道路情報共有者への「IOTA/MIOTA報酬」提供を計画:ジャガーランドローバー

by BITTIMES

Jaguar Land Rover(ジャガーランドローバー)分散型台帳技術チームのソフトウェア開発者であるAaron Hetherington氏はアイルランドのテックメディア「Silicon Republic」のYouTubeインタビューの中で、同社が開発を進めている"アイオータ(IOTA/MIOTA)を用いた報酬システム"の一例について説明を行いました。

こちらから読む:BOSCH、IOTA電子決済システムで特許申請「IOTA」関連ニュース

道路状況の自動報告で「仮想通貨報酬」を付与

Jaguar Land Rover(ジャガーランドローバー)は、以前からアイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用したプロジェクトを進めており、仮想通貨MIOTAを稼ぐことができる"スマートウォレット機能"を車両に搭載するテストを実施していることなどを明らかにしていました。

同社の分散型台帳技術チームでソフトウェア開発を行なっているAaron Hetherington(アーロン・ヘザリントン)氏は、アイルランドのテクノロジーニュースメディア「Silicon Republic」のインタビューに答えた際に、IOTAを活用した報酬システムの一例として「道路の問題を報告することによって仮想通貨MIOTAで報酬を得ることができる仕組み」について説明を行なっています。

具体的には「車両が道路で舗装が必要な"くぼみ"を見つけた場合に、修理が必要な場所の詳細情報を英国とアイルランドの地方議会に送信し、その報酬としてMIOTAなどの仮想通貨報酬を受け取ることができる仕組み」が挙げられています。

この他にも渋滞情報などといった"道路状況のデータ"を送信して、カーナビなどのサービスに役立てることも計画されており、報酬として支払われた仮想通貨を「通行料・駐車料金・電気料金」などの自動支払いに利用できる環境作りなども構想されています。

これらのデータ通信は自動的に行われるため、ドライバーはいつも通りの運転をしながら道路整備に貢献して仮想通貨報酬を受け取り、自動車関連の支払い料金を削減することができるようになると期待されます。

ジャガーランドローバーは最終的に「事故ゼロ・渋滞ゼロ・排出ガスゼロ」の環境に優しい画期的な電気自動車(EV)を生産することを目標に掲げています。仮想通貨ウォレット機能が車両に搭載されれば、自動車関連サービスの幅が大幅に広がると予想されるため、同社の今後の取り組みには注目が集まります。

>>「Silicon Republic」の報道はこちら

2020年2月11日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は昨年12月に17.16円付近まで下落したものの、その後の回復によって現在は2019年9月の高値を突破しており、2020年2月11日時点では「1MIOTA=34.16円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年8月16日〜2020年2月11日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月16日〜2020年2月11日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

顔認証レンタカーサービスに「ブロックチェーン技術」活用:中国Alipay

顔認証レンタカーサービスに「ブロックチェーン技術」活用:中国Alipay

世界4大会計事務所が「最も重要な暗号資産」を選出|企業は技術革新にどう対応していくべきか?

世界4大会計事務所が「最も重要な暗号資産」を選出|企業は技術革新にどう対応していくべきか?

仮想通貨でランボルギーニの「史上最速モデル」が買える!BCH・ETHにも対応

仮想通貨でランボルギーニの「史上最速モデル」が買える!BCH・ETHにも対応

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

SIRIN LABS:IOTAではなくEthereumブロックチェーンを使用する

SIRIN LABS:IOTAではなくEthereumブロックチェーンを使用する

東大・トヨタ・TRENDE:ブロックチェーン活用した「電力の個人間売買システム」を検証

東大・トヨタ・TRENDE:ブロックチェーン活用した「電力の個人間売買システム」を検証

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

FX-Listから始める外国為替投資

FX-Listから始める外国為替投資

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

Universal Robots「UR5ロボット」のアプリケーション

Universal Robots「UR5ロボット」のアプリケーション

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

ビットコイン下落はこれから「1BTC=35万円予想」的中させたアナリストが警告

ビットコイン下落はこれから「1BTC=35万円予想」的中させたアナリストが警告

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】NEW

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す