暗号化技術活用したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」公開:ビットキー

by BITTIMES   

キーテクノロジースタートアップである「株式会社ビットキー」は、2019年12月30日に認証技術・連携技術・P2P・分散システム・その他様々な暗号化技術を研究し、独自に組み合わせて応用開発した世界中のあらゆるものを柔軟にIDでつなぐID連携・認証と権利処理のデジタルキープラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」の正式版を公開すると発表しました。

こちらから読む:仮想通貨交換業、みなし業者の数はゼロに「国内ニュース」

IDの連携・認証・権利処理を「安全かつ低コストに」

ビットキー(bitkey)が開発した「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」は、同社が認証技術・連携技術・P2P・分散システム・その他様々な暗号化技術を研究し、独自に組み合わせて応用開発した「世界中のあらゆるものを柔軟にIDでつなぐID連携・認証と権利処理のデジタルキープラットフォーム」だと説明されています。

インターネットを利用した利便性の高いサービスは急速に増えてきていますが、そのようなサービスの多くは個別にIDを設定する必要があるため、それらのID管理はサービスが増えるごとに複雑さを増してきており、「パスワードやIDがわからなくなった」という問題を経験する人も増えてきています。

bitkey platform(ビットキープラットフォーム)は、このような問題を解決することができるように設計されており、IDの連携・認証だけでなく権利処理も安心安全にそして低コストに実施することができると説明されています。

このプラットフォームには、
・ID Access Controller(用途に応じたIDの認証強度設定と認証実行)
・ID Converter(IDaaSとしてのID連携変換・許可)
・Parsonal Data Protector(ID認証に伴う個人情報の保護と許諾に応じた利用)
・Rights Deal & key Gen(ID間での権利の取引と実行)
という4つの機能が搭載されており、具体的な活用例としては、
・金融取引におけるID認証とセキュリティ強化
・スマートシティにおける都市内、都市間連携ID
・スマートIDによる身分証の代替とオフライン認証
・スマートIDによる身分証の代替とオフライン認証
などがあると説明されています。

また、今後は「自宅や車の鍵」だけでなく、WEBサービスやアプリなどといった「ログイン時にカギが必要なサービス」や、行政が発行する「公的証明書・金融取引・電子カルテ」など、様々な分野との連携を図り、2020年末までには"Connected Partner"を50社にまで増やすことを目指すとされています。

>>「株式会社ビットキー」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アリババ Pictures:ブロックチェーンで「映画配信権」トークン化へ、Breakerと協力

アリババ Pictures:ブロックチェーンで「映画配信権」トークン化へ、Breakerと協力

Coincheck:仮想通貨の「自動積立サービス」を開始|手数料無料で提供

Coincheck:仮想通貨の「自動積立サービス」を開始|手数料無料で提供

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

FCバルセロナ:スタジアムで流す曲「ブロックチェーン投票アプリSocios」で決定へ

FCバルセロナ:スタジアムで流す曲「ブロックチェーン投票アプリSocios」で決定へ

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

青汁王子こと三崎 優太氏「FAME MMA」の公式アンバサダーに就任

青汁王子こと三崎 優太氏「FAME MMA」の公式アンバサダーに就任

注目度の高い仮想通貨ニュース

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す