ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

by BITTIMES

ILCoin ブロックチェーンプロジェクトは、世界のブロックチェーン業界が抱えている重大な問題を解決する革新的なテクノロジーにより、仮想通貨業界に旋風を巻き起こしました。今年の初めに、ILCoin ブロックチェーンプロジェクトはC2P(Command Chain Protocol)を導入しました。これは、SHA-256ベースのブロックチェーンを量子攻撃の脅威から完全に保護するテクノロジーです。しかし、まるでC2Pが業界の革命に十分でないかのように、ILCoinは、現在のブロックチェーンが抱える次の問題、スケーラビリティを解決するために、別の画期的な技術に取り組んでいます。この発明まで、スケーラビリティに関連する問題は長年にわたって未解決のままでした。多くの試みにもかかわらず、望んだ結果は達成されませんでした。

ILCoinがRIFTプロトコルを発明

この新しい発明は、RIFTプロトコルと呼ばれます。RIFTプロトコルは基本的にC2Pに基づいています。 2つの技術が排他的に相互接続されているわけではありませんが、C2Pの防御システムは、新しく開発されたRIFTの利用に追加セキュリティを提供します。

テストが示すように、1.5 GBブロックはすでにRIFTプロトコルで現実的であり、同プロジェクトはさらに画期的な5 Gbのサイズを達成することを目指しています。つまり、同プロトコルには、膨大なトランザクション容量があります。VISAまたはMASTERCARDシステムが現在提供している高速トランザクションを上回ることすら可能です。1.5 GBのブロックサイズの場合、ブロック生成は5分間で実現されるため、速度は33,888 TX / sです。

RIFTと現在の市場オプション

ビットコインブロックチェーンで現在使用されているブロック制限は、32 MB(ビットコインキャッシュ)や、1 MB(ビットコイン)を超えるトランザクションデータに対応していません。増大する需要とトランザクション量に対処できないため、金融ブロックチェーン技術の遍在性に脅威を与えます。

それらとは異なり、RIFTプロトコルは多層ブロックチェーンで動作します。最初の層にはブロック自体が含まれ、2番目の層にはいわゆるミニブロックが含まれます。マイニングされたブロックにはミニブロックへの参照があり、ミニブロックにはトランザクションへの参照があります。ミニブロックのハッシュはコードによって自動的に生成されます。したがって、マイニングは不用です。

RIFTプロトコルはスケーラビリティの問題を解決するが、セキュリティはどうでしょう?幸いなことに、ILCoin ブロックチェーンプロジェクトはそれをも解決しました。

ILCoinによるコマンドチェーンプロトコル

量子攻撃の脅威は、仮想通貨専門家によると懸念です。未来の量子コンピューターは、事実上すべてのブロックチェーンで51%の攻撃を成功させるのに十分な処理能力を備えていますと。ILCoinの革新的なC2Pテクノロジーを使用すると、ソースコードに組み込まれたルールが、関与するコンピューティングパワーの量とは関係なく攻撃を防ぎ、ロールバックや二重支出など、様々な攻撃からブロックチェーンを保護するため、量子コンピュータの脅威は最小化されます。3つの無敵セキュリティレベルは同期して機能し、すべてのフルノードで異なるタスクを実行します。

チェーンの安定性、堅牢性、速度を確保するために、C2Pでは、すべてのブロックに最後のブロックのハッシュだけでなく、ノード証明書のセットも含まれます。これにより、ブロック原点でのダブルまたはトリプルチェックが保証されます。最終的な目標は、完全で影響を受けない正当性の確立です。 また、上記の2つの発明により、まったく新しい技術が実現可能になります。

rift_middle

分散型クラウドブロックチェーン:ILCoinの長期目標

ILCoinプロジェクトの長期目標の1つは、DCB(分散クラウドブロックチェーン)プラットフォームの作成です。DCBプラットフォームは、分散型ハイブリッドブロックチェーンシステムに基づいています。動画、写真、ファイルに限らず、さまざまなオンチェーンデータストレージを含む、さまざまなB2BおよびB2Cサービスを提供します。 ILCoinは、DCBにおいて使用したいもう一つのブロックチェーン技術の原則は、タイムスタンプです。タイムスタンプは、既存のデータ保管では不可能な透明性を実現します。データの検証は、最重要課題の1つです。知的財産と個人データの盗難は、これらのストレージに関連する、最も重大なセキュリティ問題の1つです。

DCBのようなオンチェーンベースのデータストレージシステムのセットアップは、RIFTプロトコルが提供するスケーラビリティの機会と、C2Pが提供するセキュリティレベルなしでは、絶対に不可能です。そのため、RIFTプロトコルとC2Pは、DCBの前提条件として、安全で完全に機能する基盤を作成します。

DCBの作成には、ブロックチェーンテクノロジーが提供する機会の一般的な実装を含みます。ILCoinの開発者は、主な目標の1つが市場の支援であると述べています。将来的には、IlCoinは同プロジェクトが持つ全ての技術を、他のプロジェクトに適用し、それらをより高い水準に引き上げ、ブロックチェーンの普及を可能にします。

このプロジェクトの詳細については、公式Webサイトにアクセスするか、ILCoin 開発チームのTelegramチャンネルにご参加下さい。


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)が聖パトリック祭を開催!ゲームに参加してiPhone 11 Proやビットコインボーナスをゲット!

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)が聖パトリック祭を開催!ゲームに参加してiPhone 11 Proやビットコインボーナスをゲット!

ブロックチェーンとStem Cell(幹細胞)の現在 ー 未来の治療法との結合

ブロックチェーンとStem Cell(幹細胞)の現在 ー 未来の治療法との結合

DeFi:5年後にはどうなっているのか

DeFi:5年後にはどうなっているのか

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

注目度の高い仮想通貨ニュース

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す