米空軍工科大学:ブロックチェーン学習を支援する「教育ツール」を公開

by BITTIMES

アメリカの空軍工科大学(AFIT)は、ブロックチェーンやその具体的な活用方法などについて学ぶことができる教育ツールを公開しました。サウスダコタ大学などと共同開発されたこのツールは無料で使用することができるようになっており、分散型台帳技術などに関する知識を深める必要がある国防総省の指導者たちの勉強を支援することを主な目的として作成されたと伝えられています。

こちらから読む:ブロックチェーンの専門家育成が進む「大学」関連ニュース

国防総省指導者の学習支援

アメリカの空軍工科大学(AFIT)は、サプライチェーン管理の専門家がブロックチェーン技術やその活用方法について学ぶことができる無料のツールを公開しました。このツールは、任意のパソコンやスマートフォンからアクセスできるブロックチェーン・アプリケーションとなっており、シミュレーションを通じて技術を学ぶ人々をサポートするためのチュートリアルビデオも公開されています。

米国メディアである「Modern Materials Handling magazine」の報告によると、このプラットフォームはブロックチェーン技術についてもっと知識を深める必要のある国防総省の指導者を支援するために、プライベートサプライチェーンのセキュリティ企業である「SecureMarking」とサウスダコタ大学の「Beacom School of Business」の協力によって開発されたと伝えられています。

部品製造から廃棄までの「ライフサイクル」を追跡

waste

ブロックチェーンの活用法などに関する説明では、主に部品のサプライチェーン管理などに関することが記されており、重要な特徴の一つとしては部品の製造現場から最終的な廃炉・廃棄に至るまでのライフサイクル全体を追跡できることだと説明されています。

製品のサプライチェーンに透明性をもたらし追跡可能な状態を作ることは、様々な業界で重要なことの一つとして捉えられていますが、これは空軍にも当てはまります。航空機の部品に悪意のある業者によって製造された部品が紛れ込んでしまった場合には、予期せぬ機器の故障を引き起こす可能性もあり、実際にそのような問題が発生してしまった場合には巨額の資金を無駄にしてしまう可能性もあります。

しかしブロックチェーンを活用して部品を適切に管理・追跡できるようにすれば、そのような問題を解決できるだけでなく、「廃棄物の有害物質が適切に処理されたかどうか」や「再利用可能な部品が適切にリサイクルされているかどうか」などを確認することなどにも役立てることができるようになる可能性があると考えられています。

ブロックチェーン「ワークショップ」を開催|DARPA

DARPA

米軍は以前にも航空機の部品を追跡するためにブロックチェーン技術を活用する計画を発表しています。海軍航空機や空中兵器システムのサポートを行っている「海軍航空システム司令部(NAVAIR)」は、航空機の部品を追跡するためにブロックチェーン技術を活用していく方法を模索していることを発表しています。

NAVAIRはこの研究を進めるために「ITAMCO」と「アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)」が協力開発した「SIMBA Chain」というブロックチェーン・プラットフォームを利用しています。

またこの他にもDARPAは、2019年2月14日〜15日の2日間にかけてアメリカ合衆国バージニア州アーリントンで「ブロックチェーンワークショップ」を開催することも発表しています。すでに数多くの業界で活用されているブロックチェーン技術は米軍でも積極的に取り入れられています。

米空軍工科大学が公開したブロックチェーンのデモンストレーションサイトは以下のリンクからどうぞ
>米空軍工科大学が公開したブロックチェーン教育ツールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Gemini:仮想通貨の保険会社「Nakamoto」を新設|世界最大の補償額を提供

Gemini:仮想通貨の保険会社「Nakamoto」を新設|世界最大の補償額を提供

Bakkt:ビットコイン先物のテスト「7月開始予定」と発表|BTC価格、90万円台迫る

Bakkt:ビットコイン先物のテスト「7月開始予定」と発表|BTC価格、90万円台迫る

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

仮想通貨の「所得税・付加価値税」を免除:ジョージア共和国

仮想通貨の「所得税・付加価値税」を免除:ジョージア共和国

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米Robinhood:米ドル連動ステーブルコイン「USDC」をサポート

米Robinhood:米ドル連動ステーブルコイン「USDC」をサポート

Facebook・Instagram両方で「NFTの投稿・共有」が可能に|複数のブロックチェーンに対応

Facebook・Instagram両方で「NFTの投稿・共有」が可能に|複数のブロックチェーンに対応

CryptoNinja Partners:NFTウォレット連携アプリ「CNP Friends」テストリリース

CryptoNinja Partners:NFTウォレット連携アプリ「CNP Friends」テストリリース

Coinbase Japan「即時入金サービス」提供開始|GMOあおぞらネット銀行と連携

Coinbase Japan「即時入金サービス」提供開始|GMOあおぞらネット銀行と連携

OpenSea:Seaportで「Polygon・MATIC」をサポート|複数の新機能を追加

OpenSea:Seaportで「Polygon・MATIC」をサポート|複数の新機能を追加

野村HD:デジタル資産子会社「Laser Digital Holdings AG」をスイスに設立

野村HD:デジタル資産子会社「Laser Digital Holdings AG」をスイスに設立

Bybit:人気Move to Earnアプリ「Sweatcoin」のSWEATサポートへ

Bybit:人気Move to Earnアプリ「Sweatcoin」のSWEATサポートへ

HashPalette:前澤友作氏の「MZ Cryptos」とパートナーシップ契約

HashPalette:前澤友作氏の「MZ Cryptos」とパートナーシップ契約

DEPも獲得できるNFTサッカーシミュレーションゲーム「GOAL SEEKERS」開発開始:DEA社

DEPも獲得できるNFTサッカーシミュレーションゲーム「GOAL SEEKERS」開発開始:DEA社

OKCoinJapan:ステーキング利用者全員に「1,000DEP」付与|上場記念キャンペーン第3弾

OKCoinJapan:ステーキング利用者全員に「1,000DEP」付与|上場記念キャンペーン第3弾

LaLiga:人気のメタバース「Decentraland」でコンテンツ展開へ

LaLiga:人気のメタバース「Decentraland」でコンテンツ展開へ

大手暗号資産取引所BINANCE「日本市場への参入」再検討か=報道

大手暗号資産取引所BINANCE「日本市場への参入」再検討か=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す