仮想通貨ICO・IEO関連の「新たなガイドライン」公開:マレーシア規制当局

by BITTIMES

マレーシアの金融規制当局であるマレーシア証券委員会(SC)は、2020年1月15日に「デジタル資産に関するガイドライン」を公開しました。このガイドラインの中では"未承認のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)"を禁止し、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)に近い規制を定める方針が記されています。

こちらから読む: 仮想通貨都市"AKON CITY"建設が現実的に「仮想通貨」関連ニュース

ICOは「仮想通貨取引所」経由で

マレーシア証券委員会(SC)が公開した「デジタル資産に関するガイドライン」には、仮想通貨を新規発行して資金調達を行うイニシャル・コイン・オファリング(ICO)は"仮想通貨取引所"を介して行う必要があることが明記されています。

これにより、マレーシア証券委員会の承認を受けずにICOを行うことは違法となり、マレーシアで認可された仮想通貨取引所が審査を行った上で認められた通貨発行者のみがICOを行うことができるようになります。

仮想通貨取引所を通じて新規仮想通貨発行による資金調達を行う方法は「イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)」として知られているため、今後マレーシアでは未承認のICOが禁止され、規制されたIEOのみが認められることになります。

「取引所・トークン発行者・投資家」への規制も明確化

ICOの仲介役となる仮想通貨取引所はトークン発行者の審査・評価を行なった上でIEOを開催することになりますが、この仲介役となる仮想通貨取引所にも
IEOオペレーターとして登録を完了していること
最低120万ドル(約1.3億円)相当の資本金を維持していること
デジタル資産取引所としてライセンスを取得していること
などの要件が求められています。

トークン発行者側に対する規制としては「最低1人の取締役が存在するマレーシア法人設立書類を有していること」や「最低122,000ドル(約1,300万円)相当の資本金を有していること」などが定められており、「トークンセールで最大500ドルまでしか入金できない個人投資家に対する投資制限条項」なども定められています。

これまで主流だったICOによる資金調達では詐欺の被害なども相次いで報告されていましたが、IEOでは一定の審査が行われた上で資金調達が行われるため、詐欺などの被害を抑え、トークン発行者側もスムーズに取引所上場などのプロセスを進めることができるようになると期待されます。

IEOは新しい資金調達方法として世界的に注目されており、日本でも仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)などが「IEOの実施を検討している」と発表しているため、今後はIEOを通じた資金調達が増加していくことになると予想されます。

今回マレーシア証券委員会が公開したガイドラインは、2020年後半に施行される予定だと伝えられています。

>>「マレーシア証券委員会が公開したガイドライン」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

スウェーデン国立銀行:デジタル通貨「eクローナ」のテスト実施へ|Accentureと協力

スウェーデン国立銀行:デジタル通貨「eクローナ」のテスト実施へ|Accentureと協力

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

ブラジルの仮想通貨取引所「NovaDAX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

ブラジルの仮想通貨取引所「NovaDAX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

ブロックチェーンで「ヘルスケア業界」のコスト削減へ|医療・健康保険会社がIBMと提携

ブロックチェーンで「ヘルスケア業界」のコスト削減へ|医療・健康保険会社がIBMと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

【注意】IOTA(MIOTA)ウォレットで「ユーザー資金盗難」の被害

【注意】IOTA(MIOTA)ウォレットで「ユーザー資金盗難」の被害

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

ブロックチェーンで「音楽配信を効率化」Bluebox提供へ:Ditto Music

ブロックチェーンで「音楽配信を効率化」Bluebox提供へ:Ditto Music

ロート製薬:ブロックチェーン実用化に向け「ユニメディア」と共同研究開始

ロート製薬:ブロックチェーン実用化に向け「ユニメディア」と共同研究開始

BITMAXで「銀行口座からの入出金」が可能に【LINEの仮想通貨取引サービス】

BITMAXで「銀行口座からの入出金」が可能に【LINEの仮想通貨取引サービス】

業界団体「ブロックチェーンコンテンツ協会」発足|自主規制ガイドライン策定へ

業界団体「ブロックチェーンコンテンツ協会」発足|自主規制ガイドライン策定へ

サッカーJ2水戸ホーリーホック「eスポーツチーム」設立【所属選手募集中】

サッカーJ2水戸ホーリーホック「eスポーツチーム」設立【所属選手募集中】

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

クジラが保有する仮想通貨「約50億円相当」が流出|個人がハッキング被害に

クジラが保有する仮想通貨「約50億円相当」が流出|個人がハッキング被害に

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

【注意】YouTubeで「1億XRPの無料配布」謳う詐欺師現る|日本人が標的に

【注意】YouTubeで「1億XRPの無料配布」謳う詐欺師現る|日本人が標的に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す