【注意】IOTA(MIOTA)ウォレットで「ユーザー資金盗難」の被害

by BITTIMES

アイオータ財団(IOTA Foundation)は2020年2月13日に、仮想通貨MIOTAを保管することができる公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」で一部ユーザーの資産が盗難されたことを報告し、被害拡大を防ぐためにユーザーに対して『安全が確保されるまで"Trinityウォレット"を使用しないように』と注意喚起を行いました。

こちらから読む:自動車業界で技術活用進む「IOTA/MIOTA」関連ニュース

IOTA財団「Trinityを使用しないように」と注意喚起

IOTA財団は2020年2月13日に、仮想通貨MIOTAを保管するための公式ウォレットである「Trinity(トリニティ)」で不審な動きがあったことを報告し、ユーザーに対して『新しいアナウンスが行われるまでTrinityを使用しないように』と注意喚起を行いました。

本日14日に投稿されたツイートでは「Trinityを使用している一部ユーザーのウォレットから資金が盗み出されたこと」や「計画的な攻撃の兆候がみられることを受けて一部機能を停止したこと」などが報告されています。現在はセキュリティ専門家・法執行機関・取引所とも協力し調査を続行しているとのことで、引き続き『Trinityを使用しないように』と注意が促されています。

現在IOTAは法執行機関やサイバーセキュリティの専門家と協力して攻撃や盗まれた資金の調査を行なっています。ユーザーを保護するためにコーディネーター(*1)を一時停止しています。通知があるまでTrinityを開かないようにしてください。
(*1)コーディネーター:トランザクション(取引)の監視・署名を行うアプリケーションのこと

発表が行われた時点で確認されている被害者の数は「トリニティウォレットを使用していた10名」だと報告されており、被害者の内の半数がIOTA財団に報告を行なっていると説明されています。また調査を行なった結果「発表時点では盗まれた資金の換金が行われていないこと」も報告されています。

なお、IOTA財団は「攻撃者に追加の情報を提供して被害を拡大させないようにするために、公開する情報を制限している」とも説明しており、今回の件に関する詳しい情報は現在行われている作業が完了した後に公開すると補足しています。

また「これまでに公開されている情報以外の攻撃シナリオを排除しているわけではない」とも強調されています。現在も調査は続行されており、新たな攻撃の可能性も残されているため、トリニティウォレットを使用している方はIOTA財団から公式発表が行われるまでウォレットを開かないように注意しましょう。

>>「IOTA財団」の公式発表はこちら

2020年2月14日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は今月3日と先日12日に38円台まで回復したものの、現在はやや下落しており、2020年2月14日時点では「1MIOTA=34.53円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年12月17日〜2020年2月14日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月17日〜2020年2月14日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

Winklevoss兄弟:安定仮想通貨「ジェミニドル(GUSD)」を発表

Winklevoss兄弟:安定仮想通貨「ジェミニドル(GUSD)」を発表

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

bitFlyer Holdings「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に参加

bitFlyer Holdings「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「2022年テスト開始」を予定

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「2022年テスト開始」を予定

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す