ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の半減期が近づくにつれて仮想通貨業界では今後のBTC価格に対する関心が高まっていますが、米国の有名な仮想通貨ヘッジファンド「Pantera Capital」のDan Morehead CEOは『もしも歴史が繰り返されるならば、BTC価格は2021年8月に5,000万円を超える』と語っています。

こちらから読む:運動するとBTCが貯まるアプリ、近日公開へ「ビットコイン」関連ニュース

2021年8月「1BTC=5,000万円越え」の可能性

仮想通貨業界では2020年5月12日頃に予定されている「ビットコインの半減期」に期待が高まっていますが、米国の仮想通貨ヘッジファンド「Pantera Capital(パンテラ・キャピタル)」のCEOであるDan Morehead(ダン・モアヘッド)氏も「ビットコイン価格が大幅に上昇する可能性は50%以上ある」と予想しています。

同氏は2020年4月30日に投資家に向けて送った手紙の中で「半減期がビットコイン価格に与える影響」について語った際に、『新規発行されるBTCが半分になった時に、もしもその他全ての条件が同じであった場合には価格は上昇するはずだ』とコメントした上で、『もしも歴史が繰り返されるとしたらビットコイン価格は2021年8月に53万3,431ドル(約5,687万円)のピークを迎えるだろう』と語っています。

ビットコインは歴史的に半減期の459日前に底を打っており、その後は爆発的に上昇しています。半減期後の上昇は平均446日でピークを迎えます。ただし今回のサイクルでは、半減期の514日前に底打ちしていると言えます。

もし歴史が繰り返されるのであれば、ビットコインは2021年8月でピークに達し「533,431ドル」になります。言うまでもありませんがこれは"もしも"の話です。この価格予想は馬鹿げているように見えるかもしれませんが、ビットコイン価格が上昇する可能性は50%あります。

(画像:Pantera Capital)(画像:Pantera Capital)

ダン・モアヘッド氏は最近「whatbitcoindid.com」のポッドキャストに出演した際にも『ビットコインが今後12ヶ月以内に記録的な高値に達することを強く確信している』と語っており、『大量に紙幣が印刷されている米ドルや英ポンドなどの通貨は価値が下がることになる』と予想しています。

「半減期で価格が上昇する」という考え方は"半減期後もビットコインの需要が下がらないこと"を前提としていますが、現在も「ビットコインに対する関心」や「BTCを保有するウォレットの数」などは増加していると報告されているため、半減期後にBTC価格が上昇する可能性は高いと考えられます。

>>「Pantera Capital」の公式発表はこちら

2020年5月5日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は先月末に100万円付近まで回復した後にやや下落していたものの、現在は再び上昇傾向が見られ始めており、2020年5月5日時点では「1BTC=964,122円」で取引されています。

2020年4月21日〜2020年5月5日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月21日〜2020年5月5日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PayPal:仮想通貨関連企業の買収に向け「BitGo」などと交渉か=Bloomberg報道

PayPal:仮想通貨関連企業の買収に向け「BitGo」などと交渉か=Bloomberg報道

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

Bloktopia「REBLOK NFT販売」の詳細・購入方法を発表|本日20時からアクセス可能

Bloktopia「REBLOK NFT販売」の詳細・購入方法を発表|本日20時からアクセス可能

インドの大手取引所「ステーブルコイン3銘柄の上場廃止」を発表:WazirX

インドの大手取引所「ステーブルコイン3銘柄の上場廃止」を発表:WazirX

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

【重要】ディーカレット:暗号資産の「レバレッジ取引サービス」終了へ

【重要】ディーカレット:暗号資産の「レバレッジ取引サービス」終了へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

岸田首相:所信表明演説で「メタバース・NFT・Web3.0」について言及

岸田首相:所信表明演説で「メタバース・NFT・Web3.0」について言及

Mastercard×hi:カスタマイズ可能な「NFTデビットカード」を発表

Mastercard×hi:カスタマイズ可能な「NFTデビットカード」を発表

LUNC復興に取り組む「Terra Rebels」ロードマップ公開|バーン活動も活発化

LUNC復興に取り組む「Terra Rebels」ロードマップ公開|バーン活動も活発化

大手暗号資産取引所BINANCE「日本市場への参入」再検討か=報道

大手暗号資産取引所BINANCE「日本市場への参入」再検討か=報道

DappRadar:カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン対応へ

DappRadar:カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン対応へ

PUMA:独自のメタバース「Black Station」公開|NFTスニーカーを展示

PUMA:独自のメタバース「Black Station」公開|NFTスニーカーを展示

アスター(ASTR)本格的にアメリカ進出|米暗号資産取引所「Binance US」に上場

アスター(ASTR)本格的にアメリカ進出|米暗号資産取引所「Binance US」に上場

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年8月28日〜9月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年8月28日〜9月3日

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

GREE(グリー)ブロックチェーンゲーム開発に向け「Web3事業」に参入

GREE(グリー)ブロックチェーンゲーム開発に向け「Web3事業」に参入

Rakuten NFT:自治体・関係団体のNFTコンテンツ販売「ご当地NFT」提供開始

Rakuten NFT:自治体・関係団体のNFTコンテンツ販売「ご当地NFT」提供開始

暗号資産の取引情報、世界各国で共有へ「課税逃れ防止」に向け枠組み構築=日経報道

暗号資産の取引情報、世界各国で共有へ「課税逃れ防止」に向け枠組み構築=日経報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す