Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

by BITTIMES

米国の市場調査会社「Fundstrat Global Advisors」のSam Doctor(サム・ドクター)氏は、仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」が今四半期(7月〜9月)にビットコイン先物を正式に立ち上げると予想するレポート2019年7月19日に公開しました。

こちらから読む:ビットコイン革命は止められない「仮想通貨」関連ニュース

機関投資家多数「立ち上げ初日」から参加か

(画像:Sam Doctor氏Twitter)(画像:Sam Doctor氏Twitter

「Fundstrat Global Advisors」が作成したこのレポートは「Fundstrat Global Advisors」のチームが今月18日に開催された「Bakkt Digital Asset Summit」に出席した上でまとめたものであり、Bakktが22日から開始する"ビットコイン先物のテスト"を終えた後に9月までには実際にサービスを開始するだろうと予想されています。

「Fundstrat Global Advisors」は、バックトがビットコイン先物を開始することによって、多くの機関投資家が参入する可能性があると予想しており、サービス開始初日から参加する企業がすでに数多く存在しているようだと報告しています。

Bakktの立ち上げ1日目から参加する準備ができている採用企業が多数存在するようです。Bakktの営業チームは「ブローカー・マーケットメーカー・トレーディングデスク・流動性プロバイダー」などから確かな手応えを感じています。

規制当局も「需要の高まり」を確認

米国商品先物取引委員会(CFTC)のDawn Stump氏は、今回のイベントの中で「現在の仮想通貨は金融の安定性を脅かすものではない」と説明した上で、「規制当局は大衆からのビットコイン先物に対する需要の高まりを見ている」と語ったとされています。

また、仮想通貨投資会社「Blocktower(ブロックタワー)」の最高情報責任者であるAri Paul(アリ・ポール)氏は「キラーアプリやユーザーインターフェースが仮想通貨の安全性や信頼性を高め、PayPalと同じくらい使いやすいものになれば、小売での採用は進む」と述べており、機関投資家は仮想通貨を無視するべきではないと語っています。

Bakktは昨年から複数のサービスを提供するための準備を進めており、これらのサービスが多くの機関投資家を巻き込むことになり、仮想通貨業界はさらに成長すると期待されています。

最近では、同社が仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」の開発を進めるためにGoogle(グーグル)で重役を勤めていたChris Peterson(クリス・ピーターソン)氏を雇用したとも報告されているため、今後のサービス開始には期待が高まっています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所OKExのCEOが辞任|取引量は世界一を記録

仮想通貨取引所OKExのCEOが辞任|取引量は世界一を記録

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

2019年2月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2019年2月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

近日開催予定のブロックチェーンや仮想通貨のイベント|2018年6月

近日開催予定のブロックチェーンや仮想通貨のイベント|2018年6月

Justin Sun:Tesla車のプレゼント企画を発表「22億円現金エアドロップ」も予定

Justin Sun:Tesla車のプレゼント企画を発表「22億円現金エアドロップ」も予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

ビットコイン価格「100万円台」突入|抵抗線突破でロスカット報告も

ビットコイン価格「100万円台」突入|抵抗線突破でロスカット報告も

2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

ディーカレット:仮想通貨レバレッジ取引アプリ「Android版」リリース

ディーカレット:仮想通貨レバレッジ取引アプリ「Android版」リリース

仮想通貨都市「AKON CITY」建設が現実的に|著名ラッパー、セネガルでMoU締結

仮想通貨都市「AKON CITY」建設が現実的に|著名ラッパー、セネガルでMoU締結

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

仮想通貨&法定通貨対応のデジタル銀行「Ziglu」2020年内にサービス開始へ

仮想通貨&法定通貨対応のデジタル銀行「Ziglu」2020年内にサービス開始へ

スタンダードキャピタル社:セキュリティトークン発行に向け「COINCOME運営会社」と提携

スタンダードキャピタル社:セキュリティトークン発行に向け「COINCOME運営会社」と提携

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す