4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

by BITTIMES

大手仮想通貨取引所「Bitfinex(ビットフィネックス)」で2016年に盗まれたビットコイン(Bitcoin/BTC)の一部が、その約4年後となる2020年5月22日に"未知のウォレット"へと移動されたことが明らかになりました。

こちらから読む:Cash App、"BTC自動定期購入機能"を追加「ビットコイン」関連ニュース

Bitfinexで盗まれた「約28.3BTC」が移動

Bitfinex(ビットフィネックス)では2016年にハッキング事件が発生し、当時の価格換算で合計約7,200万ドル(約77.5億円)に相当する約120,000BTCが盗み出されました。なお、120,000BTCを現在価格に換算すると「約1,200億円」に相当します。

これまでに行われてきた"仮想通貨取引所に対するハッキング"で盗まれた資金の多くは回収できていないのが現状ですが、2016年にビットフィネックスで盗まれたBTCの一部は、最近再び移動され始めていると報告されています。

仮想通貨の巨額送金を定期的に報告しているWhale Alert(@whale_alert)は、2020年5月22日のツイートで『2016年にBitfinexで盗まれた"28.39124BTC(約2,830万円)"が未知のウォレットへと移動された』と報告しています。

⚠2016年のBitfinexハッキングで盗難された「28.39124BTC(255,863USD)」が未知のウォレットに転送されました。

Bitfinexから盗まれたビットコインは2019年6月頃にも移動されており「合計6回の取引で185BTCが移動された」と報告されています。2019年6月初めに80万円〜90万円付近で取引されていたビットコインは、2019年6月末までに150万円まで高騰した後に再び下落したため、一部投資家の間では「大幅な価格変動」を予想する意見も出ています。

「冬眠状態だったウォレット」の動きに注目集まる

ビットコインの半減期が過ぎた後には、長年に渡って移動されていなかったBTCが移動され始めていることも報告されており、今月20日頃には「2009年から移動されていなかったサトシ・ナカモトのものかもしれないウォレットから40BTCが送金された」として話題となりました。

この話題に関しては様々な憶測が出ており「送金されたBTCが誰のものだったのか」に関する具体的な答えは明らかになっていませんが、"長期的に冬眠状態だったBTCが移動され始めていること"は事実であるため、仮想通貨業界では『ビットコイン市場で今後何かが起きるのではないか?』と予想する意見が多数でています。

2020年5月23日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)は過去数週間に渡って主要な抵抗線となっていた106万円付近の価格帯を突破することができずに、先日22日には95万円付近まで下落したものの、その後は再び回復してきており、2020年5月23日時点では「1BTC=1,000,616円」で取引されています。

2020年4月23日〜2020年5月23日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月23日〜2020年5月23日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

税金問題に言及「仮想通貨への課税なくすべき」元米国大統領候補ロン・ポール氏

税金問題に言及「仮想通貨への課税なくすべき」元米国大統領候補ロン・ポール氏

中国、デジタル人民元「5月」からテスト運用開始か=現地メディア報道

中国、デジタル人民元「5月」からテスト運用開始か=現地メディア報道

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

注目度の高い仮想通貨ニュース

ALPHA ROC(アルファロック)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ALPHA ROC(アルファロック)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

仮想通貨都市「AKONCITY」の詳細情報が明らかに|7つの主要地区で構成

仮想通貨都市「AKONCITY」の詳細情報が明らかに|7つの主要地区で構成

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

DMMビットコイン「最大2万円プレゼント!アプリ90万DL突破!キャンペーン」開催へ

DMMビットコイン「最大2万円プレゼント!アプリ90万DL突破!キャンペーン」開催へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月16日〜22日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月16日〜22日

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

ブロックチェーン用いた「EV・PHEVのCO2排出削減量記録システム」開発:A.L.I.×ユビ電

ブロックチェーン用いた「EV・PHEVのCO2排出削減量記録システム」開発:A.L.I.×ユビ電

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す