【注意】IOTA(MIOTA)ウォレットで「ユーザー資金盗難」の被害

by BITTIMES

アイオータ財団(IOTA Foundation)は2020年2月13日に、仮想通貨MIOTAを保管することができる公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」で一部ユーザーの資産が盗難されたことを報告し、被害拡大を防ぐためにユーザーに対して『安全が確保されるまで"Trinityウォレット"を使用しないように』と注意喚起を行いました。

こちらから読む:自動車業界で技術活用進む「IOTA/MIOTA」関連ニュース

IOTA財団「Trinityを使用しないように」と注意喚起

IOTA財団は2020年2月13日に、仮想通貨MIOTAを保管するための公式ウォレットである「Trinity(トリニティ)」で不審な動きがあったことを報告し、ユーザーに対して『新しいアナウンスが行われるまでTrinityを使用しないように』と注意喚起を行いました。

本日14日に投稿されたツイートでは「Trinityを使用している一部ユーザーのウォレットから資金が盗み出されたこと」や「計画的な攻撃の兆候がみられることを受けて一部機能を停止したこと」などが報告されています。現在はセキュリティ専門家・法執行機関・取引所とも協力し調査を続行しているとのことで、引き続き『Trinityを使用しないように』と注意が促されています。

現在IOTAは法執行機関やサイバーセキュリティの専門家と協力して攻撃や盗まれた資金の調査を行なっています。ユーザーを保護するためにコーディネーター(*1)を一時停止しています。通知があるまでTrinityを開かないようにしてください。
(*1)コーディネーター:トランザクション(取引)の監視・署名を行うアプリケーションのこと

発表が行われた時点で確認されている被害者の数は「トリニティウォレットを使用していた10名」だと報告されており、被害者の内の半数がIOTA財団に報告を行なっていると説明されています。また調査を行なった結果「発表時点では盗まれた資金の換金が行われていないこと」も報告されています。

なお、IOTA財団は「攻撃者に追加の情報を提供して被害を拡大させないようにするために、公開する情報を制限している」とも説明しており、今回の件に関する詳しい情報は現在行われている作業が完了した後に公開すると補足しています。

また「これまでに公開されている情報以外の攻撃シナリオを排除しているわけではない」とも強調されています。現在も調査は続行されており、新たな攻撃の可能性も残されているため、トリニティウォレットを使用している方はIOTA財団から公式発表が行われるまでウォレットを開かないように注意しましょう。

>>「IOTA財団」の公式発表はこちら

2020年2月14日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は今月3日と先日12日に38円台まで回復したものの、現在はやや下落しており、2020年2月14日時点では「1MIOTA=34.53円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年12月17日〜2020年2月14日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月17日〜2020年2月14日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米Kraken:カルダノ(Cardano/ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

米Kraken:カルダノ(Cardano/ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

ビットバンク「ビットコイン取引手数料50%還元キャンペーン!」開催へ

ビットバンク「ビットコイン取引手数料50%還元キャンペーン!」開催へ

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

Vodafone×Energy Web「ブロックチェーン・SIM・IoT」で再生可能エネルギーを管理

Vodafone×Energy Web「ブロックチェーン・SIM・IoT」で再生可能エネルギーを管理

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

XANAの「ご当地アトムNFT鳥取県編」BINANCE NFTで発売へ:NOBORDERZ

XANAの「ご当地アトムNFT鳥取県編」BINANCE NFTで発売へ:NOBORDERZ

注目度の高い仮想通貨ニュース

1inch Network:カード型ハードウェアウォレット「1inch Hardware Wallet」を発表

1inch Network:カード型ハードウェアウォレット「1inch Hardware Wallet」を発表

Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

SBI VCトレード「今後のFlareトークン獲得方法」について続報

SBI VCトレード「今後のFlareトークン獲得方法」について続報

SBI VCトレード「FLRトークンの入庫対応」開始|ラップ&デリゲートの代行サービスも

SBI VCトレード「FLRトークンの入庫対応」開始|ラップ&デリゲートの代行サービスも

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

HEXA:擬似DAOプロジェクトの新規NFT販売ができる「INO機能」を実装

HEXA:擬似DAOプロジェクトの新規NFT販売ができる「INO機能」を実装

【日本初】鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」展開へ:西日本鉄道

【日本初】鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」展開へ:西日本鉄道

Flare Networks CEO:改善提案FIP.01の目的などを説明|一部の批判的意見に対処

Flare Networks CEO:改善提案FIP.01の目的などを説明|一部の批判的意見に対処

Metacade(MCADE)のようなブロックチェーンゲームのプラットフォームがプレイヤーの間で注目を集めています!

Metacade(MCADE)のようなブロックチェーンゲームのプラットフォームがプレイヤーの間で注目を集めています!

Oasys:分散型自律組織(DAO)に向けたガバナンス体制を立ち上げ

Oasys:分散型自律組織(DAO)に向けたガバナンス体制を立ち上げ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す