Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

by BITTIMES

最新トレンドの中でも際立つ存在の「メタバース」。中でも、この新式テクノロジーとVR(バーチャルリアリティ/仮想現実)との組み合わせに注目が集まっています。メタバースを土台とした取り組みにVRを活用し、革新的な体験を生み出そうという動きはこれまでも多種多数に展開されてきました。しかし、例外だった業界があります。それは、この流れの恩恵を最も多く受けるはずの観光業界です。

世界的なパンデミックが続く中、人々は訪れたことのない場所や諸外国を再び自由に旅できる日を待ちわびています。一方で、Arivaが打ち出した新メタバースプロジェクトが新たな機会をもたらしました。このメタバースでは、真に次世代型で、一切の制約を感じない旅経験を通じて、ユーザーがあらゆる場所を訪れることができます。また、最近「Liquid Exchange」の取引所にARV/USDTペアがリスティングされたことでも、同プロジェクトの勢いが強調されているのが分かります。

Arivaとは?

誕生したばかりのブロックチェーン・プラットフォームである「Ariva」は、現行の観光セクターにおける効率の悪さを改善するため、観光・旅行業界向けにブロックチェーン技術を中心に据えた次世代型エコシステムを展開します。結果的に、最新技術を活用した製品やサービスを独自のエコシステム内に取り入れ、観光業のグローバルセクターを塗り替えていく狙いです。

ホワイトペーパーによると、このプロジェクトはいくつかの重要エリアに分割されます。「Ariva.Club」「Ariva.Finance」「Ariva.World」そして最新の「Ariva Metaverse」です。これらのエリアは互いに繋がっており、高い連結性によって、Arivaを訪れたユーザーと旅行者に直感的なブロックチェーン技術を駆使した唯一無二の体験を提供しています。

先述したように、Arivaチームは最近「Ariva Wonderland」と名付けられたメタバースプロジェクトを始動しました。1月末にはメタバースの土地販売が開始される予定です。Arivaのメタバースプロジェクトが目指すのは、仮想通貨空間内で「旅行」と「VR」という2つのテーマを合体させ、進化する観光企業にふさわしい第二の命を吹き込むことです。そうすることによって、ユーザーは未来型の旅行体験が無限に詰まったような次世代デジタルツーリズムを楽しめるようになります。これは、昨今のパンデミックが本当の意味で収束し、かつて人々が想像したような未来が取り戻された時、メタバースとVRの役割の深化と共に多くのメリットをもたらすでしょう。

現在までの成果とリスティング、今後の目標について

ArivaはAriva.Financeのステーキングプール・エコシステム(Ariva Staking Factory/ASF)を始動させました。ユーザーからはこれまでのごく短期間に、100億ARV以上のトークンが預け入れられています。また、同チームは、仮想通貨決済のゲートウェイとなる「Ariva Liquidity Farming and Lottery」オプションが、間も無く「Ariva.Finance」に追加されると発表しました。さらに「Arivaman」と名付けたNFTアートシリーズを製作し、あっと驚くようなリスティングを計画していることも明かしました。

話はまだあります。所有者数がなんと16万人を超え、SNSのフォロワー数も2倍以上に成長したのです。それでも足りないと言わんばかりに、Arivaはナスダックと6か月間のマーケティングキャンペーンを行う合意を取り付けました。これに関連して、1月16日からArivaを紹介するテレビインタビューやビルボード広告がニューヨークで公開されます。米国の放送局「Newsmax」においても、初インタビューが放送予定です。

最後に、ARVはBscScanにおいてユーザーの関心の高さを認定する青チェックマークを得ただけでなく、BscScanとEtherscanへのバナー広告掲載が認められています。一方で、チームは63.6億トークンを焼却し、「MEXC Global、AAX、Liquid Global、Bittrex Global」へのリスティングが決定しています。現在は「Arivaman」のNFTアートシリーズと並行して、世界の先駆けとなるメタバースプロジェクトの土地販売に向けた準備を進めています。詳しい情報は公式ウェブサイトか、各種SNSチャネル(TwitterFacebookTelegramグループなど)から確認することが可能です。


免責事項:この記事は有料で寄稿された記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年目前:これは仮想通貨市場のドージコイン・ビッグアイズコイン・テゾスにとって何を意味するのか?

2023年目前:これは仮想通貨市場のドージコイン・ビッグアイズコイン・テゾスにとって何を意味するのか?

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

GMOがビットコイン決済を強化し続ける理由

GMOがビットコイン決済を強化し続ける理由

ETHが再び4000ドルを目指して上昇か、Pepe Unchainedは400万ドルの資金調達を完了

ETHが再び4000ドルを目指して上昇か、Pepe Unchainedは400万ドルの資金調達を完了

Coincheck IEO第2弾:FiNANCiEの「フィナンシェトークン」発売へ

Coincheck IEO第2弾:FiNANCiEの「フィナンシェトークン」発売へ

仮想通貨の利益が20万円以下でも「確定申告・納税」が必要なケース【税金関連の知識】

仮想通貨の利益が20万円以下でも「確定申告・納税」が必要なケース【税金関連の知識】

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説