ブロックチェーンで「情報伝達の効率化」図る|DARPAが実験・調査を開始

by BITTIMES

アメリカ国防総省(DoD)は、最近公開した「DoD Digital Modernization Strategy(アメリカ国防総省デジタル近代化戦略)」というレポートの中で、軍隊使用のための新技術開発や研究を行う機関「国防高等研究計画局(DARPA)」がブロックチェーン技術を情報伝達などの分野で活用するための実験を開始していることを明らかにしました。

こちらから読む:bitFlyerと住友商事が技術活用で提携「ブロックチェーン」関連ニュース

情報伝達時の「セキュリティ向上」などに期待

アメリカ国防総省(DoD)が公開したレポートでは、DoDが今後5年間で年間IT予算をどのような優先順位で使用していくかに関する洞察が示されており、主な優先事項として、
・サイバーセキュリティ
人工知能(AI)
クラウド
・コマンド・コントロール・コミュニケーション(3C)
の4つが挙げられています。

ブロックチェーン技術は「情報伝達を行う際のセキュリティ向上や効率化などに役立つ」と期待されており、
・信頼を必要としないこと
・透明性が高いこと
・障害に対する耐性があること
が利点として挙げられています。

諜報活動などでの情報交換にも活用

今回公開されたレポートには『DARPAはブロックチェーンプロトコルを使用して、より効率的で、堅牢で、安全なプラットフォームを作成するための実験を開始している』とも記されており、『このアプリケーションは部隊-本部間の連絡を容易にしたり、諜報担当官とペンタゴン(*1)の間で情報をやり取りするなど様々な方法で使用される』と説明されています。
(*1)ペンタゴン:アメリカ国防総省の本庁舎、または国防総省そのもののこと

また「DARPAはデータベースにアクセスしようとするハッカーに対処するために、ハッキングすることができないコードの開発にも取り組んでいる」とも記されています。

米国では軍事産業でもブロックチェーン活用に向けた取り組みが進められており、昨年9月には米国の「海軍航空システム司令部(NAVAIR)」が航空機の部品を追跡するためにブロックチェーン技術を活用していく方法を模索していることが明らかにされていました。

このプロジェクトでは、DARPAが「ITAMCO」という企業と協力して開発している「SIMBA Chain」というブロックチェーン・プラットフォームが使用されていると報じられていました。この他にも米空軍工科大学(AFIT)が国防総省指導者の学習を支援するための無料ツールなども公開されているため、今後はこれらの技術が米軍の様々な分野で活用されていくのではないかと予想されます。

>>「アメリカ国防総省」が公開したレポートはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エストニア:暗号資産関連企業「500社以上」のライセンス取り消し=Bloomberg報道

エストニア:暗号資産関連企業「500社以上」のライセンス取り消し=Bloomberg報道

リップル(Ripple/XRP)決済で「ホテル予約」が可能に!対応店舗160万以上:Trippki

リップル(Ripple/XRP)決済で「ホテル予約」が可能に!対応店舗160万以上:Trippki

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Liqui:仮想通貨取引所の「サービス終了」を発表|2月末までに資産移動を

Liqui:仮想通貨取引所の「サービス終了」を発表|2月末までに資産移動を

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

RippleのxRapid「2019年世界を変えるアイデア賞」を受賞|コスト削減・信頼性で高評価

RippleのxRapid「2019年世界を変えるアイデア賞」を受賞|コスト削減・信頼性で高評価

注目度の高い仮想通貨ニュース

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す