【Chiliz/CHZ】エストニア規制当局から「仮想通貨取引・カストディ」のライセンス取得

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2020年7月30日に、エストニアの暗号資産(仮想通貨)関連企業にライセンスを付与する機関である「金融情報機関(FIU)」から「仮想通貨/法定通貨の交換サービス」と「ウォレット管理サービス(カストディ)」のライセンスを付与されたことを発表しました。

こちらから読む:日本国内でも"BAT報酬"が獲得可能に「暗号資産」関連ニュース

規制強化されたエストニアで「ライセンス取得」

エストニアは暗号資産・ブロックチェーンの先進国として知られており、非常に多くの企業が同国でライセンスを取得していましたが、最近では『認可を受けている暗号資産関連企業がライセンスを悪用している可能性がある』として見直しが進められているため、今年6月には同国ですでにライセンスを取得していた企業の約3分の1にあたる500社超のライセンスが取り消しになったことなども報告されていました。

しかしチリーズ(Chiliz/CHZ)は今回、そのようなライセンス規則が厳格化されているエストニアで正式に「仮想通貨/法定通貨の交換サービス」と「ウォレット管理サービス(カストディ)」のライセンスを付与されたことを発表しています。

今回付与されたライセンス(FVT000073)は、新しくエストニアで設立された「Socios Entertainment OU」に付与されており、このライセンスは"2020年7月29日から無制限に有効"だと説明されています。

今回新しいライセンスを取得したことによって、ChiliZが支援するファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」が今年2月に発表した支払いやポイントカードなどとして利用することができるカードの長期的な開発を継続することができるようになるとのことです。このカードは『世界をリードする決済プロバイダーによって提供される予定』だと説明されており、近い将来にリリースされると説明されています。

「Chiliz」と「Socios.com」はすでに様々なスポーツチームと提携を結んでおり、暗号資産取引所へのCHZ上場も続々と発表されていますが、その他にも提携チームをさらに50チームほど拡大する計画や複数の機能を備えたカードを発行する計画なども明らかにされているため、今後の新しい発表にも注目です。

>>「Chiliz」の公式発表はこちら

2020年7月31日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格は数日前まで1.30円前後で推移していたものの、今回の発表が行われた後には1.50円まで急騰しており、2020年7月31日時点では「1CHZ=1.43円」で取引されています。

>>CHZを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

2020年7月17日〜2020年7月31日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2020年7月17日〜2020年7月31日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

「仮想通貨規制が歓迎される?」マレーシア中央銀行の取り組み

「仮想通貨規制が歓迎される?」マレーシア中央銀行の取り組み

Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

ベーシックインカムの実現目指すブロックチェーンwebアプリ「space0」ベータ版公開

ベーシックインカムの実現目指すブロックチェーンwebアプリ「space0」ベータ版公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す