【Chiliz】ファンに特典・報酬を付与する「Socios.com VISAデビットカード」発行へ

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2020年8月14日に、スポーツファンと選手・チームの交流を深めるファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」が、世界中のファンの人々に様々な特典と報酬を与えることを目的とした「I AM MORE THAN A FAN:Socios.com VISAデビットカード」を発行することを発表しました。

こちらから読む:BITMAX、"オープンチャットとの連携機能"追加「暗号資産」関連ニュース

「Socios.com VISAデビットカード」発行へ

Socios.com(ソシオスドットコム)は、スポーツファンと選手・チームの交流を深めることを目的としたファン投票&報酬アプリであり、「Be More Than A Fan(ファン以上になろう)」というビジョンに基づいて、スポーツクラブの公式仮想通貨である「ファントークン」を用いてクラブ投票イベントに参加する権利や報酬を獲得する権利をユーザーに付与しています。

「Chiliz」と「Socios.com」はこれまでにも「FCバルセロナ、ユベントス、パリ・サンジェルマン、アトレティコ・マドリード、ASローマ、ガラタサライ、CAインデペンディエンテ、UFC(総合格闘技団体)、OG(eスポーツチーム)」などといった様々なスポーツクラブとの提携を発表していましたが、今回の発表では新たに「Socios.com VISAデビットカード」のローンチが決定したことが報告されています。

「Socios.com VISAデビットカード」とは?

「Socios.com VISAデビットカード」は様々な報酬や特典を受けることができるVISAデビットカードとなっており、イギリス・ロンドンを拠点にオープンバンキングAPI・プラットフォームを提供している「Railsbank(レイルズバンク)」のオープンバンキングプラットフォームが活用されています。

このカードを保有しているユーザーには本人確認認証済みの「Socios.com ID」にリンクされたグローバルIDが付与され、クラブグッズ・クラブスポンサー企業製品を獲得したり、割引サービスを受けたりすることができるようになっています。なお、リンクされたIDは「Socios.comアプリ」で確認することができるようになる予定です。

仮想通貨CHZによる「キャッシュバック機能」

「Socios.com VISAデビットカード」の利用者は「Socios.com」のユーロ・ポンドウォレットに入金することによって、従来の決済用カードのようにショッピングやサービスでの支払いにカードを利用することが可能であり、カードを利用して"クラブチーム公式スポンサー企業の製品"を購入するとカードに連携している「Socios.com」のアカウントで仮想通貨「CHZ」でキャッシュバックを受けることもできるようになっています。

キャッシュバックで受け取ったCHZは、各クラブチームが発行しているファントークンと交換することができ、交換したファントークンは「クラブチームが開催する投票イベント、ファンステータスの強化、特別体験」などを含めた様々な報酬の獲得に使用することができます。

カード使用日には「CHZエアドロップ」開催

カードを使用した日には「CHZエアドロップ(勝者には100ユーロ相当)」が開催され、リーダーボードのポイントも増えるため、特別体験などの報酬を獲得するチャンスよりも大きいものになるとも説明されています。これらの特典はスタジアム、スポーツバー、スタジアムから5km以内の小売店などで試合当日にカードを使用することによって獲得できるとのことです。

また、カードを使用すると「Socios.com」でのファンとしてのステータスを強化することもできるとされており、クラブチームのスポンサー企業にとっても、ファンの購入を促すインセンティブとして機能すると期待されています。

「スタジアム入場券」としての使用も計画

「Socios.com VISAデビットカード」は、一部スタジアムへの入場券としても使用できるようになるとされています。スタジアム入場券として使用する際には、Socios.comのブロックチェーン技術を活用することによって、ユーザーの電話番号とカードを入場チケットとして安心安全に使用できるようになるとされています。

「各種クラブの限定デザインカード」も発行予定

デビットカードの表面には「I AM MORE THAN A FAN(私はファン以上の存在)」と記されており、今後は「Sociosデザインカード」だけでなく、ファントークンの保有数に応じて入手可能な「各種クラブの限定デザインカード」も発行される予定だと説明されています。

Chilizは『このデビットカードを保有することによって、様々な報酬&特典へのアクセスが可能となるだけではなくファンのステータス強化にもつながる』と説明しています。

欧州26カ国で公開後、順次世界中に展開

「Socios.com VISAデビットカード」には、欧州・中東諸国で使用されている銀行口座の所在国・支店・口座番号を特定するための統一規格のコードである「IBAN」が含まれており、欧州経済領域(EEA)26ヵ国でのローンチ後に順次世界中の市場に展開されていく予定だと説明されています。

正式な「Socios.com VISAデビットカード」のローンチは、2020年夏に予定しているとのことです。

クラブとファンの距離を「限りなく近いもの」に

「Chiliz」と「Socios.com」のCEO兼創設者であるAlexandre Dreyfus(アレクサンドル・ドレイファス)氏は「Socios.com VISAデビットカード」のローンチによって『クラブとファンの距離を限りなく近いものにすることができる』と語っています。

「Socios.com VISAデビットカード」はクラブとファンの距離を限りなく近いものにするでしょう。ファンは愛するクラブに関連するグッズや製品を購入することによって、キャッシュバック、報酬ポイント、そしてファンステータスの強化を行うことができます。

また「Railsbank社」の国際営業部担当者であるLouisa Murray氏は次のようにコメントしています。

フィンテックとサッカーはまさに夢の組み合わせと言えます!ChilizとSocios.comにRailsbankのプラットフォームが選ばれたことを非常に光栄に思います。成功に向けてワクワクするような製品を共に作り上げていきます。

私たちは、どんな会社でも、どんな製品でもフィンテックと銘打つことができると思っています。また、フィンテックがいかに人々の人生を豊かにし、社会の形成に役立つかにおいて非常に良い例だと考えています。

「Chiliz」と「Socios.com」は既に様々なスポーツクラブとの提携を発表していますが、今後はさらに約50のスポーツ団体が「Socios.com」のプラットフォームにオンボードされていく予定となっており、2020年8月25日には新たに4チームの「ファン・トークン・オファリング(FTO)」が開催予定であることも報告されているため、今後の発表にも注目です。

2020年8月25日に開催されるファン・トークン・オファリング(FTO)のチームの詳細は2020年8月18日に発表されるとのことです。

>>「Chiliz」の公式発表はこちら

2020年8月15日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格は今年3月に0.56円付近まで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年8月15日時点では「1CHZ=1.97円」で取引されています。

>>CHZを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

2020年2月18日〜2020年8月15日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2020年2月18日〜2020年8月15日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

DAZN MOMENTS「セカンダリーマーケットプレイス」提供開始|記念キャンペーンも

DAZN MOMENTS「セカンダリーマーケットプレイス」提供開始|記念キャンペーンも

人気NFTのBored Ape Kennel Club(BAKC)ロゴ画像変更へ|不正使用の可能性が浮上

人気NFTのBored Ape Kennel Club(BAKC)ロゴ画像変更へ|不正使用の可能性が浮上

Chiliz&Socios:インテル公式ファントークン「$INTER」のFTO本日開催へ

Chiliz&Socios:インテル公式ファントークン「$INTER」のFTO本日開催へ

TRON創設者のジャスティン・サン氏「グレナダ大使」の任期が終了

TRON創設者のジャスティン・サン氏「グレナダ大使」の任期が終了

Project Twelve:人気のM2Eアプリ「STEPN」と提携|持続可能なWeb3.0エコシステム構築へ

Project Twelve:人気のM2Eアプリ「STEPN」と提携|持続可能なWeb3.0エコシステム構築へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す