米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

by BITTIMES   

ブロックチェーン(Blockchain)の技術は軍事産業でも活用されています。米国の「海軍航空システム司令部(Naval Air Systems Command/NAVAIR)」は、それらの技術が持つ"透明性"や"高度なセキュリティ"などの利点を上手く取り入れていくために「Indiana Technology and Manufacturing Companies(ITAMCO)」との提携を結び、具体的な活用方法を模索しています。

こちらから読む:米海軍も大きな可能性を感じている「ブロックチェーン」の仕組み

ブロックチェーンで航空機の部品を追跡|NAVAIR

NAVAIR-logo

海軍航空機や空中兵器システムの重要なサポートを提供している「海軍航空システム司令部(Naval Air Systems Command/NAVAIR)」は、航空機の部品を追跡するためにブロックチェーン技術を活用していく方法を模索しています。

9月20日に公開されたプレスリリースによると、海軍航空システム司令部(NAVAIR)は航空機に関連する部品の追跡にブロックチェーン技術を取り入れることによって「コストの削減」や「効率的な追跡」ができるかを調べるための調査を行なっているとされています。

これまでに利用されていたシステムでは、部品が配送されたのちに「"紙ベース"の方法を用いて追跡が行われていた」とのことで、「情報の記録は手動で行われていた」と説明されています。このような方法では多くの資源が必要となり、人為的な手間もかかるため、軍用機の運用コストを押し上げる原因となっていたとのことです。

これらの問題を解決するために、NAVAIRは「Indiana Technology and Manufacturing Companies(ITAMCO)」と提携を結んでいます。

DARPAとITAMCOが共同開発「SIMBA Chain」

DARPA-ITAMCO

ITAMCOは「アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)」と協力して「SIMBA Chain」というブロックチェーン・プラットフォームを開発しており、NAVAIRはこのプラットフォームを利用して追跡の効率化を測ることになります。

このパートナーシップは、最終的に透明性とセキュリティを兼ね備えたブロックチェーン物流システムの概念フレームワークを開発することを目指しています。

しかしプレスリリースでは"克服すべき問題点"についても説明されており、「分散型のサプライチェーン」は外部からの攻撃に対する脆弱性を高めるため、サイバーセキュリティを特に考慮する必要があるとも説明されています。

このような懸念もあることから、これらのシステムの専門家を初期段階から集めて、分散型システムのメリットやリスクについてしっかりと理解する必要があることも強調されています。

これらの複数の問題点などもあることから「SIMBA Chain」はビットコインのブロックチェーンのような"パブリックチェーン"ではなく"パーミッション型"のプライベートチェーンになるだろうと言われています。

海軍艦隊の支援チームは、ブロックチェーン技術を活用することによって、従来のシステムよりも安全かつ低コストな方法で追跡できるため、海軍の航空ミッションの焦点をより深めることができると考えています。

国家規模のプロジェクトでも活用される「ブロックチェーン」

space

ブロックチェーンの技術は、今や世界中のあらゆる業界で活用されています。これらの技術は、軍事関連の用途で活用されているだけでなく、宇宙開発などでも利用されており、その他の分野では選挙投票などのような政治の分野でも応用されています。

ブロックチェーン技術に関しては、技術的な内容や専門的な話が難しいと感じている人も多いと思われますが、それらの様々な活用事例を知り、具体的な利用方法を見ていくことによって、注目されている理由や将来的にこれらの技術がどのような社会を作り上げていくのかなどについても、少しづつ理解できるようになってきます。

当メディアでは、ブロックチェーン技術の持つ可能性や、現時点で知っておくべき問題点などについての理解をより高めていただくことなどを目指し、数多くの活用事例を紹介させていただいています。より多くのプロジェクトを簡潔に知っていただくためにも、それらの事例を業界ごとにシンプルにまとめた記事も複数紹介していますので、それらのまとめ記事も合わせて読んで見てください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

Skypeに「リップル(XRP)少額決済サービス」導入を|強い要望にスカイプチームが回答

Skypeに「リップル(XRP)少額決済サービス」導入を|強い要望にスカイプチームが回答

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

ブロックチェーンゲーム「Chainbreakers」限定ユニット配布キャンペーン:本日開催

ブロックチェーンゲーム「Chainbreakers」限定ユニット配布キャンペーン:本日開催

ブロックチェーンで「地下水管理」を効率化|IBMリサーチが干ばつ問題に対処

ブロックチェーンで「地下水管理」を効率化|IBMリサーチが干ばつ問題に対処

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

ビットコイン、トレンドライン突破で「140万円」回復|続く上昇に伝説の投資家も注目

ビットコイン、トレンドライン突破で「140万円」回復|続く上昇に伝説の投資家も注目

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

再び「100万円下回る」可能性も?ビットコイン価格、わずか1日で「26%急落」

再び「100万円下回る」可能性も?ビットコイン価格、わずか1日で「26%急落」

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す