メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

by BITTIMES   

ここ最近では大手企業・有名ブランド・著名人などのメタバース参入が相次いで発表されており、仮想空間上の土地や建物である「メタバース不動産」も注目を集めています。この記事では、そのようなメタバース不動産が注目される理由を紹介します。

メタバース不動産とは?

メタバース不動産の画像

メタバース不動産とは、仮想空間上に構築された土地や建物のことであり、ブロックチェーン技術を用いて発行・取引される「NFT(Non-Fungible Token)」の形式で売買・取引されています。

メタバース(仮想空間)とは、コンピュータの中に構築された3次元の仮想空間やそのサービスを指すもので、ユーザーは仮想空間上にオリジナルコンテンツを構築して展開したり、仮想空間の中に入って他のユーザーが構築したサービスで遊ぶことができるようになっています。

NFT(Non-Fungible Token)とは、代替不可能なトークンとも呼ばれる暗号資産の一種であり、偽造や改ざんが難しいブロックチェーン技術を用いて関連するデータが記録されています。NFTは仮想通貨ウォレットで管理することができるため、NFT形式のメタバース不動産も仮想通貨ウォレットで管理することができます。

現在は既に様々なメタバースプラットフォームが展開されていますが、ブロックチェーン技術を活用した一部のメタバースでは「仮想空間上の土地」を売買・保有・取引することができるようになっており、代表的なメタバースにおいてそのような仮想土地は「LAND」と呼ばれています。

メタバース土地(LAND)を保有すると、仮想空間上の土地に自分のお店やゲーム・建物など様々なコンテンツを構築することが可能で、サービスによっては自分の土地を他のユーザーに貸し出して賃貸料を得たり、広告を掲載して広告収入を得たりすることができるため、"デジタル世界における不動産"として注目を集めています。

現実世界の不動産と同様に、メタバース不動産も市場状況・周辺環境・プラットフォームの人気度などに応じて価値が大きく異なります。マイナーなメタバースプラットフォームの土地は安価で売買されていますが、有名なメタバースの人が集まりやすい場所の土地は数千万円もの高値で取引されています。

仮想空間上の土地「LAND」が注目される理由

仮想空間上の土地「LAND」が注目される理由

今後成長が期待されるメタバースで土地が持てる

メタバースは現在世界的に注目されている新しい技術の1つであり、この数年間だけでも非常に多くの有名企業・プロジェクトが「メタバース参入」を発表しています。仮想空間上の土地「LAND」が注目される理由の1つとしては、そのようなメタバースで自分の土地を持てることが挙げられます。

企業やプロジェクトがメタバースでコンテンツを展開するためには「メタバース上の土地・建物」を取得する必要がありますが、主要メタバースで人が集まる土地の数は限られているため、メタバース土地の需要も高まり、価値が上昇しています。

オリジナルコンテンツやイベントを展開できる

メタバース土地やメタバース不動産を取得すれば、その場所に自分が構築したオリジナルコンテンツを展開することができます。代表的なサービスでは「簡単操作でコンテンツを作成できる専用ツール」も提供されているため、プログラムなどの専門知識を有していない場合でも比較的簡単にサービスを構築することができます。

作れるサービスの内容は様々で「自分の家・メタバースオフィス・NFT展示場・イベントスペース・遊び場・ゲーム・カジノ・遊園地」など様々なコンテンツが既に展開されています。イベント会場を設置すれば、有名アーティストなどを招いてイベントを開催することなども可能となります。

既に自分のオリジナルグッズやキャラクターなどを持っている場合は、そのようなコンテンツを活用した施設をメタバース上で展開することによって、認知度を高めることができる可能性があります。

広告スペースにすれば広告収入が得られる

プラットフォームにもよりますが、一部のメタバースプラットフォームで土地や不動産を保有していれば、自分の土地や不動産を「広告スペース」として活用できます。サービス自体に広告掲載機能が搭載されているものもあるため、現実世界の土地や建物で看板を設置するように、メタバース上で広告を掲載して広告収入を得ることができます。

仮想空間上の広告スペースでは、看板などにリンクを設置して自分のサイトやSNSなどにに直接誘導することもできるため、広告クリック数の増加などにもつながると期待されます。

土地のレンタルで賃貸収入が得られる

こちらもプラットフォームによりますが、一部のサービスでは自分が保有しているメタバース土地や建物を他のユーザーにレンタルして賃貸料・レンタル料を得ることができます。著名人や有名企業が所有する土地の近隣土地などは特に価値が高いため、レンタル料なども高額になる場合があります。

NFTアートなどを展示できる美術館などを構築すれば著名アーティストなどを招いた展示会なども開催できるため、メタバース土地・テナントの活用可能性は非常に多く残されていると考えられます。

NFTマーケットプレイスなどで売買可能

仮想空間上の土地の所有権は「NFT」の形式で表されます。NFTはデジタル所有権を安全に証明できるため、デジタル不動産でNFTを活用すれば「不動産を自分が保有していることを示す証明書」として利用することができます。

そのようなNFTは異なる企業によって多数構築されているNFTマーケットプレイスで売買できるため、仮想空間上の土地「LAND」もNFTマーケットプレイスで世界中のユーザーと自由に売買することができます。有名企業が近隣土地を購入した場合には土地の価格が大幅上昇する可能性もあるため、単純な土地売買でも利益が得られる可能性があります。

代表的なメタバースプラットフォームは?

暗号資産・ブロックチェーン・NFTを活用したメタバースプラットフォームは続々と展開されてきており、一部のプラットフォームには有名企業やプロジェクトも数多く参加しています。世界的に話題になっている代表的なメタバースプラットフォームとしては以下のようなものが挙げられます。

ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)
ディセントラランド(Decentraland/MANA)
ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)
エバードーム(Everdome/DOME)
ザナ(XANA/XETA)

当メディアではこのようなメタバースプラットフォームの概要をまとめた記事も公開しているので、そちらの記事もあわせてご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

現物イーサリアムETF、米国で承認される可能性は?専門家の見解まとめ

現物イーサリアムETF、米国で承認される可能性は?専門家の見解まとめ

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

マイケル・ジョーダン氏、Solana・NFT活用のソーシャルアプリ「HEIR」公開へ

マイケル・ジョーダン氏、Solana・NFT活用のソーシャルアプリ「HEIR」公開へ

高級時計メーカー「Ulysse Nardin」ブロックチェーン保証書を導入

高級時計メーカー「Ulysse Nardin」ブロックチェーン保証書を導入

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す