元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

by BITTIMES

元素騎士オンラインは2023年1月12日に、元素騎士マーケットプレイスで販売するLANDの販売価格・区画数が決定したことを発表しました。今回の販売数は約500区画で、購入制限はないため何区画でも購入することが可能、LAND販売は予定通り2023年1月14日から開始される予定となっています。

こちらから読む:The Sandbox、パートナー数は700以上に「メタバース」関連ニュース

2023年1月14日から約500区画を販売

元素騎士オンラインは2023年1月12日に、元素騎士マーケットプレイスで販売するLANDの販売価格・区画数が決定したことを発表しました。LAND販売は予定通り2023年1月14日から開始される予定で、今回の販売数は約500区画、購入制限はないため何区画でも購入することができると説明されています。

LANDの通常販売価格は700USDT〜の予定となっていますが、今回のLAND販売ではキャンペーン価格で購入することが可能で、支払いはPolygonチェーン上の「USDT」または「MV」で購入する形になるとされています。

「販売区画数・販売価格・販売エリア・販売開始日時」などについては以下のように報告されています。

販売区画数

USDT販売:350区画 MV販売:150区画 合計:500区画

販売価格

今回は立地の良い元素騎士近接エリアのみを販売。LANDタイプ・立地によって販売価格が異なります。今回はキャンペーン価格での販売となり、LANDの通常販売価格は700USDT〜の予定となっています(※MVでの購入は販売時のUSDT相当分となります)。

元素騎士オンラインのLAND販売価格(画像:元素騎士オンライン)元素騎士オンラインのLAND販売価格(画像:元素騎士オンライン)

販売エリア

今回の販売ではMAPで色(橙/赤/桃)を塗られた立地の良い元素騎士近接エリアのみを販売。各区画で販売価格が異なります。

  • 1.25倍価格帯エリア(橙/赤)=250区画(このうちESTATEの2×2の2区画、3×3の1区画含む)
  • 1.5倍価格帯(桃)=250区画(このうちESTATEの2×2の1区画、3×3の1区画含む)

元素騎士オンラインのLAND販売エリア(画像:元素騎士オンライン)元素騎士オンラインのLAND販売エリア(画像:元素騎士オンライン)

販売開始日時(日本時間)

2023年1月14日12時:ステーキングVIP7~10優先販売
2023年1月14日13時:ステーキングVIP5以降優先販売(22,000 MV以上)
2023年1月14日14時:ホワイトリスト当選者販売(ステーキングランクVIP5以上も含む)
2023年1月14日16時:パブリックセール販売

購入先

元素騎士マーケットプレイス(※Polygonのメタマスクアドレスが必要)

販売LANDタイプ

◆LAND(サイズ:1×1)
箱庭制作が行える小規模な区画。ハウジングの自宅・メタバース空間内で仲間と集まれる空間としての利用・宣伝活動を行うためのブース・個展を開くためのスタジオなど様々な使用用途で利用可能。

LAND(サイズ:1×1)の画像(画像:元素騎士Online)

◆ESTATE(サイズ:2×2/3×3)
少し複雑な形状のダンジョンやRPGの城の制作が可能な中規模クラスの広さで、主にハウジング又は商業用途として利用可能。

ESTATE(サイズ:2×2/3×3 )の画像(画像:元素騎士Online)

>>LANDに関する詳細はこちらでも確認可能

LANDの立地について

GENSOメタバースを構成する上でLANDは非常に重要な役割を担う。今後実装予定のUGC機能を使用する事で、自分のオリジナルゲームを制作したり、そこにコミュニティを形成してイベントを開催するなど、他のユーザーを呼び込み様々な使い方が考えられる。もちろん広告としても使用出来るため、如何に集客力を高めるかは大きなポイントとなる。

その中で「どの場所にLANDを持つか」が重要になってくる。有名企業やコンテンツが出展するLAND MARKなどは、単体での人気(集客力)が高く、その周辺のLANDは多くのユーザーの目に留まりやすく、また、LAND MARK保有者から限定特典(NFTなど)も配布される可能性がある為、人気な場所となる。

販売時点でもLAND MARK周辺は、通常のLAND価格と比較して1.25〜1.5倍の価格で販売され、その後の状況によりLANDの需要が高くなる可能性もある。現実社会でも都心と地方とで土地の価格差があるように、人気エリアのLANDでも立地により価格帯に違いが出てくる。LANDの区画数には上限数が設けられているため、立地の良い場所は早い段階で完売する可能性がある。ただし、LAND価格は人気によって変動する為「これから人気になりそうな場所を購入しておく」というのも面白いポイントとなる。

LAND Viewerについて

LAND Viewerは、LAND全体の地域分布を確認出来るツール。購入を検討する際に、空き地やその周辺情報が確認出来たり、LAND所有者のオーナー名やロゴなども確認できる。

LAND所有者は自身のLANDのロゴ(サムネール画像)や各種情報を設定する事ができ、任意のサイトへ誘導(リンク)させる事も出来るため、様々な告知として使用する事なども出来る。また、隣接する複数のLANDを購入した場合、最大で12区画×12区画までLAND Viewer上で繋げる事が出来る。但し、繋げる形が正方形のみLAND同士を繋げる事が出来るため、1×2など正方形以外で繋げる事は出来ない。(※LANDを繋げて大きくしても、LAND単体の広さは変わりません。あくまでLAND Viewerで保有LANDを大きく目立たせる機能です)

>>「元素騎士Online -META WORLD-」の公式サイトはこちら
>>「元素騎士Online -META WORLD-」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

パラグアイ上院議会「暗号資産関連法案」を可決|マイニングなどを適切に規制

パラグアイ上院議会「暗号資産関連法案」を可決|マイニングなどを適切に規制

ブロックチェーン技術で「電力システム改革」分散型エネルギー管理で供給を合理化

ブロックチェーン技術で「電力システム改革」分散型エネルギー管理で供給を合理化

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

ゲーム会社「Animoca Brands」ブロックチェーン企業と提携拡大 ー DApps開発を促進

ゲーム会社「Animoca Brands」ブロックチェーン企業と提携拡大 ー DApps開発を促進

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説