仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

by BITTIMES

Libra協会は2019年10月2日、仮想通貨「Libra(リブラ)」のロードマップを公開しました。この事業計画表には、Libraの専用ウォレットである「Calibra(カリブラ)」のチームがメインネット公開までにどのように関わっていくかや、ノードの運営方法、4つのマイルストーン(目標点)などが記載されています。

こちらから読む:IBM幹部、Facebookとの協力に前向き「Libra」関連ニュース

「Libraメインネット公開までの手順」を公開

Libra協会が公開したロードマップには、Libraの専用ウォレットである「Calibra(カリブラ)」のチームがメインネット公開までにどのように関わっていくかや、ノードの運営方法、具体的にどのタイミングでどれくらいのノードを立てる予定であるかなどといったメインネット公開までの手順が記載されています。

メインネット公開前には「Libra Pre-Mainnet」の期間が設けられており、最初はフルノードを運営するパートナー企業5社の参入から始まります。その後はパートナー企業数が25社に達するとLibraのテストネットが公開され、ノード運営に参加するパートナー企業が100社に達した時点でメインネットを公開する計画となっています。

(画像:Libra)(画像:Libra)

「Libra Pre-Mainnet」の段階はフルノードを運営する少数のパートナーのみが利用できるテスト環境となっており、この時点で参加している企業は互いに通信を行い、Libraネットワークの安定性をテストすることができます。「ノードを運営する企業の数によってプロジェクトの成功が決まる」と考えているLibra協会は、信頼性の高い企業がネットワークに参加することを望んでおり、日本企業の参加も歓迎しています。

なお、Libraの開発状況はGithub(ギットハブ)上にボード形式でまとめられているため「現在進行中のタスク」や「完了したタスク」なども簡単に確認することができるようになっています。

(画像:Github)(画像:Github

「非中央集権化」に向けネットワークも分散化

Libraの運営に関しては、一部企業の管理による"中央集権化"の問題が度々指摘されていますが、それぞれの企業が運営するノードを「クラウド運用型」と「自社運用型」の併用で運営するだけでなく、多様性のあるノード運営方法を採用することによってLibraネットワークを分散化し、"非中央集権化"していくと説明されています。

また「Calibra」チームが関与する割合も段階的に少なくなっていく予定であることが記されており、5社のパートナー企業が参加する時点では75%、25社のパートナーが参加する「Libraテストネット公開」の時点では25%、100社のパートナーが参加する「Libraメインネット公開」の時点では1%にまで減少する予定とされています。

Libraは"Fecebook(フェイスブック)の仮想通貨プロジェクト"として知られていますが、FacebookやCalibraのチームは最終的に「Libraネットワークを運営する企業の中の1社」となることを目指しているため、ロードマップに沿ってプロジェクトが進められることによって、最終的には"中央集権化"の問題も解決されると期待されます。

Libraの今後の計画に関する詳しい内容は以下の公式発表をご覧ください。
>>「Libra協会」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

ファン主導型アメフトリーグ「FCFL」にNFLスターが参加|ブロックチェーンでチーム運営

ファン主導型アメフトリーグ「FCFL」にNFLスターが参加|ブロックチェーンでチーム運営

BinanceChainの「フィアットゲートウェイ」を開発:Cashaa

BinanceChainの「フィアットゲートウェイ」を開発:Cashaa

コスモス(Cosmos/ATOM)価格上昇続く|1年ぶりに「過去最高値」を突破

コスモス(Cosmos/ATOM)価格上昇続く|1年ぶりに「過去最高値」を突破

ブロックチェーンで追跡できる「adidasスニーカー」を発表|VeChain×HBO×SBTG

ブロックチェーンで追跡できる「adidasスニーカー」を発表|VeChain×HBO×SBTG

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す