2017年はブロックチェーン元年になるのか?

by BITTIMES

「2017年はブロックチェーンの年です。」
ビットコイン・プロジェクト始動直後から、ビットコイン投資をつづけてきたパークリン氏はこのように語りました。
「ブロックチェーンは、データベースが60年代に変わったように、ルールを変えるテクノロジーだということは間違いありません。私は 2017年がブロックチェーンの年であると考えています。」
「これまで、企業からファックスに変わってPDFが出て来たように、新しい技術が環境を変え、私たちはその環境に慣れて行きます。」
「ブロックチェーンは、インターネットの草創期よりも、社会を迅速かつ劇的に変えることは間違いありません。」と発言しました。
パークリン氏はカナダや世界の国々の裁判所でブロックチェーン専門家の証人としての資格を与えられたほどの人物です。
彼が予測する「ブロックチェーン元年」とはどのような未来なのでしょうか?

ブロックチェーンテクノロジー2024年

ビットコインがデジタル通貨として生き残ることができるかどうか?
と疑っている人が未だ多くいますが、パークリン氏はビットコインの普及していく未来についてポジティブな確信を持っています。
ビットコインとブロックチェーンは技術は、これまでの技術革新とは比べ物にならないくらいの社会のルールを変えるほどの可能性を持っています。
20年前、インターネットはコンピュータオタクにだけのフロンティアだと考えられていました。
しかし、今では多くの人がインターネット無しの生活は考えられないでしょう。
ブロックチェーン技術はそれと同じレベルの技術革新になるでしょう。

ブロックチェーン市場は2024年までに770億円を超える

ブロックチェーン市場は、金融サービスだけでも、2024年には770億円億円を超える予想レポートが出ています。
サンフランシスコに本社を置く市場調査会社であるグランド・ビュー・レポートは「ブロックチェーン技術は、情報技術分野で最も将来有望な技術の1つです。」だと数多くの調査結果の根拠に基づいて話しています。
グランド・ビュー・レポートは、アメリカとカナダで過去数年間にわたり継続的な成長をしていると公表し、中国とインドでは、金融業界がブロックチェーン技術を採用し、今後8年間でのブロックチェーン技術の成長率が 37.6%に達すると予測しています。
同社は「ブロックチェーン技術が、金融分野に改革をもたらすだけでなく、消費財・技術・メディア・通信・その他の多くの業界にも影響を与えます。」と考えています。

ブロックチェーン市場のトッププレイヤーとは?

マイクロソフトの協力で成功したベンチャー企業はすでに数多く存在しています。
金融市場で活躍する多くの企業が投資のチャンスを探し続けています。また多くの企業がブロックチェーンの製品やサービスを開発するための投資をし始めました。
現在、ブロックチェーン技術は市場の規制や不確実性、安全保障上の理由から苦戦しているかもしれませんが、今後数年間は、多く分野や業界に広がり、金融取引では既存のシステムの代わりにその役割を果たすと予想されています。
IBM、Linux Foundation、Chain Inc.、サークル・インターネット・ファイナンシャル・アンド・リップルなどのブロックチェーン業界で最も活動的な企業は、すでに多くの業界にブロックチェーン技術が応用できないかを研究開発を始めています。

政府がブロックチェーンを導入

政府や公的機関では、公正かつ効率的な取引を行う傾向が高まっています。
政府が使うシステムの多くは将来、ブロックチェーン技術を導入していくでしょう。
例えば、すでにオーストラリア証券取引所は、オーストラリアでの決済および決済システムをブロックチェーンプラットフォーム上に移転していくと発表しました。
今後は金融業界だけでなく、住民票・パスポート・免許証
・公共料金などにもブロックチェーン技術は使われていくはずです。

拡大するブロックチェーン市場

ある報告書によると、ブロックチェーン市場の成功には、銀行・金融サービス・保険業界がブロックチェーンを受け入れるかどうかが重要だと語られています。
ブロックチェーン専門家アレックス・タプスコット氏は、
「主要な中央銀行が、デジタル化された通貨を稼働させ、ブロックチェーンがより幅広く使われ出すだろう。」と語りました。
さらに、三菱東京 UFJ をはじめとした大手銀行は、日夜行われる大量の取引管理をプライベート型のブロックチェーン技術を使って、安価かつ効率的に行なっていく方向で動き出しています。
すでに、JPモルガン、ゴールドマン・サックス、バークレイズ、サンタンデールなどの大企業、そして中小企業、あらゆる業界で、重要なブロックチェーン技術者を雇い、自社サービスを作るブロックチェーン戦略が始まっています。
近い将来ブロックチェーン技術が世界中の企業・政府間で使用され、インターネットのように私たちの生活に深く浸透してきます。
2017年はその始まりの年となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンとStem Cell(幹細胞)の現在 ー 未来の治療法との結合

ブロックチェーンとStem Cell(幹細胞)の現在 ー 未来の治療法との結合

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

エイベックスが仮想通貨交換業?|エンタメコイン株式会社を設立

エイベックスが仮想通貨交換業?|エンタメコイン株式会社を設立

ブロックチェーンで旅行予約の「最低価格」を実現する ー  TravelBlock

ブロックチェーンで旅行予約の「最低価格」を実現する ー TravelBlock

ブロックチェーン技術を用いた車両管理システムを計画|ドバイ

ブロックチェーン技術を用いた車両管理システムを計画|ドバイ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

DX.Exchange:登録方法・口座開設を分かりやすく解説【画像あり/日本語対応】

DX.Exchange:登録方法・口座開設を分かりやすく解説【画像あり/日本語対応】

仮想通貨業界「教育」が今後の重要課題|知識不足が多くの問題を招く:Mati Greenspan

仮想通貨業界「教育」が今後の重要課題|知識不足が多くの問題を招く:Mati Greenspan

ドイツ鉄道:ブロックチェーンで関連サービスの「トークン化」を検証

ドイツ鉄道:ブロックチェーンで関連サービスの「トークン化」を検証

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

ブロックチェーンで「税金の徴収プロセス」を合理化:チリ財務局

ブロックチェーンで「税金の徴収プロセス」を合理化:チリ財務局

ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

トロン(TRON/TRX)の取引量が「1億」を突破!約半月で2倍の成長を記録

トロン(TRON/TRX)の取引量が「1億」を突破!約半月で2倍の成長を記録

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

【福岡県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【福岡県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す