮想通貨の安全性や信頼性を高め、PayPalと同じくらい使いやすいものになれば、小売での採用は進む」と述べており、機関投資家は仮想通貨を無視するべきではないと語っています。

Bakktは昨年から複数のサービスを提供するための準備を進めており、これらのサービスが多くの機関投資家を巻き込むことになり、仮想通貨業界はさらに成長すると期待されています。

最近では、同社が仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」の開発を進めるためにGoogle(グーグル)で重役を勤めていたChris Peterson(クリス・ピーターソン)氏を雇用したとも報告されているため、今後のサービス開始には期待が高まっています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

欧州サッカー連盟:イーサリアムブロックチェーンで「UEFA EURO 2020」のチケット発行へ

欧州サッカー連盟:イーサリアムブロックチェーンで「UEFA EURO 2020」のチケット発行へ

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

チケット売買マッチングサイト「金券広場」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPが利用可能に

チケット売買マッチングサイト「金券広場」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPが利用可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

コイントレード「好きな仮想通貨が1,000円分もらえるキャンペーン」開始

コイントレード「好きな仮想通貨が1,000円分もらえるキャンペーン」開始

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す