暗号資産取引「イスラム法の範囲内」でも容認する方針:マレーシア証券取引委員会

by BITTIMES

マレーシア証券取引委員会のシャリア・アドバイザリー評議会(SAC)が、暗号資産(仮想通貨)を含めたデジタル資産の取引を容認する方針を示したことが明らかになりました。SACはイスラム法に則った監督機関であるため、SACからデジタル資産に関する明確なガイドラインが示されることによって、イスラム世界における暗号資産の利用拡大につながる可能性があると期待されています。

こちらから読む:Grayscale、大口ファンドの新たな比重を公開「暗号資産」関連ニュース

「認可された取引所でのデジタル資産取引」を許可

マレーシア証券取引委員会のDatuk Syed Zaid Albar委員長は2020年7月7日の「Invest Malaysia 2020」オンライン会議セッションの中で『証券取引委員会のシャリア・アドバイザリー評議会(SAC)は、"原則として認可されたデジタル資産取引所でデジタル通貨やトークンを取引・投資することを許可する"と決定した』と語ったと伝えられています。

同氏は『この決定はSACによる革新的な解決策である』と述べており、『この決定によってデジタル資産の開発と投資が促進される可能性がある』とも語っています。

証券取引委員会のシャリア・アドバイザリー評議会(SAC)は、原則として「登録済みのデジタル資産取引所でデジタル通貨とトークンを投資または取引することを許可する」ということを決議しました。

これはSACによる非常に革新的な解決策であり、デジタル資産の開発と投資を促進する可能性があります。

「The Edge Markets」の報告によると、マレーシア証券取引委員会は「Luno、Sinegy、Tokenize」という3つのデジタル資産取引所の運営を許可しているとのことで、これまでに少なくとも4つのデジタル資産を承認したとされています。また、Syed Zaid委員長は『決議が確定したら詳細を発表する』と説明しているとも報告されています。

「イスラム世界における暗号資産利用拡大」に期待感

マレーシアでは国民の60%以上がイスラム教徒であるため『今回の発表は極めて重要な意味を持つ』と伝えられています。コインテレグラフによると、同国で認可されたデジタル資産取引所の1つである「Sinegy」の創設者Kelvyn Chuah(ケルヴィン・チュア)氏は『マレーシアはイスラム金融とフィンテックの中心地になることを目指しており、今回の発表はデジタル資産に関連する多くの曖昧な点を明確にするものだ』と語ったと報告されています。

同氏によると「マレーシアでは現時点で規制されたデジタル資産の取引は容認されているものの、引き続き認められないような非準拠の活動もいくつか存在する」とされています。

シャリア・アドバイザリー評議会(SAC)はマレーシアの中央銀行と証券委員会に設置された監督機関であり、イスラム金融の分野で「イスラム法(シャリア)」に則った監督を行っています。イスラム法に関連する暗号資産関連のルールは明確化されていない現状があり、それによってイスラム世界での仮想通貨利用率を国際的に見て著しく低い状況に陥っていたため、SACからデジタル資産に関する完全なガイドラインが発表されれば、イスラム世界における暗号資産の利用拡大につながる可能性があると期待されています。

デジタル資産に関しては国際的にも容認する方針が強まってきており、先日は世界主要20ヵ国・地域で構成される「G20」がデジタル資産を事実上容認する方向で調整に入ったことなども報告されています。

>>「The Edge Markets」の報告はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

2018年12月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年12月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

David Schwartz「リップル(XRP)は完全に分権化されたデジタル通貨だ」

David Schwartz「リップル(XRP)は完全に分権化されたデジタル通貨だ」

イスラエルは証券取引所インデックスから仮想通貨企業を除外

イスラエルは証券取引所インデックスから仮想通貨企業を除外

神奈川県警:ビットコイン「1,000万円詐取」の容疑で男性3人を逮捕【全国初】

神奈川県警:ビットコイン「1,000万円詐取」の容疑で男性3人を逮捕【全国初】

TRON:ブロックチェーン上の3D仮想世界「NeoWorld」にトロンタワー建設

TRON:ブロックチェーン上の3D仮想世界「NeoWorld」にトロンタワー建設

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

PayPal「暗号資産売買&仮想通貨決済サービス」提供へ|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal「暗号資産売買&仮想通貨決済サービス」提供へ|BTC・ETHなど4銘柄に対応

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

トランプ大統領:新型コロナウイルス「陽性反応」ビットコイン・ドル円などが急落

トランプ大統領:新型コロナウイルス「陽性反応」ビットコイン・ドル円などが急落

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す