仮想通貨ICO・IEO関連の「新たなガイドライン」公開:マレーシア規制当局

by BITTIMES

マレーシアの金融規制当局であるマレーシア証券委員会(SC)は、2020年1月15日に「デジタル資産に関するガイドライン」を公開しました。このガイドラインの中では"未承認のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)"を禁止し、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)に近い規制を定める方針が記されています。

こちらから読む: 仮想通貨都市"AKON CITY"建設が現実的に「仮想通貨」関連ニュース

ICOは「仮想通貨取引所」経由で

マレーシア証券委員会(SC)が公開した「デジタル資産に関するガイドライン」には、仮想通貨を新規発行して資金調達を行うイニシャル・コイン・オファリング(ICO)は"仮想通貨取引所"を介して行う必要があることが明記されています。

これにより、マレーシア証券委員会の承認を受けずにICOを行うことは違法となり、マレーシアで認可された仮想通貨取引所が審査を行った上で認められた通貨発行者のみがICOを行うことができるようになります。

仮想通貨取引所を通じて新規仮想通貨発行による資金調達を行う方法は「イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)」として知られているため、今後マレーシアでは未承認のICOが禁止され、規制されたIEOのみが認められることになります。

「取引所・トークン発行者・投資家」への規制も明確化

ICOの仲介役となる仮想通貨取引所はトークン発行者の審査・評価を行なった上でIEOを開催することになりますが、この仲介役となる仮想通貨取引所にも
IEOオペレーターとして登録を完了していること
最低120万ドル(約1.3億円)相当の資本金を維持していること
デジタル資産取引所としてライセンスを取得していること
などの要件が求められています。

トークン発行者側に対する規制としては「最低1人の取締役が存在するマレーシア法人設立書類を有していること」や「最低122,000ドル(約1,300万円)相当の資本金を有していること」などが定められており、「トークンセールで最大500ドルまでしか入金できない個人投資家に対する投資制限条項」なども定められています。

これまで主流だったICOによる資金調達では詐欺の被害なども相次いで報告されていましたが、IEOでは一定の審査が行われた上で資金調達が行われるため、詐欺などの被害を抑え、トークン発行者側もスムーズに取引所上場などのプロセスを進めることができるようになると期待されます。

IEOは新しい資金調達方法として世界的に注目されており、日本でも仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)などが「IEOの実施を検討している」と発表しているため、今後はIEOを通じた資金調達が増加していくことになると予想されます。

今回マレーシア証券委員会が公開したガイドラインは、2020年後半に施行される予定だと伝えられています。

>>「マレーシア証券委員会が公開したガイドライン」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

Moonstake Wallet「Everscale(EVER)のステーキング」対応へ

Moonstake Wallet「Everscale(EVER)のステーキング」対応へ

Walmart(ウォルマート)「仮想通貨・デジタル通貨のプロダクト責任者」を募集

Walmart(ウォルマート)「仮想通貨・デジタル通貨のプロダクト責任者」を募集

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

スロバキア議会「仮想通貨の税率引き下げ」に関する改正案を承認

スロバキア議会「仮想通貨の税率引き下げ」に関する改正案を承認

Chiliz Exchange:パリ・サンジェルマンFCの公式ファントークン「PSG」本日取引開始

Chiliz Exchange:パリ・サンジェルマンFCの公式ファントークン「PSG」本日取引開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

それぞれの指で異なる仮想通貨ウォレットを管理?バイオメトリクスウォレットが誕生

それぞれの指で異なる仮想通貨ウォレットを管理?バイオメトリクスウォレットが誕生

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

Trezor「顧客情報漏洩」について注意喚起|フィッシング詐欺などに要注意

Trezor「顧客情報漏洩」について注意喚起|フィッシング詐欺などに要注意

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す