大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

by BITTIMES   

長期目線の仮想通貨プロジェクトは、市場サイクルを頼りに今の不安定な状態から抜け出すことが可能となります。弱気相場はいずれ強気相場へと変わるでしょう。そのため弱気相場は、長い目で見ると大きな利益を生み出す最大のチャンスとなります。

この記事では次の強気市場で大きな利益が出ると期待されている、長期投資に適した暗号通貨プロジェクトを紹介していきます。

  1. メタケード(Metacade/MCADE)
  2. シナプス(Synapse/SYN)
  3. ドージチェーン(DogeChain/DC)
  4. イルビウム(Illuvium/ILV)
  5. ソラナ(Solana/SOL)

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

メタケード(MCADE)GameFiをターゲットとして長期に渡成長を目指す

メタケードは、ブロックチェーン上に構築された初のコミュニティ主導ゲームセンターであり、長期投資銘柄として今注目されている仮想通貨です。

メタケードはGameFiで最大のゲームセンターとなり、ユーザーへ報酬としてトークンを提供できる様々なPlay-to-Earn(P2E)ゲームを提供します。このプラットフォームは、ゲームコミュニティの中心となるハブを構築し、MCADE保有者にカジュアルなゲームから対戦ゲームまで幅広いジェンルのタイトルを提供することを目的としています。

プロジェクトには数多くの特徴があり、GameFiの世界でもひときわ存在感を放っています。ユーザーはCreate2Earn、Compete2Earn、Work2Earnとして知られるメタケードプラットフォームで仮想通貨を直接稼ぐことができる新しい方法にアクセスすることが可能です。

「Create2Earn」では、コミュニティに貢献したユーザーにMCADEトークンが与えられます。貢献とは、ゲームレビューの投稿・他ユーザーとの交流・メタケードとP2Eでゲームを存分に楽しむための最新情報共有などが含まれます。

「Compete2Earn」には有料エントリーのトーナメントが含まれます。このトーナメントでは、MCADEトークンで支払われる賞金をかけて互いに競い合います。これらのトーナメントはランク付けされたイベントであり、ユーザーは様々なゲームを通してスキルを磨き、勝利を収めることができます。

「Work2Earn」は、Web3でキャリアを積みたいユーザーを支援する斬新な方法です。2024年にはプラットフォームで求人掲示板が稼働する予定です。様々なWeb3プロジェクトへの雇用機会に繋げることを目的としています。中には、最新ブロックチェーンゲームをテスト段階でプレイし開発チームにフィードバックを提供する仕事も存在しています。

MCADEが注目される理由

先日MCADEは「先行販売の開始」を発表しました。先行販売以来、MCADEは100万ドル以上の資金を集めています。初期段階で暗号資産プロジェクトに参加することができる滅多にない機会であり、メタケードのような基礎がしっかりとしたプロジェクトは先行販売時点から驚くほどの成長を遂げることが多くあります。

また、メタケードが長期保有の投資に最も最適だと言われるもう1つの理由としては「MCADEの先行発売が弱気相場中に開始された」という点が挙げられます。MCADEは次の強気相場で急騰する可能性が非常に高いとみられており、専門家は4〜6ドルまで上がる可能性があると予測しています。現在価格の0.01ドルと比較すると、現段階では過小評価されていると言えます。

MCADEは現在プレセール開催中であるため、低価格で参加可能な大きな利益が期待されている長期投資プロジェクトとして注目されており、今後数年間では250倍以上の利益が見込める可能性があると期待されています。

>>> MCADEの詳細はこちらから <<<

シナプス(Synapse/SYN)

シナプスは独立したブロックチェーンネットワーク間の安全な相互運用を可能にするクロスチェーンメッセージングプロトコルです。時間が経つにつれて、完全に相互運用可能になることが期待されています。ただし、ブロックチェーンは通常、相互通信できるように設計されていないため、ブリッジングプロセスに関連する安全面でのリスクがあります。

シナプスは、ブロックチェーン間で任意のデータを共有する安全な方法を生み出す際の問題を解決をしようとしています。このネットワークは、情報共有を安全なものにすることを目的としており、今後大いに期待できる長期投資向きの仮想通貨プロジェクトと言えます。加えて、これは分散型アプリケーション(dApps)を毎回個別にプログラムする必要がなく、複数のブロックチェーンで起動するのに役立つスマートコントラクトが含まれます。

シナプスブリッジは、シナプスプロトコルを使用して構築された最初のdAppです。イーサリアム、アバランチ、ポリゴン、ドージチェーンなど約20もの異なるブロックチェーン間で安全にデジタル資産の移動させることができます。

シナプスはEthereum Virtual Machine(EVM)をサポートしています。つまり、他の多くのブロックチェーンからのdAppをバックエンドをほとんどまたは全く変更せずに簡単にネットワークに展開できます。

SYNが注目される理由

今後の仮想通貨業界では、さらに相互運用性が重視されるようになります。全ての独立したブロックチェーンが繋がり、ネットワークと dAppsの単一エコシステムが作成されトランザクションがより一層、高速かつ安価に行われるようになればユーザーエクスペリエンスは向上するでしょう。シナプスは安全なクロスチェーンソリューションで相互運用可能な未来を導くのに役立つと予想されています。

SYNトークンは2021年末に立ち上げられており、現時点では弱気相場の影響をそれほど受けていません。そのため、今後数年間で価格が急騰する可能性があり、シナプスへの長期投資は結果として巨額の利益をもたらす可能性が高いと期待されています。

ドージチェーン(DogeChain/DC)

ドージチェーンはドージコインブロックチェーンのレイヤー2ソリューションであるため、長期投資に最適な仮想通貨プロジェクトの1つとして挙げられています。DOGEは時価総額の大きい通貨の1つであり、世界的に有名なミームコインです。DOGEは作成されて以来、実用性にかけていましたが、DCはdAppsをDOGEに導入することで実用性を向上させることを目指しています。

ドージチェーンは、EVMと互換性のあるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)のコンセンサスメカニズムを使用します。PoSによりネットワーク経由で高速かつ低コストでトークンの取引ができます。また、EVMとの互換性により、開発者はゲーム・DeFi・NFTなど、ドージコインであらゆる種類のブロックチェーンアプリケーションを起動できます。

DOGEはWeb3で最も主要な通貨の1つであるため、コミュニティ内に多数の専任の長期保有者がいます。ドージチェーンはドージコインエコシステムの機能性から他の主要なブロックチェーンと肩を並べることが可能です。そのため、このコミュニティーに実用性をもたらすことは、DOGEの人気を証明することに繋がるでしょう。

DCが注目される理由

ドージチェーンは、すでに90億ドルの時価総額を持つ主要な仮想通貨の1つであるというドージコインの最大の欠点を解決しています。また、2022年9月に立ち上げられた比較的新しいトークンのため、DCへの長期投資は大いに期待できます。DOGE保持者がより幅広いサービスを使用するためのエコシステムに移行するにつれて、DCはDOGEの時価総額のかなりの割合を惹きつける可能性が高いでしょう。

現在、0.001ドルの価格のドージチェーンは次の強気相場までに大幅に成長する可能性があります。従って、DCは長期投資を考えている人にとって注目したい暗号通貨の1つと言えます。

イルビウム(Illuvium/ILV)

イルビウムは、Unreal Engineのグラフィックスを使用して没入型ゲーム体験を提供するオープンワールドのメタバースです。プレイヤーはNFT形式でデジタル資産を購入・販売・収集をすることが可能で、これらはPvPマッチで他のプレイヤーと戦うために使用することもできます。

ゲームはブロックチェーン技術を使用して構築されているため、イルビウムは仮想通貨報酬機能を統合しています。P2Eメカニズムは、没入感のレベルを向上させプレイヤーがゲームを進めるための重要なインセンティブを提供するのに役立ちます。これは、ブロックチェーン上に構築された最初のAAAゲームと言われており、2020年の開発開始以来多くのファンを魅了しています。

イルビウムはイーサリアム上に構築された「Immutable X」というLayer2ネットワークを使用します。Immutable XはNFT機能に特に重点を置いてアプリケーションをスケーリングする方法を提供します。注目したい点は、手数料が低いということです。これにより、プレイヤーはガス代料金なしでほぼ瞬時にゲーム内でNFTの作成ができます。

また、プレイヤーはILVトークンで受動的収入を獲得するためのステーキングやIlluviDEXを使用したデジタル資産の交換などのエコシステムの様々なDeFサービスを利用することもできます。

ILVが注目される理由

ILVには10,000,000トークンしか利用できないという独自のトークノミクスがあります。これは最も希少な暗号通貨の1つであるビットコインの最大供給量の半分未満に値します。ILVはBTCより希少性が高いため、1ILVトークンあたりの価格が高水準に達する可能性があります。

2021年の強気相場で1,148ドルだったILVの価値は、その後40ドルを下回るまで急落しましたが、ILVは今後数年間で過去最高値まで回復可能性が高いとみられています。そのため、今からの長期的な投資は大きな利益につながる可能性が高いと期待されています。

ソラナ(Solana/SOL)

ソラナは、高いトランザクションスループットと低ネットワーク料金の実現が可能な次世代のPoSブロックチェーンです。ブロックチェーンはdAppsの大規模なエコシステムの本拠地であり、高度なスケーラブルブロックチェーンであるため、仮想通貨の世界的導入をサポートします。

ソラナのPoSプロトコルは、斬新なプルーフ・オブ・ヒストリー(PoH)のコンセンサスメカニズムと組み合わされています。これにより、ブロックチェーンは非常に迅速にコンセンサスに達することができ、取引を処理するための迅速なブロックファイナリティーが得られます。

2021年の強気相場の後、2022年の弱気相場で大打撃を受けました。これは主に破産したFTXやAlamedaとプロジェクトの緊密な関係によるものです。それ以来、SOLはその価値を70%以上下落しています。

それにもかかわらず、ソラナは依然として最大のWeb3エコシステムの1つでありFTXとAlamedaの両方とは全くの別物となっています。このネットワークは様々な人気のNFTコレクションをサポートしており、ブロックチェーンユーザーが楽しめる便利なdAppが多数あります。ブロックチェーンは引き続き運用されており、今後数年間での更なる拡大が期待できます。

SOLが注目される理由

SOLの現在価格は過去最高の260ドルから、わずか11.70ドルにまで下がっています。ソラナの開発チームはWeb3 dAppsのサポートに最適なスマートフォンなどを開発しています。これにより、ソラナエコシステム内のユーザー数を徐々に増やすことが可能となります。

ここ最近SOLは、落ち込みから回復の兆しをみせ、以前の最高値を取り戻す可能性が高いとされています。このようなことから、今から投資始めることで長期的に利益を得られる可能性の高い通貨の1つとして注目されています。

メタケード:高い収益性が期待される長期投資向け仮想通貨プロジェクト

MCADEのベータ版先行販売は、かなり早い段階での売り切れを記録しました。合計で1億4000万のMCADEトークンが販売され、112万ドルの資金調達が行われ、わずか3週間で完売しました。

MCADEの価格は、先行販売中に0.008ドルから0.02ドルに徐々に上昇し、計9回の段階を経て完全に売り切れると予想されています。これは投資開始を先送りにするほど、価格上昇で得れるはずだった利益を無視していることになります。興味のある方は以下の公式サイトから詳細をご確認ください。

MCADEの詳細はこちらから


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Chiliz】ファンに特典・報酬を付与する「Socios.com VISAデビットカード」発行へ

【Chiliz】ファンに特典・報酬を付与する「Socios.com VISAデビットカード」発行へ

ベネズエラ政府:公共住宅での暗号資産マイニングは「違法」だと説明

ベネズエラ政府:公共住宅での暗号資産マイニングは「違法」だと説明

仮想通貨マイニングプール「Binance Pool」公開|参加手数料無料キャンペーンも開催

仮想通貨マイニングプール「Binance Pool」公開|参加手数料無料キャンペーンも開催

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

コインチェック:取引所サービスで「LSK・OMG」取扱いへ

コインチェック:取引所サービスで「LSK・OMG」取扱いへ

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

2023年におすすめな関連銘柄4選|どの通貨に注目すべきなのか

2023年におすすめな関連銘柄4選|どの通貨に注目すべきなのか

【日本初】鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」展開へ:西日本鉄道

【日本初】鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」展開へ:西日本鉄道

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

スペインの航空会社「Vueling」仮想通貨決済対応へ

スペインの航空会社「Vueling」仮想通貨決済対応へ

【国内初】ビットバンク:オアシス(Oasys/OAS)取扱いへ

【国内初】ビットバンク:オアシス(Oasys/OAS)取扱いへ

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

Redditによる投資でおすすめのDeFiプロジェクト6選

Redditによる投資でおすすめのDeFiプロジェクト6選

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す