Chiliz:暗号資産デリバティブ取引所FTXの親会社「Alameda Research」と提携

by BITTIMES   

スポーツチームの公式ファントークン発行などを支援している「チリーズ(Chiliz/CHZ)」は2020年8月18日に、暗号資産デリバティブ取引所「FTX」の親会社としても知られる投資会社「Alameda Research(アラメダ・リサーチ)」から戦略的投資を受けたことを発表しました。

こちらから読む:Sorare、Jリーグ全選手のBCカード発行へ「暗号資産」関連ニュース

Alameda Researchが「Chiliz」に戦略的投資

チリーズ(Chiliz/CHZ)はスポーツチームの公式ファントークン発行などを支援しているトークン化プラットフォームであり、ファントークンを用いてスポーツクラブの重要な決定に投票で参加することができる「Socios.com(ソシオスドットコム)」や、公式ファントークンの取引所である「Chiliz Exchange(Chiliz.net)」などを展開しています。

Chilizはこれまでにも様々なスポーツクラブとの提携を発表していましたが、今回の発表では暗号資産デリバティブ取引所「FTX」の親会社としても知られる投資会社「Alameda Research(アラメダ・リサーチ)」から戦略的投資を受けたことが報告されています。

Alameda Research(アラメダ・リサーチ)はウォールストリートやシリコンバレーの専門知識を活用して、世界中の仮想通貨市場に流動性を提供する定量的取引会社であり、現在は1億ドル(約106億円)を超えるデジタル資産を管理し、1日あたりおよそ6億ドル〜15億ドル(約633億円〜1,583億円)の取引を行なっていると伝えられています。

「仮想通貨CHZの流動性強化」など実施へ

Chilizの公式発表によると、今回の提携によって「Alameda ResearchによるCHZの流動性増大、Chilizが展開する暗号資産エコシステムの成長サポート、スポーツファン・暗号資産ファン・ChilizパートナーのためのCHZ流動性強化」が行われると説明されています。

「Chiliz」と「Socios.com」のCEO兼創設者であるAlexandre Dreyfus(アレクサンドル・ドレイファス)氏は、「Alameda Research」との提携について次のようにコメントしています。

Alameda Researchは全ての主要取引所&市場での取引を可能とする、暗号資産界の中で最も洗練された取引システムを作り上げました。CHZがAlameda Researchの国際的オペレーションに追加されることを非常に嬉しく思っています。Alamedaチームの皆様をパートナー、そして戦略的投資家として歓迎いたします。

「FCバルセロナ、アトレティコ・マドリード、パリ・サンジェルマン、ユベントス、ASローマ、ガラタサライ、CAインデペンディエンテ・OG」などといった様々なスポーツチーム提携を結んでいる「Chiliz」は、2020年末まで50を超えるクラブチームが「Socios.com」でファントークンを発行する予定であることも明かしているため、これらのファントークンの取引に使用されるCHZの流動性は今後もさらに高まっていくことになると予想されます。

また、本日18日の日本時間20時からは「YouTube」と「Theta TV」で Alexandre Dreyfus氏の"生放送AMA"が行われ、「新たにファントークンオファリング(FTO)を実施する4チームの発表」や「新機能&アップデート・新業務提携&事業開発進捗」などについての発表も行われる予定となっているためこれらの内容にも注目です。

>>「Chiliz」の公式発表はこちら

2020年8月18日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格は今年3月に0.56円付近まで下落した後は順調に回復していましたが、今回の発表を受けてCHZ価格はさらに上昇しており、2020年8月18日時点では「1CHZ=2.26円」で取引されています。

>>CHZを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

2020年2月21日〜2020年8月18日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2020年2月21日〜2020年8月18日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

パレットチェーンで「飲食店36店舗のクーポンNFT」を発行:HashPort×大阪外食産業協会

パレットチェーンで「飲食店36店舗のクーポンNFT」を発行:HashPort×大阪外食産業協会

DAG(有向非巡回グラフ)とは?

DAG(有向非巡回グラフ)とは?

Zaif INO第7弾:TOKYO NFT LABが発行するNFT「edo2022~六覇神~」販売へ

Zaif INO第7弾:TOKYO NFT LABが発行するNFT「edo2022~六覇神~」販売へ

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

エルサルバドル:仮想通貨推進都市「ビットコインシティ」建設へ|BTC裏付国債で資金調達

エルサルバドル:仮想通貨推進都市「ビットコインシティ」建設へ|BTC裏付国債で資金調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの上場承認時期」についてコメント

米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの上場承認時期」についてコメント

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ビットコイン投資戦略「NASDAQ上場の医療機器メーカー」も採用|約63億相当の購入報告

ビットコイン投資戦略「NASDAQ上場の医療機器メーカー」も採用|約63億相当の購入報告

カルダノ基盤ステーブルコインUSDM開発企業「Moneta」に名称変更

カルダノ基盤ステーブルコインUSDM開発企業「Moneta」に名称変更

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す