トロン(TRX)時価総額ランキング「11位」まで回復|Tron版McAfeeDEX公開の可能性も

by BITTIMES

トロン(Tron/TRX)の価格は今年7月頃から下落傾向が続いており、時価総額ランキングも一時的に14位付近にまで下がっていましたが、ここ最近では価格も徐々に回復し、時価総額ランキングも11位まで上昇しています。ニュース面でもポジティブなニュースが複数報告されており、先日はJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏が「Tron版McAfeeDEX」の立ち上げを示唆しています。

こちらから読む:BINANCEがTRXのステーキングに対応「Tron/TRX」関連ニュース

「DAppプラットフォーム」として急成長

分散型アプリケーション(DApps)市場の分析を行っている「Dapp.com」は、2019年第3四半期のレポートで「Tronは2019年第3四半期に50万人の新規ユーザーをメインネットに追加し、2017年以降に立ち上げられた最大のDAppプラットフォームになった」と報告しています。

このレポートでは「Tronはイーサリアムに次いで2番目に人気のDApp開発プラットフォームだ」と報告されています。Tronのブロックチェーン上に構築されているDAppのほとんどは"ギャンブル系DApps"であると報告されていますが、そのユーザー数はここ数ヶ月間で急速に増加していることが報告されています。

最近では、ギャンブル系のアプリケーション以外にも「動画ストリーミングプラットフォーム」なども立ち上げられているため、これからアプリケーションの多様性が増すにつれてユーザー数もさらに増加していくと期待されます。

「Tron版McAfeeDEX」立ち上げの可能性

ウィルス対策ソフト「McAfee」の創業者であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、今月7日に「名前・メールアドレス・銀行情報」などといった個人情報を"一切登録する必要がない"分散型取引所「McAfeeDex」のベータ版を立ち上げました。

この取引所は現時点ではイーサリアム(ETH)をベースとした分散型取引所となっていますが、マカフィー氏はTwitterのコメント欄で「Tron版McAfeeDEXの公開」を希望したユーザーに対して、将来的に「Tron版McAfeeDEX」が立ち上げられることを示唆する返答を行なったため一部で話題となっています。

Tronのブロックチェーン上ではすでに複数の仮想通貨が発行されており、分散型取引所も立ち上げられているため、マカフィー氏がその気になれば「Tron版McAfeeDEX」も立ち上げることが可能です。

マカフィー氏は「Tron版McAfeeDEX」について詳しくは語っていませんが、実際に立ち上げられればTronの技術を用いた"TRCトークン"の新たな取引場所ができるため、Tronのエコシステムはさらに活発化すると期待されます。

バフェットランチ続報は「第4四半期」に

Tronに関するビッグイベントとして期待されていた億万長者Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏との食事会にも再び注目が集まり始めています。

"ランチの延期"が発表されて以降は批判的な意見も出ていましたが、9月下旬にはランチのスケジュール変更に向けた話し合いが進められていることが報告されています。ランチの詳細は第4四半期頃には発表される予定だと伝えられているため、今後の発表にも注目です。

2019年10月9日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は、先月末に1円台まで下落して以降は徐々に回復してきており、2019年10月9日時点では「1TRX=1.83円」で取引されています。時価総額ランキングも以前は14位まで下落していましたが、現在は11位まで回復してきているため、今後の動きにも注目です。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年9月9日〜2019年10月9日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年9月9日〜2019年10月9日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

BINANCE:Visa・Mastercardによる支払い機能「20ヵ国以上」で利用制限

BINANCE:Visa・Mastercardによる支払い機能「20ヵ国以上」で利用制限

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米クラーケン:NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」公開へ|事前登録受付を開始

米クラーケン:NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」公開へ|事前登録受付を開始

中央アフリカ共和国:ビットコイン(BTC)を「通貨」として採用

中央アフリカ共和国:ビットコイン(BTC)を「通貨」として採用

NFTStudio:DNSドメイン「nippon.jp」のサブドメインNFT販売開始

NFTStudio:DNSドメイン「nippon.jp」のサブドメインNFT販売開始

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

MEXC入金コンテスト優勝プロジェクトが決定「HGHG・XYM」本日取扱い開始

MEXC入金コンテスト優勝プロジェクトが決定「HGHG・XYM」本日取扱い開始

米コインベース:独自のNFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」のベータ版公開

米コインベース:独自のNFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」のベータ版公開

SBIHD「リミックスポイント」と資本業務提携|ビットポイント株式の51%を取得

SBIHD「リミックスポイント」と資本業務提携|ビットポイント株式の51%を取得

Bitget:日本市場向けに「取引手数料15%割引」適用開始|体験金・賞品山分けプレゼントキャンペーンも

Bitget:日本市場向けに「取引手数料15%割引」適用開始|体験金・賞品山分けプレゼントキャンペーンも

Zaif「自動売買おてがるトレード」提供へ|無料ウェビナーも開催予定

Zaif「自動売買おてがるトレード」提供へ|無料ウェビナーも開催予定

Huobi Japan:新規登録+条件達成で「最大4万円相当のHT」が当たるキャンペーン開始

Huobi Japan:新規登録+条件達成で「最大4万円相当のHT」が当たるキャンペーン開始

Sotheby's:アートNFTオークションで「Polkadot(DOT)による支払い」に対応

Sotheby's:アートNFTオークションで「Polkadot(DOT)による支払い」に対応

3D仮想空間「HEXAメタバース・ゲートウェイα版」公開|家の編集・NFT展示などが可能に

3D仮想空間「HEXAメタバース・ゲートウェイα版」公開|家の編集・NFT展示などが可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す