ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

by BITTIMES

ロシアの暗号資産取引所「Livecoin(ライブコイン)」が2020年12月24日に大規模なハッキングを受けたことによって、様々な問題が発生した後に最終的にウェブサイトにもアクセスできなくなったことが明らかになりました。今回のハッキングは従来のものとは大きく異なっており「全てのサーバーが制御不能・取引所内で各通貨の価格が高騰・WEBサイトへのアクセス拒否」といった様々な問題が発生しています。

こちらから読む:Bitstamp、米国向けXRP関連サービス停止へ「暗号資産」関連ニュース

Livecoinで「大規模なハッキング被害」

ロシアの暗号資産取引所「Livecoin(ライブコイン)」が2020年12月24日に謎のハッカーからの攻撃を受けて最終的にサービス全体の運用を停止しました。同社は24日に公式ウェブサイト上にメッセージを投稿しており『ハッキングを受けたことによって一部サーバーの制御を失った』としてユーザーにサービス利用を停止するように警告を行いました。

仮想通貨取引所を狙ったハッキングでは「取引所が管理しているホットウォレットの暗号資産が盗まれる」といった被害が一般的でしたが、今回のハッキングは被害の内容が大きく異なっており、WEBサイトが制御不能になった後に取引所内で各通貨の価格が高騰し、最終的にはWEBサイト自体にアクセスできない状態となっています。

制御不能で注意喚起もまともに行えず

同社はフロントエンドの部分的な管理権を有している段階で『すべてのサーバー・バックエンド・ノードのコントロールを失ったため、時間内にサービスを停止することができなかった・ニュースチャンネルも危険にさらされた』と説明しているため、取引所のサービス全体が制御できなくなったことによってユーザへの注意喚起もまともに行うことができなかったと考えられます。

「取引所内における異常な価格高騰」報告も

また、複数の報告では「Livecoin」の取引所内で各種仮想通貨の価格が一時的に高騰したことも報告されており、
・BTC価格は23,000ドルから450,000万ドル
・ETH価格は600ドルから15,000ドル
・XRP価格は0.27ドルから17ドル
にまで高騰していたと報告されています。

なお、Livecoin側は『サーバーを再び制御できるようにするための取り組みを行い、数日以内にセキュリティアップデートを行う』と説明しており、地元と警察当局と協力していることも報告されています。

価格高騰時に増加する「ハッキング」に要注意

コミュニティの間では『Livecoinのハッキングは、取引所関係者がユーザー資金を持ち逃げする"出口詐欺"なのではないか』と疑う声も出ていますが、今回のハッキングが実際に外部ハッカーによって行われたものである場合には、今後そのほかの暗号資産取引所で同様の被害が発生する可能性もあるため、取引所利用者はこのようなことが起こる可能性があることも理解しておく必要があります。

仮想通貨業界では価格高騰のタイミングにあわせて「取引所のハッキング」や「詐欺行為」などが増加する傾向があるため、「二段階認証の設定」や「取引予定のない資産のハードウェアウォレットなどへの移動」などといった自分でできる対策は行っておくようにしましょう。

暗号資産を自分で安全に保管することができる「TREZOR(トレザー)」の購入は、英語が苦手でも安心して購入することができる"TREZOR日本正規販売店"「RISEST COLTD」からどうぞ

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)が法定通貨でも購入可能に ー 仮想通貨両替サービス「Changelly」

リップル(XRP)が法定通貨でも購入可能に ー 仮想通貨両替サービス「Changelly」

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

ファイルコイン(FIL)メインネット「2020年夏」にも公開へ|Q&Aセッションも開催予定

ファイルコイン(FIL)メインネット「2020年夏」にも公開へ|Q&Aセッションも開催予定

米国会での「ブロックチェーン活用」を提案|共和党指導者ケビン・マッカーシー

米国会での「ブロックチェーン活用」を提案|共和党指導者ケビン・マッカーシー

TRON財団:ビットトレントと「Huawei(ファーウェイ)」の提携を発表

TRON財団:ビットトレントと「Huawei(ファーウェイ)」の提携を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

【Chiliz/CHZ】過去1年で「15,000%の価格上昇率」を記録|一時100円付近まで高騰

【Chiliz/CHZ】過去1年で「15,000%の価格上昇率」を記録|一時100円付近まで高騰

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す