暗号資産取引「イスラム法の範囲内」でも容認する方針:マレーシア証券取引委員会

by BITTIMES

マレーシア証券取引委員会のシャリア・アドバイザリー評議会(SAC)が、暗号資産(仮想通貨)を含めたデジタル資産の取引を容認する方針を示したことが明らかになりました。SACはイスラム法に則った監督機関であるため、SACからデジタル資産に関する明確なガイドラインが示されることによって、イスラム世界における暗号資産の利用拡大につながる可能性があると期待されています。

こちらから読む:Grayscale、大口ファンドの新たな比重を公開「暗号資産」関連ニュース

「認可された取引所でのデジタル資産取引」を許可

マレーシア証券取引委員会のDatuk Syed Zaid Albar委員長は2020年7月7日の「Invest Malaysia 2020」オンライン会議セッションの中で『証券取引委員会のシャリア・アドバイザリー評議会(SAC)は、"原則として認可されたデジタル資産取引所でデジタル通貨やトークンを取引・投資することを許可する"と決定した』と語ったと伝えられています。

同氏は『この決定はSACによる革新的な解決策である』と述べており、『この決定によってデジタル資産の開発と投資が促進される可能性がある』とも語っています。

証券取引委員会のシャリア・アドバイザリー評議会(SAC)は、原則として「登録済みのデジタル資産取引所でデジタル通貨とトークンを投資または取引することを許可する」ということを決議しました。

これはSACによる非常に革新的な解決策であり、デジタル資産の開発と投資を促進する可能性があります。

「The Edge Markets」の報告によると、マレーシア証券取引委員会は「Luno、Sinegy、Tokenize」という3つのデジタル資産取引所の運営を許可しているとのことで、これまでに少なくとも4つのデジタル資産を承認したとされています。また、Syed Zaid委員長は『決議が確定したら詳細を発表する』と説明しているとも報告されています。

「イスラム世界における暗号資産利用拡大」に期待感

マレーシアでは国民の60%以上がイスラム教徒であるため『今回の発表は極めて重要な意味を持つ』と伝えられています。コインテレグラフによると、同国で認可されたデジタル資産取引所の1つである「Sinegy」の創設者Kelvyn Chuah(ケルヴィン・チュア)氏は『マレーシアはイスラム金融とフィンテックの中心地になることを目指しており、今回の発表はデジタル資産に関連する多くの曖昧な点を明確にするものだ』と語ったと報告されています。

同氏によると「マレーシアでは現時点で規制されたデジタル資産の取引は容認されているものの、引き続き認められないような非準拠の活動もいくつか存在する」とされています。

シャリア・アドバイザリー評議会(SAC)はマレーシアの中央銀行と証券委員会に設置された監督機関であり、イスラム金融の分野で「イスラム法(シャリア)」に則った監督を行っています。イスラム法に関連する暗号資産関連のルールは明確化されていない現状があり、それによってイスラム世界での仮想通貨利用率を国際的に見て著しく低い状況に陥っていたため、SACからデジタル資産に関する完全なガイドラインが発表されれば、イスラム世界における暗号資産の利用拡大につながる可能性があると期待されています。

デジタル資産に関しては国際的にも容認する方針が強まってきており、先日は世界主要20ヵ国・地域で構成される「G20」がデジタル資産を事実上容認する方向で調整に入ったことなども報告されています。

>>「The Edge Markets」の報告はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

American Expressゼネラルマネージャー:リップルのクロスボーダー取引を賞賛

American Expressゼネラルマネージャー:リップルのクロスボーダー取引を賞賛

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

米国向け仮想通貨取引サービス「停止」を発表:分散型取引所Bancor

米国向け仮想通貨取引サービス「停止」を発表:分散型取引所Bancor

注目度の高い仮想通貨ニュース

マイニング大手BIT Mining:中国から「カザフスタン」にマイニングマシンを移動

マイニング大手BIT Mining:中国から「カザフスタン」にマイニングマシンを移動

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

米マーベル「Marvel公式NFTデジタルグッズ」リリースへ|収集品アプリVeVeと協力

米マーベル「Marvel公式NFTデジタルグッズ」リリースへ|収集品アプリVeVeと協力

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す